数年間にわたりあるモノを近所の庭に投げつけた男の動機は…

ご近所トラブルの中で最も厄介な事例があるとすれば、ご近所さんに変質者がいた場合ではないでしょうか。今回のような変質者が近隣住民の場合、本人に直接訴えても行動が改善されるかかえって過激になってしまう可能性があります。万が一、ご近所さんの中に変質者がいる場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

近隣の家に避妊具を投げつける71歳の男

エピソード概要
もしも、あなたの家に毎日のように避妊具が投げつられていたらあなたはどうしますか?そんな事件が東京都で起きました。71歳の男は数年間にわたり近所の庭に体液の入った避妊具を投げつけていました。

事件が発覚したのは昨年10月。防犯カメラに避妊具を2個投げる様子が映し出され71歳の男が逮捕されました。男は10月の犯行だけでなく、数年間にわたり同様の犯行を繰り返しおこなっていました。調べに対し男は「奥さんたちが拾っているところを想像して性的欲求を満たしたかった」と証言しています。

参考文献:日テレNEWS24(2020年1月16日の記事を参考に作成)

事件のポイント

・防犯カメラに犯行の様子が映し出されていた
・数年前から同じ地域で同様の事件が報告されていた

今回の事件のように、相手の犯行が特定できないと逮捕することが難しいという事件もあります。自宅で今回のような迷惑事件が発生した場合、どのような対処をすべきなのでしょうか。対処方法を考えていきましょう。

対策ポイント1 証拠を記録する

今回のような迷惑事件が発生した場合、警察に報告をしても証拠がなければ警察が動かないということも考えられます。警察に動いてもらうために、どのような被害に遭遇したのかをしっかり報告するようにしてください。

状況証拠だけでなく、防犯カメラ等の映像があれば不審者を特定し逮捕することができる可能性があります。被害に遭遇したら警察に報告して終わりではなく証拠集めをするようにしましょう。

対策ポイント2 自治会にパトロール強化を要請する

同じ時間帯に同様の被害を受けている場合は、警察だけでなく自治会にパトロールで巡回してもらうように話をしてみましょう。複数の家で同様の被害が発生している場合はパトロール強化をしてもらえる可能性があります。大切なことは自分で解決するのではなく、周りに協力を要請して解決するように心がけてください。

対策ポイント3 自宅の防犯対策を強化する

自宅に防犯カメラやセンサーライトを設置することで、犯人に対して防犯性が強いアピールをするだけでなく、いたずらをしても本人を特定することができるということを強調するようにしましょう。
犯人もターゲットを見定めて犯行を行なっている可能性が高いので、自宅の防犯対策もしっかりしておきましょう。

まとめ

今回のような性的な欲求を満たす行動をおこなう不審者が近隣にいた場合、1人で悩むのではなく近隣住民や警察に助けを求め、どのような対策をすればよいか考えるようにしてください。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【注意】メルカリ利用者を”ターゲット”にした新手の詐欺が横行中?

  2. 今日は何の日?【3月1日過去の事件】大阪府78歳女性殺人事件から防犯強化を考える

  3. 窃盗と強盗の違いって? 犯人の手口はどんなものがある?

  4. 自治会が行う防犯対策の効果は?

  5. 身を守るために知っておきたい!防犯パトロールで最低限押さえておきたい場所について

  6. ネットで話題!置引先生とは?

    ネット上で話題になった『置き引き先生』とはいったい何?

  7. 3月2日は遠山の金さんの日! しらを切る詐欺犯に騙されない対策

  8. コンビニの利用に注意?ひとり暮らしの女性の防犯対策6選

  9. 日が延びても夜の一人歩きは危険!夜に起きやすい犯罪とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP