【世界の未解決事件】小さな男の子を遺棄したのは誰?今も身元が分からない「ボーイ・イン・ザ・ボックス事件」

ボーイ・イン・ザ・ボックス事件とは?

ボーイ・イン・ザ・ボックス事件とは1957年にアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアで起こった未解決事件の一つです。ボーイ・イン・ザ・ボックスとは当時発見された遺体の総称であり、段ボール箱の中に男の子の遺体が遺棄されていたことから名づけられました。

遺体が発見されたのは1957年2月25日のペンシルベニア州フィラデルフィア、フォックスチェイス地区で、無造作に捨てられていた段ボール箱の中に毛布で包まれた4歳~6歳と思われる男の子の遺体を男性が発見したことから事件が発覚しました。

事件の詳細について

遺棄された男の子の身体で異常があったのは、全身にひどい痣があったことです。このことから両親からひどい虐待を受けていたことが推測され、虐待が原因で死亡したのではないかという見方も出てきました。

そして司法解剖を行ったところ、死亡する数時間前は何も食べておらず、死亡した後に散髪されていること、頭部への打撃が致命傷となって死亡したこと、手足がふやけていたことから水に浸かっていた可能性があることが分かりました。

遺体を発見した第一発見者の男性は犯人ではなかったようですが、女子生徒の覗きを行っていることが明らかになっただけで特に進展はありませんでした。この事件は子どもが虐待を受けて遺棄されるというセンセーショナルな内容から多くのアメリカ国民の興味を惹きひき、フィラデルフィア中のガソリンスタンドに少年の顔写真入りのポスターが貼られるようになりました。

しかし、それから現在に至るまで関心を集めつつも犯人は逮捕されておらず、少年の身元さえも特定されていない状態です。

事件発生時から様々な情報や証言が警察などに寄せられてきましたが、ほとんどは何の役にも立たない情報ばかりでした。しかし、『児童養育施設の経営者一家』と『「M」の証言』だけはかなり有力視された情報だったのです。

『児童養育施設の経営者一家』とは

まず児童養育施設の経営者一家ですが、こちらは遺体発見現場から約2.4キロ離れた場所にある場所です。この養育施設の調査を行っていたのは監察医務院の男性職員で、ニュージャージー州に住む女性霊能者から伝えられた特徴を元にこの養育施設を突き止めました。

驚くべきは女性霊能者を遺体発見現場に連れてきた時、この養育施設へと導いたことです。これは絶対に何かあると思った男性職員は、養育施設が売りに出されたタイミングで客を装いながら施設内を調査しました。

当時の調査で男の子が入っていた段ボール箱はゆりかごの形をしており、J・C・ペニーという店舗で販売されていたことが分かっています。男性職員は調査を続ける中で、J・C・ペニーで販売されていたものによく似たゆりかご、男の子の遺体を包んでいた毛布に似たものを発見しました。

その後の調査の結果から男性職員は『男の子は経営者の継娘が産んだ子ども』だと結論付けました。何故なら当時はシングルマザーは不名誉だという認知が根付いていたため、子どもがいると不利になると考えた母親がシングルマザーであることを隠すために事故で死亡した男の子を遺棄したと考えられたのです。

ここまでの状況証拠がありながら、警察は男の子と養育施設の関連性を結びつけることができませんでした。しかも1998年に行われた経営者への事情聴取を行った結果、事件とは無関係だと断定されたのです。

『「M」の証言』は?

続いて「M」の証言ですが、こちらは2002年2月にMと名乗る匿名希望の女性から得られた証言です。

『少年の名前はジョナサン。ジョナサンは1954年の夏に虐待癖があるMの母親が生みの親から買い取りました。引き取られたジョナサンは母親の手により、2年間も虐待を受け続けていました。そして遺体を遺棄するきっかけになったのは、ジョナサンが浴槽で嘔吐したため、それに激昂した母親が怒りのあまり床に叩きつけてしまったからです。母親はジョナサンの身元が特定されないように長い髪を切り、Mを連れて人里離れた遺体遺棄現場に遺棄しました。ジョナサンを遺棄した際に入れていた段ボール箱は、たまたまそこに置いてあっただけです』

証言を要約したのが、上記の証言です。

事件の行方

Mの証言は最有力情報になるかと思われましたが、後にMは精神病を患っていたことが判明したため、確たる証拠とは言えない状況になってしまいました。その他の証言も役に立たず、目撃情報も到底犯人に繋がるものではないことから、そのまま未解決事件となりました。

今現在でもDNA鑑定などが行われており、警察の懸命な捜査が実を結ぶ可能性はあるかもしれません。

まとめ

虐待して死亡させた男の子を遺棄するなんてとんでもない事件でありながら、その犯人を見つけ出すことは今現在でも叶っていません。捜査技術が進んできた今なら、DNA鑑定などで身元や犯人が分かる日も近いのではないでしょうか。

▶︎【7月13日の事件】母が幼き我が子を2年も冷蔵庫へ…その原因はDV?

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【リュックは大丈夫?】必ずしなければならないスリ対策!!

  2. 【感動】自殺をしようとした男子生徒を〇〇〇で救ったお話

  3. 【世界の未解決事件】いよいよ事件解決か!?ジョンベネ殺害事件とは?

  4. 【海外旅行好きの人必見】タイの首都バンコクの最新治安情報と軽犯罪4選!

  5. 【コロラド】下着まみれの部屋で暮らす60代の変態ブラザーズが起こした性犯罪

  6. 【海外旅行の防犯】ベルギー旅行は「道」で危険度が違う!危険な目に遭わないためにできることとは

  7. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  8. 【注目ランキング】同意のない性行為は重大な犯罪!性犯罪の処罰が重い国1位はどこ?

  9. 【憧れの景色】イエローナイフで“オーロラ”を楽しむための豆知識と注意点は

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP