【今日の事件簿】家族が殺されても死刑に反対?銀座弁護士妻子殺人事件とは

今から64年前の1月18日、銀座弁護士妻子殺人事件が起きました。この事件の被害者は当時第二東京弁護士会の副会長でもあり、死刑廃止論を唱えていた弁護士の妻と娘でした。今回はこの銀座弁護士妻子殺人事件を紹介します。

銀座弁護士妻子殺人事件の概要

1956(昭和31)年の1月18日の午後1時頃、東京都中央区銀座にある当時第二東京弁護士会の副会長で弁護士の男性宅で、男性の妻と次女が殺されているのが発見されました。2人の遺体を発見したのは学校から帰宅した三女で、当時52歳の妻はネクタイで首を絞められて殺され、大学4年生だった当時22歳の次女は鋭利な刃物で刺殺されていました。警察官が駆けつけ捜査したところ、家の1階から3階にかけて物色された形跡があり荒らされていたそうです。

現金や六法全書、衣類などが盗まれていることがわかり、怨恨ではなく金銭目当ての強盗だとみて警察は付近の聞き込みなどの捜査を開始しました。そして、事件から2日が経った1月20日午後、窃盗などの前科があった当時27歳の男が逃亡先の名古屋で自首し、逮捕されました。事件当時、犯人の男は事件現場となった弁護士宅から近い食堂で出前持ちとして働いており、出前で3回ほどこの弁護士宅を訪問したことがあったそうです。

犯行動機と事件の詳細

この事件の犯人で逮捕された男は中華飯店で知り合った女性と結婚を考えていました。しかし、出前持ちの給料では結婚生活は送れないと考え、以前出前を持って行った弁護士宅であれば金銭がたくさんあるだろうと思い、強盗を計画します。そして、犯行当日、男は玄関から侵入しますが、ちょうど弁護士男性と鉢合わせしてしまいます。男は何とかその場を乗り切ろうと自分の兄弟のことで相談しに来たと嘘を言い、弁護士は葬儀に出かけるところだったので男に改めてくるようにと伝え、外出していきました。

その後、男はすぐに弁護士宅に戻り、2階に居た妻をネクタイで絞殺。金品を盗み出して玄関から外に出ようとしたところで、今度は次女と鉢合わせしてしまいます。男は台所へ向かい、その場にあった包丁で次女を刺殺して逃走しました。男は金銭を手に入れ逃走したものの、良心の呵責に耐えきれなくなります。そして、かつて戦時中に自分が疎開していた愛知県拳母市(現在の豊田市)に向かい、祖母と姉のお墓参りをした後1月20日に警察に自首しました。

裁判と被害者弁護士の信念

男の裁判は東京地方裁判所でおこなわれ、1956年11月に男には死刑判決が言い渡されました。男は控訴せずに同年12月5日に死刑が確定します。妻と娘1人を奪われた弁護士男性は、もともと死刑廃止論に立つ弁護士として有名でした。今回の事件で弁護士自身が犯罪被害者となりましたが、この弁護士男性はそれでも死刑廃止論を支持。妻と娘を奪った犯人にも死刑は望まないという姿勢を徹して貫きました。

さらには、今回の犯人が望むならいつでも弁護にたつというコメントも出していました。しかし、1960年には男の死刑が執行されました。享年32歳だったそうです。今回の事件の被害弁護士男性は、妻と娘を殺害されても信念を曲げませんでしたが、過去には妻を殺害された弁護士が死刑廃止論から死刑存置論に転向した例もあります。

まとめ

今回紹介した事件では死刑廃止論に立つ被害弁護士男性が実際に妻と娘を殺されてもなお、信念を貫いたことが印象に残ります。しかし、この事件は1人の男が自分の欲望のために何の罪もない2人の命を奪い金銭を奪ったという悪質な強盗殺人事件です。強盗事件は金品の被害だけでなく、犯人と鉢合わせてしまうと命の危険もあります。玄関や窓の施錠をしっかりと行い、必要であれば補助錠の導入も検討しましょう。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 小学生向け、性被害時の相談窓口先を警察庁がお知らせ!!

  2. 朝日新聞編集幹部の人が知人女性に不適切な言動

  3. 串カツ田中で起きた盗撮問題、「監視カメラ作動中」がカギ?

  4. 8/24 北海道は窓やカーテンからの盗撮にご用心!!

  5. 【5月11日】バリュージェット航空592便墜落事故と防犯対策を学ぶ

  6. 【今日の事件簿】新聞に投稿を載せただけなのに…名古屋市女子大生誘拐殺人事件

  7. 【ニュース】厳罰化だけでは足りない、ストーカーの実態

  8. Twitterの「いいね」機能が廃止に?過剰なSNSの投稿に要注意!

  9. 【8月24日の事件】暗証番号は2960(憎むわ)。極悪非道な闇サイト殺人事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP