【厳罰】2秒で車は約33mも進む。「ながら運転」の基準と強化された罰則とは

「ながら運転」は、交通事故の大きな原因として問題視され、2019年12月1日より罰則が厳しくなりました。この記事では、ながら運転厳罰化について詳しく解説します。

年々増加傾向にある「ながら運転」とは

ながら運転とは、スマートフォンやカーナビの画面を注視したり、電話をしたりしながら運転することを指します。ながら運転をすると、画面や通話に意識が向いてしまい、他の車や歩行者など周囲の状況を把握できず、大きな事故へとつながる可能性があります。

警察庁のデータによると、携帯電話使用等に係る交通事故件数は、過去5年間で約1.4倍にも増加しており、平成30年には2790件にも達しています。

さらに、携帯電話使用等をした状態での交通事故は、使用していない場合の事故と比べて、事故死亡率が約2.1倍となっています。ながら運転をすることで事故が起きやすくなるだけではなく、死者が出る可能性が非常に高くなるというわけです。

「ちょっと画面を見るだけなら」という油断が、恐ろしい交通事故へとつながります。自分や他の人の生命を守るために、ながら運転は絶対にしてはいけません。

参考:警察庁 やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用 

ながら運転の厳罰化で何が変わったのか

ながら運転に起因する深刻な事故の多発を受け、2019年12月1日に道路交通法が改正され、ながら運転に対する罰則が厳しくなりました。

ながら運転をしている状態の「携帯電話の使用等(保持)」と、ながら運転により事故を起こすなど交通の危険を生じさせる「携帯電話の使用等(交通の危険)」それぞれの変更点を紹介します。

携帯電話の使用等(保持)

運転中に携帯電話やカーナビを使用した場合の違反点数は、改正前の1点から3点に。罰則も、5万円以下の罰金から、6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金へと引き上げられました。さらに、反則金も約3倍近くになっています。

保持の場合は、基本的には反則(青きっぷ)の適用となりますが、違反を繰り返した場合は罰則が適用される可能性もあります。事故を起こさなくても懲役刑になる場合もあると考えると、その厳しさがよく分かります。

携帯電話の使用等(交通の危険)

違反点数は2点から6点と約3倍になり、罰則も3ケ月以下の懲役または5万円以下の罰金から、1年以下の懲役または30万円以下の罰金となりました。

改正前は青きっぷの対象でしたが、改正後は直ちに刑事罰の対象となります。

免許停止の処分は累計点数6点以上なので、仮にながら運転で事故を起こした場合、それまで違反がなくても一発で免停になります。さらに、30万円以下の罰金が科せられるケースや、違反の重大性によっては1年以下の懲役となる可能性もあります。懲役となれば前科がついてしまい、その後に人生に大きな影響を及ぼします。

アウト?セーフ?ながら運転の基準とは

ながら運転は危険な行為ですが、車内でスマホやカーナビを使う機会もあるかと思います。違反となる基準について解説します。

停車中であればスマホOK

車を運転中にスマホを使いたい場合は、安全な場所に停車してから使えば基本的には違反になりません。ただし、信号待ちのちょっとした停車時間に操作するのは危険なのでNGです。

注視の基準は2秒くらい

ながら運転の違反項目である“注視”ですが、注視となる基準は「約2秒間画面を見続けること」だといわれています。ドライバーが注視をしている時間を警察がつど計測するのは、現実的に難しいので、秒数についてはややグレーゾーンとなります。

ちなみに、時速60㎞で走行する車は、2秒間で約33m進みます。そう考えると、2秒間注視するのは、事故につながりかねないので、取り締まりとは関係なくしない方が良いでしょう。

通話はハンズフリーならOK

電話の通話は、基本的には走行中でもハンズフリーにしておけば問題ありません。ただし、会話に夢中になりすぎると事故につながるので、その点は要注意です。

まとめ

ながら運転で事故を起こしてしまった場合、重大な事故につながる可能性が高く、自分や他人の人生を大きく変えてしまいます。今回の厳罰化を機に、日ごろの運転を見直すのもおすすめです。これくらいならOKと思わずに、最大限の注意を払いましょう。

▶︎【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【恐怖】店員が個人情報を悪用して家に来る。店員をストーカーにさせないためには

  2. 【恐怖】特定方法は「瞳」。ここまできたかストーカーの執着心

  3. 密室での犯罪に要注意!エレベーター利用時の防犯対策

  4. 【実用】ちゃんと施錠していますか?夏間近、知っておきたい侵入対策!!

  5. 【ホンマでっか!?TV】防犯評論家として河合成樹が身近なトラブルについてご紹介!

  6. 女性の一人暮らしをサポートする防犯サービス

  7. 【京アニ放火】部外者を侵入させないために企業の社長が考えるべきこと

  8. 【しぶこになりたい!】ゴルフを始める時には防犯面も要チェック!

  9. 要注意!振り込め詐欺に自分名義の口座を使われるかも?!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP