【効果あり】商店街に設置していた防犯カメラが○○の逮捕に貢献!

街中に防犯カメラが設置されているという光景は当たり前になりました。中には街中に設置されている防犯カメラに対して疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。“防犯カメラは本当に犯罪に対して効果があるのかどうか” そんな疑問を解消してくれるニュースを紹介しましょう。

京都府長岡市の商店街に設置した防犯カメラが犯罪を防ぐ

エピソード概要
京都府警向日町署は、長岡市のセブン商店会に痴漢の容疑者逮捕につながったということで感謝状を送りました。

2016年から防犯目的で10台の防犯カメラを設置しました。この防犯カメラが2019年の夏に発生した痴漢行為を撮影し、容疑者特定につながり逮捕することができたのです。今回のように防犯カメラがさまざまな場所に設置されていけば、痴漢被害も減少していくことが期待できるでしょう。

参考文献:京都新聞(2019年12月10日の記事を参考に作成)

ポイント

・防犯目的のために商店街に防犯カメラを10台設置した
・防犯カメラのおかげで痴漢の犯人を特定することができた

防犯カメラが街中に設置されたことで犯人逮捕に貢献しているケースは珍しいことではありません。特に駅周辺の商店街ではひったくり、痴漢、窃盗などさまざまな犯罪が考えられます。お住まいのエリアに防犯カメラが設置されているかどうか確認し、設置されていなければ一度自治会に要望として訴えかけてみましょう。

ポイント1 防犯カメラの設置されている場所を把握しておく

夜道を1人で歩く場合、さまざまな犯罪に遭遇する可能性があります。防犯カメラが設置されているエリアでは犯行がおこなわれる可能性が低く、仮に被害に遭遇しても今回のように証拠になるので、極力帰宅する際は防犯カメラが設置されている場所を選ぶように心がけましょう。

ポイント2 助成金制度で防犯カメラを設置できることも

商店街の中には、防犯カメラを設置したいが設置するための費用に苦労して設置できないと悩んでいる自治会の担当者さんもいるのではないでしょうか。このような場合は一度自治体に相談してみることをおすすめします。
自治体の中には防犯対策の一環で防犯カメラを設置するための工事費や維持費を助成金として支払う制度があります。この制度をうまく活用して安全で暮らすことができるまちづくりを目指しましょう。

まとめ

商店街や街中に設置されている防犯カメラは犯罪が起きた時に効果を発揮するだけでなく、犯罪が起きないための抑止力にもつながります。今回紹介した事例を参考に自治会で防犯カメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 盗聴器のせいでプライバシーがダダ洩れ!直ちに発見して処分するために行うべき方法とは

  2. 置き引きとは他人のものを持ち逃げする犯罪!その刑罰や対策とは

  3. 【パワースポット巡り】台北のおすすめ寺院で運気も防犯力もUPしちゃおう!

  4. 置き引きとは?犯行の手口や被害に遭った時どうするかを徹底解説!

  5. 安全対策をとる際に確認したい防犯マップとは?

  6. イギリス女子の悩み…制服が性的嫌がらせの対象になっている?

  7. インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

  8. 【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

    【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

  9. 駐輪場は意外と犯罪が多いスポット! 防犯対策が必要!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP