【世界の未解決事件】機体と乗員乗客はどこに?マレーシア航空370便墜落事件とは

マレーシア航空370便墜落事件とは?

正確にはマレーシア航空370便墜落事故ですが、これはマレーシアのクアラルンプールから中国に向かって飛んでいたマレーシア370便が2014年3月8日に突然消息を絶ち、それから1年以上経ってから機体の残骸が発見された事故です。

当初はインド洋に墜落したものと推測されていましたが、消息を絶ってから1年以上経った2015年7月29日にフランス領のレユニオンで機体の一部とみられる残骸が発見された後、調査の結果8月5日に機体の残骸はマレーシア370便のものだと判明しました。

マレーシア政府はマレーシア航空370便が消息を絶った後に墜落したものとして、搭乗していた乗客やパイロット、スチュワーデスなどを含む全員が死亡したと正式に決定しました。これを受けた中国人の乗客の親族は到着予定地だった北京市のマレーシア大使館の前でデモを行ったそうです。

マレーシア航空では、370便だけでなく17便の撃墜事件やインドネシア・エアアジア8501便墜落事故と立て続けに航空関連の事故が発生していたため、マレーシア国内に大きな衝撃が走りました。一見するとマレーシア航空370便が消息を絶ってから墜落し、乗客が全員死亡したという悲惨な事故というだけのように思われるかもしれません。しかし、一番の謎はなぜ370便が突然消息を絶ったのかどうかです。

これはマレーシアの航空業界だけでなく、世界中に衝撃を与えた謎の事故だと言えます。

事件の詳細について

もともと370便は2014年3月8日、現地時間午前0時41分に乗員を含む239人を載せてクアラルンプールを出発しました。その後、370便は約6時間後の午前6時30分に到着する予定でした。370便は離陸してから約50分後にベトナム南部の海上を航行中にクアラルンプールから西南西約15キロにあるスルタン・アブドゥル・アジズ・ジャー空港の管制当局と午前1時30分に交信を終了しています。

しかし、本来であれば次の予定飛行空域を担当する管制当局と交信するはずが、いつまで経っても交信を開始しない状態でした。370便はなぜか無線電話通信による管制当局との交信を絶ってしまったのです。

この時、機体に何かあれば救難信号が出されるはずでしたが、370便から救難信号は発信されていませんでした。フライトレーダーを確認する限りでは、当初の航行ルートではなく、南に向かって飛行しているのが確認されました。

軍事レーダーではクアラルンプールに引き返そうとしているように見えましたが、その後タイランド湾のトーチュー島付近でレーダーから消えてしまったので真偽のほどは定かではありません。まず、370便が墜落したと思われるトーチュー島の捜索を行うため、ベトナムの空軍が捜索を開始。

レーダー消失時点のトーチュー島の南から約140キロ離れた海面に油膜の帯と煙が確認されました。また、翌日には370便の緊急脱出専用のドアと思われる残骸が発見されました。しかし、機体の原型となるボーイング777には緊急脱出専門のドアがなかったため、漂流物は370便とは無関係だという見方を示しました。

捜索が続く3月20日、オーストラリア海洋安全局はオーストラリアの都市であるパースで370便と関係があるであろう大小2つの物体を発見しました。また、3月22日には2つの物体が発見された場所から約120キロ離れた場所で浮遊物を発見したそうです。

しかし何らかの事情により、これらの物体が370便の残骸であるかどうか確認が取れないままになってしまいました。

事件の行方

そしてマレーシア航空370便が消息を絶ってから1年以上経った2015年7月29日、フランス領のレユニオンで370便の一部と思われる残骸やスーツケースが発見されました。フランスのトゥールーズに運ばれた残骸とスーツケースを調査したところ、これはボーイング777の部品であることが判明し、8月6日に行われたマレーシアの首相、ナジブ・ラザク首相はこの残骸やスーツケースについて、マレーシア370便のものであると発表しました。

その後も調査を続けた結果、2016年3月21日に南アフリカでエンブレム入りの破片が、その他にモザンビークやモーリシャス、マダガスカルなどで残骸が発見されています。しかし、機体の大部分となるものは発見されないまま、2017年1月に調査が中止になりました。

いくら機体が墜落して乗客乗員が全員死亡してしまったとはいえ、機体の大部分がない上に乗客乗員の遺体が一切見つかっていないことも不可解な疑問を残すばかりです。

まとめ

マレーシア370便の墜落事故の記憶が新しい人もいるのではないでしょうか。当時はマレーシア航空で立て続けに墜落事故が起きていたため、世界中の航空業界を震撼させたとされています。果たして、370便が墜落したのは機体に問題があったのか、それとも機長に問題があったのか、今もなお様々な推測が飛び交っています。

▶︎【世界の未解決事件】紳士的なハイジャック犯はパラシュートで行方をくらます?D.B.クーパー事件とは

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. テロ対策で厳しくなる入国審査をパスするための基本の英会話3選!

  2. 【映えスポット5選】はじめての海外女子旅におすすめな国ーアジア編ー

  3. 【世界の未解決事件】大量の紙幣は何を意味する?「ブレア・アダムス事件」とは

  4. 【お手柄】ヨウムが証言者!?〜リアルすぎたヨウムのやりとり〜

  5. 【海外旅行先の王道5選】アジアのおすすめビーチリゾートと気をつけたいコト

  6. 【再会場所は法廷】アメリカで起きた悲しすぎる同級生との再会とは

  7. 【注意喚起】国際ロマンス詐欺が横行!甘い誘惑には「待った!」で対処

  8. 【奇跡】盲目の男性を救ったNY地下鉄でのお話-ホーム転落時の対処方法とは-

  9. 【社会問題】月120ドルで7人を養う極貧生活での涙の万引きが生んだ支援の輪

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP