【今日の事件簿】犯人も拳銃も見つからずに時効…東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件とは

今から28年前の2月14日バレンタインデーに、東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件が起きました。この事件は現役の警察官が現在の交番である派出所で何者かに刺されて殺害され、拳銃を奪われた事件です。今回はこの東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件について紹介していきます。

東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件の詳細

1992(平成4)年2月14日午前3時20分ごろ、東京都清瀬市旭が丘にある警視庁東村山警察署旭が丘派出所で、当時42歳の巡査長が血を流して倒れているのを新聞配達員が発見。すぐに病院に運ばれましたが午前4時頃に死亡が確認されました。新聞配達員は配達途中で派出所前の交差点で止まったときに派出所の窓ガラスが卵形に割られ、普段は閉まっている奥の部屋の扉が10センチほど開いているのに気づきます。中をのぞくと床一面が血の海で奥の部屋から警官の制服の膝から下が見え、警察官の帽子がストーブの上に置かれて焦げていたそうです。

巡査長は首や胸などを刺されており司法解剖の結果、死因は左の首を刺されたことによる頸動脈損傷と判明。派出所内は犯人と格闘したのか、荒らされていました。机の上に管内の住所が書かれた警察参考簿が出ており道案内の地図も置かれていたことから、犯人は道を尋ねるふりをして刃物で襲ったとみられました。この事件で犯人は巡査長が所持していた実弾5発入りの拳銃を吊る紐(ランヤード)ごと切って奪い、逃走しています。1989年に練馬で起きた中村橋派出所警官殺害事件の犯人が、拳銃を使って強盗を企てたことから拳銃を使った二次的犯行が懸念されました。

当時の派出所勤務の夜勤は2人体制での勤務が通常でしたが、事件当時は派出所には巡査長1人でした。13日の午後11時15分ごろに近くの小学校に何者かが侵入したとの110番通報があり、もう1人の警察官は現場に駆けつけ容疑者を現行犯逮捕し、東村山署に連行中だったそうです。その後目撃証言などがあったものの、単独犯か複数犯かもわからず捜査は難航。

2006年2月14日、公訴時効まであと1年と迫ったところで東村山署防犯協会は、犯人検挙に最も貢献した情報に対して懸賞金300万円を支払うことを決定します。しかし、犯人検挙に至らぬまま2007年2月14日午前0時を向かえ、公訴時効となりました。

目撃情報など、その後の捜査によって明らかになったこと

事件が起きた現場は埼玉県との県境付近で団地の外れにあり、交通量が少なく事件当時、直接事件を目撃した人はいませんでした。しかし、何件かあった目撃情報のうち有力な情報があったのです。事件が起きる約10分前の午前3時10ごろ派出所内で被害に遭った巡査長が、背の高い男と話していたというのです。それによると男の特徴は黒っぽいジャンパーを着て身長175センチくらい、巡査長より明らかに背が高かったとのことでした。

事件前後の目撃状況などから、この男が犯人の可能性が高いと考えられました。また、この事件で使用された凶器は被害者の傷口の状況などから、刃渡り9センチの刃物で手作りの可能性もあるとのことでした。さらに、この事件で奪われた回転式の拳銃(S&Wチーフス38口径)が使われた事件が起きていないことから、犯人はサバイバルゲームの愛好者ではないかとも考えられたのです。

まとめ

今回紹介した事件は、夜中に警察官が殺害され拳銃が奪われた事件です。しかも未解決となってしまいました。事件から28年経っていますが、どこかに実弾入りの拳銃をもった犯人がいると思うと恐怖でしかありません。これまで、この拳銃が使われた事件は起きていませんが、これから先も起こらないという保証はないのです。過剰に恐れる必要はありませんが、防犯意識を高めてできる限りの対策をしていきましょう。

▶︎【防犯カメラおすすめ20選】これを読めば防犯カメラすべて丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. バレンタインに恋愛詐欺の被害に合わないために…

  2. 8/10 関西地方は強制わいせつに要警戒!!

  3. 【今日の事件簿】教授の思いやりが仇に?「中央大学教授刺殺事件」とは

  4. 7/19 東北地方は露出狂に、中部は卑猥な声かけに注意

  5. 8/9 中部地方では色情狙いに注意!

  6. 【今日の事件簿】カッターナイフで何か所も…動機は逆恨み?川崎市中1男子生徒殺害事件

  7. 【今日の事件簿】なぜ誰も助けられなかったのか?滋賀電車内駅構内連続強姦事件とは

  8. 今年一年を表す漢字は「災」。災いに遭わないためにも徹底した防災防犯を!

  9. 【速報】メキシコの防犯アプリ「No estoy sola」がレイプや殺人の被害から女性を救う!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP