【海外】ドライブスルーである方法で助けを求めた女性、機転の利く店員の行動により救助

海外では、映画で登場してもおかしくない事件が度々起きています。今回紹介する事件は、店員に対してある方法で助けを求めたという事件です。女性はどのようにして店員に救助を求めたのでしょうか。

ドライブスルーで助けを求めた女性と機転を利かせた店員の行動

エピソード概要
2019年12月24日、カリフォルニア州で、女性を脅迫した男が逮捕されました。逮捕された男と女性は知り合いの関係で、虐待歴がありました。男は、女性を鈍器で殴り「家族に会いに行かせろ」と脅迫。その途中でハンバーガーショップに訪れました。

女性が店内のトイレに入りカウンターでスタッフに助けを求めようとしたところ、男に制止され車に行くように強要されました。その後男はドライブスルーに行くよう指示。女性はその指示に従って車を走らせました。女性はドライブスルーの店員に対し、口の動きで「助けて」と伝えました。

女性の異常に気づいた店員は、ドライブスルーの進行を遅らせて店外に出ていかないように対応。その後店員の通報によって駆けつけた警察によって男は逮捕されました。

なぜ店員はこのような事態に対しても冷静に対処することができたのでしょうか。お店が全米規模で進められている“セーフ・プレース”と呼ばれる「すぐに助けや安全を必要とする若者」を自治体と企業が連携して支援するプログラムに参加していたためです。

日本でもこのような試みがさらに広がるとさまざまな犯罪から逃れることができるのではないでしょうか。

参考文献:CNN.co.jp(2019年12月28日の記事を参考に作成)

事件のポイント

・女性は口の動きで店員に助けを求めた
・お店がセーフ・プレースという制度に参加にしていた

今回のようにお店に助けを求めようとする場合、犯人に気づかれないように行動しなければならないことがあります。万が一被害者、店員としてこのような事態に遭遇した場合、どのような行動をとるべきでしょうか。

ポイント1 冷静に行動をする

どちらの立場にも限らずこのような状況に遭遇した場合は冷静に行動することを心がけましょう。一旦冷静になり周囲の状況を把握するようにしてください。周囲の状況が把握できれば、今何をすべきかが見えてくる可能性があります。
パニック状態に陥ってしまっていると、自分がどのような行動をすべきなのかわからない可能性があるので、まずは冷静になって行動することを心がけましょう。

ポイント2 相手をしっかり観察する

店員として働いている時にこのような状況に遭遇した場合、相手の異常を察知するようにしましょう。しっかり観察していれば、普通に利用しているお客さんと何か表情や行動が違う可能性があります。
明らかに様子がおかしいと感じた場合、すぐに警察に呼ぶ、責任者と相談するなどして対処する方法を考えましょう。

ポイント3 避難するために、お店に行く口実をつくる

万が一監禁されてしまった場合、飲食店やコンビニは避難所として活用できる可能性があります。犯人をよく観察し、レストランやコンビニに行く口実を作るようにしましょう。犯人が見ていない状況とわかった時に助けを求めるようにしてください。

まとめ

今回のようなケースに遭遇する可能性の確率は極めて低いと言えますが、いつ同じような状況に遭遇してもおかしくありません。今回のようなトラブルに遭遇しても柔軟に対処できるように、日頃から冷静に行動することを覚えておくようにしましょう。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【ニセ者!?】ディープフェイク動画の危険性とは?ネット上のデマ動画に巻き込まれないために

  2. お店の電源を勝手に借りるのは犯罪だった?

    窃盗罪とは?意外と知らない実は○○も窃盗だった!

  3. 子どもにカギをどう持たす?カギの持たせ方と子どもを守る防犯対策

  4. 振り込め詐欺に加担?闇バイトの危険

  5. 【アメリカ】警察が公開した似顔絵に似ていた男性が複数の男性に暴行され重傷。正義とは何か。

  6. 不審者情報をリアルタイムで!マップで確認できるおすすめ防犯アプリ4選!

  7. バスで隣に座った男、ある言動をし女性の反応を楽しむが車内カメラに捕らえられる

  8. 【注意】玄関ドアにセロテープが貼られていたら、あなたの家は空き巣に狙われているかも?

  9. カギの位置はそれで大丈夫!?住まいの防犯対策4つのポイント

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP