【今日の事件簿】一家4人を殺害。通帳を持った女は犯人ではなかった…築地八宝亭一家殺害事件とは

今から69年前の2月22日、築地八宝亭一家殺害事件が起きました。この事件は一家四人が残酷に殺害され、その犯人は意外な人物でした。今回はこの築地八宝亭一家殺害事件について紹介していきます。

築地八宝亭一家殺害事件の概要

1951(昭和26)年2月22日、東京都中央区築地にある中華料理店「八宝亭」で一家が殺されており、110番通報がありました。通報を受けた警察官が店に急行すると現場は血の海となっており当時48歳の店の主人とその妻(当時40歳)、当時11歳の長男と当時10歳の長女が殺されていました。寝込みを襲われたと思われ遺体はすべて頭を薪割り用の鉈で打ち割られていて、それぞれ眉間に数カ所から数十カ所傷があったそうです。長女は逃げようとしたのか、襖に手をかけて半立ちのまま亡くなっていました。

また、現場検証の結果、凶器となった鉈は厨房の冷蔵庫に立てかけてあり、現金4万円と預金通帳(残高約14万円)が無くなっていることがわかりました。第一発見者でこの店の住み込み店員の男(当時25歳)は警察の取り調べに対して、前日21日の夕方に女中募集の貼り紙を見て女が来店し、住み込みの女中として採用されたと証言。夜中に女の部屋から男女の声が聞こえ、女の知り合いが訪ねてきたと思いそのまま寝たが、朝起きたら店の家族が殺されており、女もいなくなっていたと説明しました。店の通いの中国人コックも、女の存在自体はあったと証言しています。

事件の真相と意外な犯人

捜査の結果、22日の朝に都内の信用金庫から14万円引き出そうとして銀行員に印鑑が違うと言われ、帰った女がいることが判明します。警察はこの女が仲間の男と犯行に及び、逃走したと断定し、住み込み店員の男に数千枚の写真を見せて女のモンタージュ写真を作成して全国に指名手配しました。そして、3月10日に都内の建築飯場に隠れていた女を逮捕。女の供述から以外な真相がわかります。

女は伊豆西海岸の村の出身。漁業を営む父に妻子ある男性との結婚を反対されたことや、兼ねてから洋裁学校に通いたいと兄を頼って上京します。ホテルなどで学費等を稼ごうとしていましたが安月給のため、金目当てで夜の女として街頭に立っていたそうです。そんな中、女は八宝亭の住み込み店員の男と知り合います。女は男に金が無いことを相談すると、自分が働いている八宝亭で女性店員を探していると教えてくれ、21日に応募し採用されてその日から住み込みで働くことになりました。

そして、その日の夜大きな物音で目が覚めると血まみれの遺体の上で鉈を手にした住み込み店員の男が立っており、明朝信用金庫で金を下ろすように脅されたそうです。この事件の真の犯人は第一発見者の住み込み店員だったのです。捜査員は事件発覚当初、男の言動に疑問は抱きましたが、男は頻繁に警察署に出前をしていたこともあり警察署員と顔見知りでした。それに加えてひょうきんで明るい性格。さらに、男は事件後に積極的に捜査や記者たちの取材に協力していたため、警察やマスコミは騙されてしまったそうです。

男は逮捕当時黙秘権を使い何も喋ろうとはしませんでしたが、夜になって明日全部話すことを捜査員に告げ就寝。しかし、明朝5時ごろ留置所で隠し持っていた青酸カリを飲んで自殺しました。

犯人と見えない動機

犯人の男は茨城県の裕福な農家の次男として生まれ、農業を嫌い小学校を出て横浜の軍需工場で働き、その後村の役場に勤めていました。そこで配給品を横流し懲役1年半、執行猶予5年の判決を受けますが、物資が無く困窮している村に品物を横流していたことによって英雄視されます。その後、交際していた女性の実家が中華そば店だったため、男は料理を勉強するために八宝亭でコックの見習いとして働き始めました。

田舎からの仕送りがあったため給料はいらないと店主に話し、主人からは毎月お小遣いももらっていたそうです。金には困っておらず主人夫婦にもかわいがられており、子ども達とも仲が良く面倒見がよいと評判でした。男が自殺したことから、一家を殺害した動機は永遠にわからなくなってしまいました。ちなみに犯行に加担した女は強盗殺人の共犯としては罪を問うことはできず、盗品等関与罪で執行猶予付きの懲役1年の刑が確定しています。

まとめ

今回紹介した事件は一家4人が惨殺された事件にもかかわらず、犯人が自殺したため動機など真相がわからなくなってしまいました。しかし、店の従業員が店主一家を殺害したことは事実です。いつ何が起こるかわかりませんので常に高い防犯意識と対策が必要となります。

▶︎【防犯フィルムおすすめ20選】価格は安くても空き巣に効果的な防犯フィルムを大公開

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【今日の事件簿】日本刑事史上まれに見る大量処刑?「二・二六事件」とは

  2. 大晦日は人肌を求める子が急増!?不安への寄り添いが大事

  3. 6/25北海道エリアは背後からの痴漢に注意!?

  4. 【今日の事件簿】事件発生から13年後に解決!茨城女子大学生殺人事件とは

  5. 【今日の事件簿】母親との確執が引き金?男はなぜ一家心中を選んだのか…中津川一家6人殺傷事件

  6. 9/3 北から南まで公然わいせつにご用心!!

  7. 【今日の事件簿】有罪判決を受けた男性が自らの手で真犯人を暴く…?清水局事件とは

  8. 7/30 侵入による痴漢被害に要注意!!

  9. 【今日の事件簿】家族が殺されても死刑に反対?銀座弁護士妻子殺人事件とは

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP