成人式はひったくりに要注意!どうして振袖の女性は狙われやすいのか?

成人式といったら人生でたった1回の貴重な経験である上に、大人の仲間入りの証でもあります!
そんなおめでたい成人式ですが、慣れない振り袖姿の女性は「ひったくり」の被害に遭いやすいってご存知ですか?

せっかくの人生一度の晴れ舞台でひったくりの被害になんて遭いたくないですよね?慣れない姿で、ひったくりに遭わないようにするためにはどのようなことを心がけて対策していけば良いのでしょうか。

なんで振り袖姿の女性が狙われるのか?

なぜ振り袖姿の女性はひったくりに遭いやすいのでしょうか?
まず1つ目の理由は、バックを着物に合わせた和装用の物を身につけるからです。

普段頻繁に使うものではないので扱いなれてない分、ひったくりもそれを狙っています。普段のバックならファスナーも閉めて肌身離さず自分の扱いやすいように出来るのですが、扱いなれていないと狙われてしまいます。
それに普段のバックなら肩からかけたり、たすき掛けにしたり出来ますがそれが出来ないのが和装用のバックなので普段のバックよりも奪いやすいのです。

それと2つ目の理由として都内の賑わっている地域で成人式が行われると自然と多くの人が集まるのでひったくりの被害に遭いやすくなります。

最後に3つ目として和装用のかばんは小さいものが主流なため、貴重品しか中身が入っていないのがバレバレなのです。
振り袖だからポケットに入れるわけもないしそうなるとバックの中に入っていると簡単に推測されてしまうのです。

どの時間帯が狙われる?

1番多いのは成人式が終わって帰る終電間近の時間や深夜帯が狙われやすいです。
成人式だとどうしても浮かれがちでその日に初めてお酒を飲むという方も少なくないでしょう。
そうなるとお酒も入り、思考が鈍った状態で夜道を歩くことになります。
その瞬間をひったくり犯は狙っています。
更に夜なので暗いですし、昼に比べて周りの人にもばれにくいのでこの時間帯が1番狙われやすいです!

大都市の成人式の場合は昼に多くの人で溢れかえっています。
人口密度も必然的に高くなるのでひったくりもしやすくなります。
大都市の場合は昼にも多くのひったくりが発生します。

どのような人がひったくりに遭いやすいのか?

お酒を飲みすぎる人は夜にひったくりに遭う確率が高いです。
自分の限界を知らずに飲みすぎることがないようにしましょう。
それと成人式の帰りの夜道を1人で帰る人もひったくりに合いやすいです。
成人式は地元で行われると思うので出来るだけ友達と一緒に近くまで帰るようにしたり、人通りの多い大通りを帰ることをオススメします。

ひったくりに遭わないようにするための対策

さてひったくりに遭わないようにするためにはどういう対策をとっていけば良いのでしょうか?
今まで説明してきた中でどのような人がひったくりに遭いやすかったり、なんで振り袖姿の女性が狙われてしまうのか理解して頂けたと思うので、どのような対策をすればひったくりに遭わずに済むかをお伝えします。

まずは人混みを歩く際には、和装用のバックを目の前に抱えて持つようにすることをオススメします!
持っているだけだともしひったくりにあった際に簡単に持っていかれてしまう上に、ひったくりしやすそうに見えるためです。
それに友達と話す際などでも自分の目の前にバックを置くことを心がけましょう。
常に自分の見える位置でバックの存在を把握出来るようにしましょう。

それと夜道は1人で帰らず友達と家の近くまで帰ることです!
成人式終わりは酔っ払ってる上に暗いのでひったくりに巻き込まれることが非常に多いです。
なるべく明るい道を通って帰ることやタクシーで家まで送ってもらうなどとひったくりに遭わないように注意しましょう。

バックを車道と反対側に抱えて持つことも地味ではありますがとても有効です。
簡単なことですがひったくりに遭う人は、大抵車道側にバックを持って歩いています。
車道側に持っていると通り過ぎる人からしたらバックを狙いやすいです。
そのため車道と反対側にバックを持つことによって、通り過ぎる人からバックを遠ざけるようにしましょう!

ひったくりの被害に遭わないようにするために

成人式の日にひったくりの被害に遭う女性がとても多いです。
成人式だからといって舞い上がってしまい、注意を怠っている方が数多くいらっしゃいます。
夜道を振袖姿で歩くと目立つので狙われやすいです。
それだけではなくいつも着ない振り袖に、扱い慣れていない和装用のバックを身に付けることでひったくりもそれを狙って来ます。
それにサイズが普通のバックよりも小さく、振り袖なため、バックの中に貴重品が入っていることがバレバレなので標的にされてしまうのです。

ひったくりの被害に遭わないためにも注意を怠らずに成人式を楽しみましょう!

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. パパと一緒にお風呂に入るのは避けるべし?公衆浴場で女児を盗撮!

  2. 【要チェック】あなたの家は大丈夫?犯罪の起きやすいマンションの特徴とは

  3. 【アメリカ】警察が公開した似顔絵に似ていた男性が複数の男性に暴行され重傷。正義とは何か。

  4. パリで観光客を狙う窃盗集団の手口を解説!被害に遭わないためにできることは?

  5. 自らの身を守ることにも繋がる?防犯パトロールへの参加とその方法

  6. 【マネーデー】デート中に気をつけるべきデートDVのサイン!

  7. 【意外と多い?】置き引きにあったら?知っておきたいその時の対処法とは

  8. iPhone11 Proが100円でもらえる?Googleギフト当選詐欺に注意!

  9. 泣き寝入りしかない? 振り込め詐欺被害をあきらめない!! 返金のルール!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP