【今日の事件簿】本当に自殺…?遺族が何度も再捜査を申し入れた「徳島自衛官変死事件」とは?

今から20年前の12月25日、徳島自衛官変死事件が起きました。この事件では警察は早々に自殺と発表しましたが多くの不審点があり、遺族が何度も再捜査を申し入れました。しかし、結局自殺と断定されてしまいます。今回はこの徳島自衛官変死事件を紹介していきます。

徳島自衛官変死事件の概要

1999(平成11)年12月25日、当時33歳の海上自衛官が行方不明となりました。自衛官の男性はこの日、徳島県内の実家に帰省中で交際相手とドライブに出かけていました。そして、交際相手を家の近くまで送り別れた後に、消息を絶ってしまうのです。その後、徳島県警に路上に放置された事故車があるとの連絡が入ります。その場所は自宅とは逆方向の徳島県阿南市内でした。警察はナンバープレートから車の所有者を特定し、自衛官の実家に事故車の撤去の連絡をします。この時警察は特に事件性はないとして、心配する家族を相手にしなかったそうです。

自衛官の消息がわからなくなってから2日後、阿南井郊外の福井川河川敷で自衛官の遺体が発見されます。警察は早々に事件性はないとして自殺と断定し捜査を打ち切りました。しかし、遺族やマスコミの調査などによって多くの不審点がみつかります。遺族は事件への疑念を払拭することができず、徳島県警や徳島地方裁判所に再捜査を訴え、県警は2度の再捜査をおこないます。しかし、最終的に自衛官の男性は殺害された疑いはなく自殺と判断されました。

遺族は2004年10月に徳島地検審査会に審査を申し立てますが、2005年4月に不起訴相当と議決されてしまいます。その後、遺族は独自で調査をせざるを得なくなったそうです。

多くの不審点

遺族やマスコミの調査によって、多くの不審点が見つかります。事故車として発見された自衛官の車には屋根に不自然な傷が付いていました。また、自衛官は車が発見された場所の近くにある橋梁から飛び降り自殺したとされましたが、車の位置から橋まで自衛官の足跡は発見されず飛び降りたとされる橋の欄干から自衛官の指紋は発見されませんでした。欄干の高さは手を使わないと乗り越えられない高さだったそうです。

さらに、自衛官の遺体が発見された位置は飛び降りたとされる位置から4.2mも離れていました。その位置に落ちるには助走をつけて走り幅跳びのように思い切り飛ばなければ不可能だと判断され、欄干の高さから見ても事実上それは不可能だと考えられたのです。自衛官の死因にも不可解な点がみられました。自衛官は橋から転落したにもかかわらず徳島大学の司法解剖では死因は転落前に受けた胸部の大動脈損傷によるものと考えられたのです。

現場付近の目撃証言にも注目されました。この付近はたびたび暴走族による暴力行為が目撃されていて、事件当日も自衛官の車とよく似た車が鉄パイプのような棒を振り回している暴走族に追いかけられているのが目撃されていたのです。

警察の見解

警察の捜査によって、自衛官は遺体発見現場から約8km離れた場所でガードレールに車を衝突させる事故を起こしていました。自衛官が自殺した原因は警察の発表では、このガードレールでの事故を起こし、車が壊れた腹立たしさからだとされました。また、車の屋根についた傷は事故後にレッカーで車を移動する際にできた傷だと発表。さらに司法解剖での死因については、現場から8km離れた場所での事故により、エアバッグが作動したため大動脈が損傷したものとされたのです。

しかし、現場から8km離れた場所でエアバッグが作動するほどの事故を起こした車を8kmも運転したことやエアバッグで大動脈が損傷するのか、そもそも事故で車が壊れたくらいで自殺をするのかなど、多くの疑念が残りました。

まとめ

今回紹介した事件は、公には自殺と断定されましたが遺族は納得していない事件です。事件に巻き込まれたのか、自殺だったのかはわかりませんが、いつ誰に何が起こるかわからないということを痛感した事件でもあります。事件や事故に巻き込まれないようにするためには、常日頃から防犯意識を高く持ち、できる限りの対策をすることが大切です。

▶︎【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【今日の事件簿】自分の手を汚さずに殺害?桶川ストーカー事件とは

  2. 【6月9日の事件】のぞみ265号殺人事件から1年。密室である新幹線での防犯とは

  3. 【7月22日の事件】ショッピングセンターで起きた通り魔。男の身勝手な犯行動機とは

  4. 【7月30日の事件】24年間未解決。八王子スーパー強盗殺人事件は迷宮入りなのか?

  5. 【今日の事件簿】結局誰も有罪にならなかった、自由民主党本部放火襲撃事件

  6. 【5月12日の事件】6億円強奪事件とは?

  7. 【今日の事件簿】幸せだったはずのエリート医師の過ち。つくば母子殺人事件とは

  8. 【今日の事件簿】17歳の男が短刀を握りしめて体当たり。浅沼稲次郎暗殺事件とは

  9. 【今日の事件簿】目立ちたくて嘘をついたせいで誤認逮捕?綾瀬母子殺人事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP