ツイートから○○○犯に狙われる!? まだ間に合う!年末年始にやるべき防犯対策とは

旅行など楽しい出来事は、ついついSNSで報告したくなってしまうものです。しかし、ちょっとしたツイートや投稿から空き巣に狙われる可能性があるので、SNSを使う際には細心の注意を払いましょう。

美容クリニック院長、ツイートが原因で空き巣被害に?

2019年5月4日の深夜、美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長の別宅から、金の延べ板約7㎏(約3400万円相当)とノートパソコン1台が盗まれる事件が発生しました。

敷地内の防犯カメラには、2~3人の不審人物が映っており、玄関にはバールのようなものでこじ開けられた形跡があったそうです。

高須院長は、Twitterをよく利用していて、5月3日に5月5日から台北の神社に行く旨をツイートしていました。空き巣が犯行に及んだのは、5月4日の深夜。もしこの時間に不在であれば、翌日から高須院長は旅行に出かけるので、このタイミングであれば犯行の発覚が遅れると犯人グループは踏んだのかもしれません。

また、高須院長は、過去に自宅の位置情報や玄関のドアが映った画像を投稿するなど、自宅が特定されやすい状態にあったといわれています。高須院長が不在だったため、金銭的な被害だけで済み、身体的な危険にさらされなかったのは不幸中の幸いです。しかし、何かの拍子で犯人と鉢合わせしていたら…。

この事件からも、何気ないツイートから、家を空けるタイミングがばれてしまうため、SNSでの投稿には充分な注意が必要だとよく分かります。

SNSが原因で空き巣に狙われる可能性がある!?

空き巣にとって留守が確定している家は、格好のターゲットです。特に海外旅行や長期の帰省など、長い間不在の場合、空き巣にとって非常に都合の良い状態であるといえます。

高須クリニックの院長のような著名人でなくても、「旅行」などのキーワードで検索して目星をつけて、過去の投稿から家を特定して…といった手順で空き巣に入られる可能性は充分あります。

自宅の外観の写真を投稿していた場合はもちろんのこと、ちょっとした近所の風景などからも大体の居住エリアを推測できるといわれています。通常であれば住人が留守という確信が持てないため、空き巣の犯行も慎重になりますが、不在が確定していると大胆な手口で侵入されるケースも。帰宅したら、ごっそり金品を持ち去られている可能性もあります。

特に年末年始は、長い間、家を空ける人が多いので、空き巣にとってはかき入れ時。いつも以上に、SNSの投稿に目を光らせているかもしれません。

空き巣被害から身を守るために!今すぐできる対策とは

空き巣被害から身を守るためには、留守であると知られないようにするのが大切です。いくつか対策をご紹介するので、長期で家を空ける際は、ぜひ参考にしてください。

SNSには時差投稿を心がける

空き巣に予定を知られないように、「明日から旅行」「今○○にいます」といったリアルタイムの投稿はしないようにしましょう。

楽しいことがあるとついついシェアしたくなりますが、被害にあわないためには注意が必要です。投稿する場合は、家に戻ってから「旅行楽しかった!」といったように、時差投稿するようにしましょう。また、日ごろから自宅が特定されるような投稿をしない、TwitterやInstagramの位置情報はオフにしておくなどの対策をおすすめします。ちょっとした室内の写真から、自宅を割り出されるといったケースもゼロではありません。

郵便物や新聞の停止を申請

空き巣が留守宅を物色するときは、ポストや新聞受けをチェックすることが多いと言われています。郵便物や新聞が溜まっていると、長期間家を空けていると判断され、空き巣に狙われやすくなります。あらかじめ申請をして止めておくと安心です。

タイマー式の照明を活用する

タイマー付きの照明をつければ、照明がついたり、消えたりすることで、家に人がいるように思わせられます。特におすすめなのが、照明がつく時間をランダムに設定できるもの。毎日定時に照明がつくと、「本当は不在なのでは」と疑われる可能性がありますが、ランダムなものであればより、空き巣の目をごまかすことができます。

まとめ

空き巣たちはプロなので、ちょっとした隙を狙ってきます。ですが、少しの注意や工夫で被害を免れるケースも多いものです。大切な金品や自分の身を守るために、旅行や帰省時など、長期間留守にする時は、空き巣対策をしっかりするようにしましょう。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【仰天】こんな場所やあんな場所でもスリに遭う!?スリの手口大公開!!

  2. 実は不審者は目立たない? その特徴とは

    要注意人物とはこんな人!不審者を見分ける8つの特徴と対策

  3. スズメバチやクマが多数出没!?防犯対策も大切だけど、獣害対策も!!

  4. 【お役立ち】雨の日には犯罪が多いって本当!?梅雨時に気をつけたい防犯対策とは

  5. 同じ学校にある常習犯が2人も!?呆れた教師の行動とは

  6. 【奇跡】盲目の男性を救ったNY地下鉄でのお話-ホーム転落時の対処方法とは-

  7. 【社会問題】月120ドルで7人を養う極貧生活での涙の万引きが生んだ支援の輪

  8. 東京都は防犯パトロール活動が盛ん

  9. 日常生活の中で子供を犯罪から遠ざけるためにできること

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP