【迷惑】泥酔した男が自宅に侵入。意外に多い?酔って他人の家に入っちゃう話。

歓送迎会シーズンになると、必ずといっていいほど現れるのが泥酔した大人。自分で勝手に酔いつぶれているのであれば全くもって問題がありませんが、中には泥酔をして他の人に迷惑をかけてしまう困った人たちもいます。

このような人たちが、仮に自分の自宅と間違えて自分の部屋に押し入ってきただらどう対処すべきなのでしょうか。本記事では泥酔した人への対処方法を考えていきます。

泥酔した男、他人の自宅で爆睡

エピソード概要

釧路市で見知らぬ人の家に侵入し爆睡した男が逮捕されました。男は他人の家を自分の家だと思い侵入。2階の階段をあがり一室で爆睡してしまいました。ろれつが回らないほど男は泥酔しており、夫が玄関の鍵の鍵をかけ忘れていたことが原因とされています。

このようなトラブルは一軒家だけでなくマンションでも多く報告されています。同様の被害に遭遇しないように、気をつける必要があります。

参考文献:北海道ニュースUHB(2020年1月19日の記事を参考に作成)

事件のポイント

・自宅の鍵を閉め忘れ泥酔した人が侵入することができた
・相手は意識がないほど酔っていた

泥酔した人が自分の家と勘違いをして自宅に入ろうとするトラブルは全国各地で多く発生しています。このようなトラブルを解決するためにどのようなことに気をつけるべきでしょうか。やってはいけないことを踏まえ、対処方法を紹介していきましょう。

ポイント1 相手に話をしても通用しない可能性がある

酔っていなければ自分の家を間違えるということはありません。しかし酔っているときは正しい判断をすることができません。そのような相手に家が間違っていると指摘してもおとなしく引き下がる可能性は低いです。まずは扉の前で様子を見て酔った人がいなくなるのを待ちましょう。

ポイント2 警察を呼ぶ

いくら時間が経過しても家から離れず自宅の前に留まっているのであれば、警察を呼ぶようにしてください。警察を呼べば対応をしてもらうことができます。警察がやってくるまで泥酔した人がどのような行動をとるのか確認しておきましょう。

ポイント3 証拠映像を撮影しておく

泥酔した人の中には、扉が開かないことに怒り周辺の物を投げつけて窓ガラスを割ろうとする場合もあります。このような場合、酔いが覚めて自分ではないと犯行を否定する場合もあります。相手は記憶がない状態なので、必ず証拠として映像に当時の行動をおさめるようにしてください。

ポイント4 帰宅後は必ず施錠をする

今回のように、泥酔した人が突然自宅に押しかけてくることも考えられます。自宅をしっかり施錠していれば侵入することはありません。施錠は防犯対策の基本です。不審者の侵入を阻止するために必ず施錠をするようにしましょう。

まとめ

飲み会シーズンになると、今回のような酔った人が自宅に押し入る可能性があります。トラブルを未然に防ぐため、自宅の施錠をしっかりおこない、すぐに警察に通報するように心がけましょう。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

 

関連記事

  1. 【矯正は可能か?】性癖が暴走した消防士、ついに商品の下着にまで手を出してしまう

  2. 海外旅行に行くなら防犯対策は必須!スリにあいにくいバッグとは?

  3. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  4. 【詐欺被害】振り込め詐欺にあわないためには?増えている詐欺の種類とその手口をとは

  5. 犯罪を抑制するための防犯カメラ設置がプライバシー侵害になるのか

  6. 空き巣被害を受けないために!空き巣の前兆を見逃すな!

  7. 一歩進んだ防犯対策はサービス加入やパトロールへの参加

  8. 【大型台風接近中】災害時の対策をまとめてチェック

  9. 【要必見!】露出狂と出会ってしまった時に取るべき3つの選択肢

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP