【今日の事件簿】元交際相手の姉と知人を次々に。裁判員裁判で少年に初の死刑判決…石巻3人殺傷事件

今から10年前の2月10日、石巻3人殺傷事件が起きました。この事件では裁判員裁判が導入されて初めて、事件当時少年であった被告人に死刑判決が下りました。今回はこの石巻3人殺傷事件について紹介していきます。

石巻3人殺傷事件の概要

2010(平成22)年の2月10日、午前6時40分ごろ宮城県石巻市にある民家に、当時18歳の元解体作業員の少年Aと共犯である無職の少年Bが押し入りました。そして、2階で寝ていた当時20歳の女性と当時18歳の女子高生を刃渡り18cmの牛刀で複数回刺して殺害。その場にいた当時20歳の男性の右胸も刺し、重傷を負わせました。その後、少年2人はその場にいたもう1人の少女の左脚を刺し、無理やり車に乗せて現場から連れ去ります。連れ去られた少女には当時4ヶ月の娘がおり、現場にいましたが無事だったそうです。

少年2人はその後、車を変えて逃走を続けますがその日の午後1時過ぎに石巻市内で警察に身柄を確保され、未成年略取と監禁の容疑で現行犯逮捕。連れ去られた少女はケガを負っていましたが、無事保護されました。少年2人はその後、3月4日に殺人と殺人未遂などの容疑でも再逮捕。主犯格である少年Aと連れ去られた少女は2008年8月頃から交際し、民家に残されて無事だった当時4カ月の乳児は2人の間に生まれた子どもでした。少年Aは交際相手である少女に日常的に暴力を振るっていたそうです。

事件当時少女は度重なる暴力に耐えかねて、娘とともに実家に身を寄せていました。少女は以前から姉に相談し、姉は事件が起こる前に少年Aに対して暴力をやめるよう何度も注意をしたり警察に通報したりしていたそうです。少女自らも警察に相談したことはありましたが、仕返しを怖れて被害届は出せずにいました。この事件で殺害されたのは少女の姉と、たまたまその日居合わせた少女の中学時代の同級生。重傷を負ったのは少女の姉の知人で、この男性もまた、たまたま居合わせただけだったそうです。

主犯の少年Aと事件の背景

主犯の少年Aは5歳のときに両親が離婚し、トラック運転手だった実の父親と離れます。母親は翌年に再婚し妹が生まれますが、その後は再婚相手とも離婚。別の男性と交際し、このころから少年Aは母親からひどい暴力を受けるようになります。母親も交際相手の男性からひどい暴力を受け、ケガとアルコール依存症で入退院を繰り返すようになったそうです。少年Aは祖母の家に預けられ、徐々に粗暴になり高校を中退。力の差が逆転したこのころから、母親や祖母にまで暴力を振るうようになりました。

そして、17歳になった2008年の8月頃から少女と付き合うようになり、少女にも暴力を振るうようになります。子どもの頃に母親が暴力を振るう男性と一緒にいたことから、女性に暴力を振るうこと自体が間違えていると思わなかったそうです。2009年10月には少女との間に女児が生まれますが、定職には就きませんでした。

そんな中、少女は少年Aの暴力などについて幾度となく姉に相談し、実家に身を寄せるようになりました。姉は親身になって相談に乗り、時には少年Aに暴力はやめるよう注意したり少年Aが妹を連れ戻しに実家に押しかけてきた際には警察に通報したりしていました。少年Aからすると姉は邪魔な存在だったのです。

そして、事件当日少年Aは子分的な存在であった無職の少年Bを連れて早朝に少女の実家に押し入ります。すぐに姉に気づかれ少年Aは姉の首を絞めて脅し、少女を連れ出そうとすると姉が警察に通報しようとしたため、持っていた牛刀で姉の腹や背中を刺し殺害。たまたまその日居合わせた少女の友人にも襲い掛かり、四つん這いになって逃げ出そうとする友人を無理に引きずり寄せて胸部を刺し、殺害したのです。

さらに、姉の知人の男性に対しても襲い掛かり右胸あたりを刺しました。後の男性の証言によると少年Aは「全員ぶっ殺す!」と叫びながら襲ってきたそうです。

裁判とその後

2010年4月、仙台地方検察庁は少年Aを殺人や殺人未遂などの罪で起訴。更生の可能性と少年に対する死刑適用の可否が焦点となりました。そして、2010年11月の仙台地方裁判所での判決公判で、検察の求刑通り少年Aには死刑の判決が言い渡されます。2014年1月におこなわれた控訴審でも1審の死刑判決が支持され、2016年6月の上告審でも1審と2審の死刑判決が支持されて少年Aの死刑判決が確定しました。ちなみに少年Bには懲役3年以上6年以下の不定期刑が確定しています。

まとめ

今回紹介した事件は犯人の少年が交際相手を連れ戻そうと、その姉と交際相手の友人を殺害し、姉の知り合いの男性にも重傷を負わせるという極悪非道な事件でした。早朝に突然襲われた今回の事件は予想することが難しく、防ぎようがなかったかもしれません。しかし、こうした事件に巻き込まれないようにするためには、何が起こるかわからないという意識とできる限りの防犯対策が必要です。

▶︎【センサーライトおすすめ20選】これでセンサーライトのすべてが丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 8/1 埼玉県はひったくりにご用心!!

  2. 性被害によって妊娠した母親の選択。予期せぬ被害に直面したときにするべき対策とは。

  3. 【最新】性犯罪は減っていない?平成29年度の性犯罪認知件数

  4. 6/21のMoly’s防犯注意報

  5. 子どもにも教えたい防犯対策の合言葉「いかのおすし」

  6. 【ニュース】愛知県県警が防犯ブザーを開発!?

  7. 11月25日~12月1日は「犯罪被害者週間」覚えておきたい相談窓口

  8. 日本初!福岡県警がつくった防犯スマホアプリ「みまもっち」誕生!

  9. 7/18 全国的に露出狂に要注意!!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP