【海外】Tinderに非常用ボタンが実装される?マッチングアプリを安心して使える日がくるかも

マッチングアプリはスマホ1台で気になる異性と出会うことができるツールですが、時には悪用されることも。その多くの被害者は女性。日本だけでなくこのような問題は海外でも取り上げられているようです。

そのような中、海外の大手マッチングアプリが防犯性を高めるべくある機能を実装することを発表しました。今後マッチングアプリにはこのような機能が実装される日が近いかもしれません。

マッチングアプリ大手Tinderに非常ボタン・本人認証が導入される

エピソード概要
マッチングアプリのTinderは、デートの安全性を強化するために非常ボタン機能を実装することを発表しました。

Tinderは世界中で最も利用されているアプリで、日本版のアプリもあります。初対面の人ともできるアプリのため、危険性がついてまわります。安全を保証するために今後は非常用ボタンを実装することを発表しました。

その機能とは、非常ボタンが押された場合、本物かを判別するためのコード入力が求められます。そこでコード入力がされないとセンターから本人にメールが届きます。それでも返信がない場合は警察に通報するというシステムです。これにより、非常事態に遭遇しても危険を回避することができる可能性があります。

この他にも、デートの日時や場所を設定できる機能や、プロフィール写真を本人と認証する機能など安全性を向上させる機能を充実させていくようです。

日本のマッチングアプリも安全性を高くするための試みはいくつかおこなわれているものの、非常ボタンの機能はありません。将来的に日本のマッチングアプリでもこのような機能が実装される可能性が高いと言えるでしょう。

参考文献:FRONTROW(2020年1月24日の記事を参考に作成)

ポイント

マッチングアプリの防犯性を強化する動きが世界でもある
・強化されたから絶対に安全という認識で利用しない

今回のように、マッチングアプリの防犯性が強化されたからといって必ずマッチングアプリが安全なものになったとは言えません。マッチングアプリではさまざまな犯罪に巻き込まれる可能性があるので、安全性が確保されたといっても次のようなことを意識して利用するようにしてください。

ポイント 相手の情報がよくわからない状態で会わないようにする

マッチングアプリを利用している人の中には個人情報を伏せて偽名で利用していることもあります。相手のことをよく知らない状態で直接会うと、場合によってはわいせつ行為の被害に遭遇してしまうこともあります。

相手が信頼できるまでは極力アプリ上の会話だけに留め安心することができるまで会わないように心がけましょう。

まとめ

マッチングアプリは便利なツールの一方で、時にはトラブルを引き起こす可能性もあります。マッチングアプリを活用している方は、相手におかしな点があると感じた時は極力直接会わないようにして自己防衛をしっかりしましょう。

▶︎【注意】バラの花束のはずが、ゴム手袋に。海外で起きた事件から知る“出会い系サイト”の危険度とは

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 一人暮らしでも設置できる防犯カメラって?

  2. 万引き被害等に悩む店舗経営者へ!防犯カメラ運用のポイントをご紹介

  3. 【盗撮注意】音姫細工お兄さんから学ぶトイレでの防犯対策

  4. あなたの周りに潜んでいるかもしれない!?『ストーカー予備軍』の気質や予兆について紹介

  5. 【受験生注意】入試当日に犯行を計画する卑劣な痴漢への対処方法とは

  6. 【意外と多い?】置き引きにあったら?知っておきたいその時の対処法とは

  7. スリや置き引きは警察が捜査してくれないかも?イギリス旅行を楽しむための注意点

  8. 犯罪率が高い公園ってどんな公園? みんなでできる防犯対策

  9. 【変態番付】すれ違いざまに精液をかけて逮捕された”早撃ちマック”と呼ばれた男…

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP