【今日の事件簿】母親との確執が引き金?男はなぜ一家心中を選んだのか…中津川一家6人殺傷事件

今から15年前の2005年2月27日、中津川一家6人殺傷事件が起きました。この事件は市の老人保健施設の事務長をしていた真面目な男が、自分の家族を殺傷した事件です。今回はこの中津川一家6人殺傷事件について紹介していきます。

中津川一家6人殺傷事件の概要

2005(平成17)年2月27日午後2時ごろ、岐阜県中津川市で義父に腹を刺されたとの110番通報が入ります。駆けつけた警察官が男性を保護し、家の中に入ると女性(当時30歳)が2歳の男児と生後3週間の女児を抱えて倒れていました。そばにあったソファで女性(当時85歳)が倒れており2階には男性(当時33歳)も倒れていて、5人全員首を絞められて殺害されていました。

警察官が家の中をくまなく捜索すると、空の浴槽の中で首に包丁を刺したまま倒れている当時57歳の男を発見。出血がひどかったものの、かすかに意識があり警察が事情を聞くと自分がやったという言葉を残し意識を失いました。男は全治3週間の重傷で入院。この男は殺害現場となった家に住む男で、実の母と長男長女、孫二人を殺害し娘婿の腹を刺してケガを負わせたのです。退院後の3月12日に娘婿に対する殺人未遂で逮捕され、4月2日には家族5人に対する殺人罪でも再逮捕されました。

事件の背景と犯行の詳細

事件の背景には、犯人の男と実の母との深刻な確執がありました。男は厳格な母親を小学生のころから嫌っており、中学生の時には口も利かなくなっていたそうです。もともと母親は神奈川県にある次男夫婦のところに引き取られていましたが、1999年に次男が母とは生活できないと兄である男に直訴。そこで男が母を引き取り同居が始まったのです。母は生まれつき気が強く頑固で自己中心的な性格。特に男の妻には執拗に難癖をつけて、きつく当たっていたそうです。例えば、妻が作った料理には一切口をつけず、風呂も次に入る妻が入れないようにするために、浴槽に脱糞したり生ごみを入れたりしていました。さらに、妻が植えた花をすべて引っこ抜くなど連日いじめを続けていたそうです。それでも妻は毎日耐えていました。男は母に対する嫌悪感を積もらせる一方で、妻に対して申し訳ないと思っていたそうです。

また、母は家の中だけではなく郵便局の局長に難癖をつけて大声で罵声するなどし、小さい町ではすぐに噂は広まったそうです。これに男はいつしか耐えられなくなり、犯行を決意。男は母親を殺害したら、残された家族は殺人鬼の家族という汚名が一生付きまとうため、家族を道連れにしようと決めます。しかし、妻に対しては長年連れ添ったことや自分がおこなったことを見届けてもらおうと思い、殺害しようとは思わなかったそうです。そして、決行の日は、妻が日帰り旅行に出かける2月27日に決めていました。

事件当日、早朝に妻を車で駅まで送り帰宅後に自宅の2階で寝ていた長男をネクタイで絞殺し、1階のソファで横になっていた母をやはりネクタイで絞殺します。その後、飼っていた2匹の犬も市内の山中に連れて行き、刃物で刺殺。午前11時ごろになって娘を自宅に誘い、娘と孫2人を車で迎えに行って自宅で3人とも首を絞めて殺害します。午後になって娘婿も車で自宅に連れてきて勝手口から入ろうとしたところを包丁で刺しますが、抵抗され逃げられてしまいます。男は追うのを諦めて風呂場へ行き、自らの首を刺しました。

裁判

岐阜地方裁判所でおこなわれた第1審で検察側は死刑を求刑しますが、2009年1月の判決公判で裁判所は男に無期懲役を言い渡します。検察側は控訴し、弁護側も犯行動機からして当時は病的な状態となっていたとして減刑を求めて控訴。名古屋高等裁判所でおこなわれた第2審では結局双方の控訴を棄却し無期懲役を言い渡します。そして、検察・弁護側ともに最高裁判所に上告しますが、2012年12月に上告が棄却され、男の無期懲役が確定しました。

まとめ

今回紹介した事件は男が実母との確執によって長男や長女、小さい孫まで殺害するという痛ましく残酷な事件でした。家族間の確執とはいえ家族を5人も殺害する感覚は、ほとんどの人はわからなく人間の恐ろしさを実感する事件です。こうした事件に巻き込まれないためには、家族だから何を言っても何をしても大丈夫だとは思わずに、思いやりを持つことが大切です。

▶︎【センサーライトおすすめ20選】これでセンサーライトのすべてが丸わかり!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 【必読】「レイプ・カルチャー」という言葉、知っていますか? 性犯罪の被害者を苦しめないために。

  2. 【速報】メキシコの防犯アプリ「No estoy sola」がレイプや殺人の被害から女性を救う!

  3. これで外国人も一安心!災害時防犯のマニュアルが7カ国語に対応!!

  4. 東京駅で12月13日、14日に通り魔の犯行予告が!拡散するだけでなく、行かないことが大事!

  5. エレベーター用の0円防犯カメラが登場!エレベーターがより安全に!

  6. セックスの同意は必要?関西の大学生らが、性的同意のチェックリストを作成

  7. 12月の大イベント「クリスマス」女性にあげるべきプレゼントとは??

  8. 【今日の事件簿】壮絶な虐待と3ヶ月近い絶食で体重わずか24キロ…岸和田中学生虐待事件

  9. 8/14 大阪ではひったくりが多発!!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP