【今日の事件簿】警察がオウムの凶悪さを認識した事件?公証人役場事務長逮捕監禁致死事件とは

今から25年前の2月28日、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件が起きました。この事件は1980年代末期から1990年代中期にかけて起きた一連のオウム事件の1つです。今回はこの公証人役場事務長逮捕監禁致死事件について紹介していきます。

公証人役場事務長逮捕監禁致死事件の概要

1995(平成7)年2月28日午後4時半ごろ、東京都品川区の路上で目黒公証役場から出てきた公証人役場の事務長の男性(当時68歳)がオウム真理教の信徒らによって拉致されました。そして、山梨県西八代群上九一色村にある第2サティアンに連れていかれ信徒らによって麻酔薬を大量に投与されて3月1日の午前中に死亡。午後になって信徒らは遺体をマイクロウェーブを応用した焼却炉で焼却し、骨や灰を細かく砕いて本栖湖に流して証拠を隠滅しました。

事件の背景と詳細

この事件の背景には殺害された事務長の妹が関わっていました。事務長の妹は1993年10月ごろにオウム真理教に入信して教団に数千万円の布施をしていました。ところが教団は妹の所有物となっている当時の時価で2億7000万円の「目黒公証役場」の土地と建物を含む全財産を布施して出家するように強要してきたのです。妹は教団から逃げ出し、事務長である兄に匿われることになりました。それを知った女性信者が教祖である麻原に報告。麻原は妹の行方を探るために事務長を拉致することを決めました。

事件当日の午前11時ごろに信者たちは公証役場付近に到着します。当初はオウムの幹部が開発した目潰しレーザー銃で拉致しようと考え通行人に試射しますが、効果が無く断念。午後4時半ごろになって公証役場から出てきた事務長の男性を1人の信者が転倒させ、3人の信者が抑え込みワゴン車に連れ込んで拉致しました。その後、第2サティアンに連れ込んで麻酔薬のチオベンタールを投与し、妹の居場所を自白させようとしますが失敗に終わります。

3月1日になって教祖である麻原が拉致実行犯の1人に事務長を絞殺するように伝えろと幹部に命令し、幹部がその時東京にいた実行犯の1人に連絡します。しかし、その信者が東京から上九一色村の第2サティアンに戻ってくる前に、事務長は麻酔薬の過剰投与によって死亡。午後になって信者がやってきますが、信者にはすでに死亡したことを知らせずに事務長の首を絞めさせました。その後、別の信者が遺体を焼却炉で燃やして骨と灰を木片で叩いて粉砕し、硝酸で溶かしたあと本栖湖に流して証拠を隠滅しました。麻原は事務長が死亡したとの報告を聞き、被害者は前世で自分の弟子で、前世でポア(殺害)してくれと請願されて約束を果たしたなどと、訳の分からないことを言っていたそうです。

その後

3月4日になって、この事件が明るみに出ます。警察は拉致される瞬間を複数の民間人が目撃していたことを受けて捜査を開始。拉致に使用したレンタカーの書類からオウム信者の指紋が検出され、さらにレンタカーから信者の指紋と被害者である事務長の指紋と血痕が確認されました。これによってオウム真理教が関与していたことが確定。これ以前にもオウムによる事件は起きていましたが、この事件がオウムが凶悪事件に関与していたことを警察が確定的に認識する最初の事件となったのです。

この後、3月20日に地下鉄サリン事件が起き、その2日後にあたる3月22日に警視庁は拉致監禁の容疑で教団本部に強制捜査に入ります。ちなみに事務長の死亡については、誘拐罪と殺人罪ではなく逮捕監禁致死罪と死体損壊罪で立件されています。オウム事件では多数の信者が、それぞれ多くの罪で裁かれ、この事件に関与した信者もすべて罰せられています。

まとめ

今回紹介した事件は、数多くあるオウム真理教が関与した事件の1つでした。本来ならば人間を幸せに導く宗教団体が起こした、戦後最悪の事件といえるでしょう。また、今回の事件の具体的な内容は、いきなり車に連れ込まれて最後殺害されてしまうというものです。こうした事件に巻き込まれないようにするためには、日ごろから何が起こるかわからないという意識と、できる限りの防犯対策が必要です。

▶︎【おすすめ防犯ブザー20選】子どもから大人まで持てる防犯ブザーと正しい使い方を大公開!

Moly.jp編集部

この記事の監修
河合さん写真
河合成樹
防犯ジャーナリスト/防犯設備士

Moly.jpの運営やAIST:産業技術総合研究所(産総研)との犯罪予測の共同研究や防犯対策の講演活動、メディア出演などを通じて防犯の啓蒙、社会実装に取り組んでいる。公益社団法人日本防犯設備協会認定の防犯設備士(第19-29640号)。出演実績:「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」

関連記事

  1. 自殺勧誘ネットへの書き込みに対する通報が去年の8倍!?相談は専門機関へ

  2. 【Digi Police】のダウンロードは済んでいますか?必ずダウンロードしておきたい防犯アプリ

  3. 8/1 埼玉県はひったくりにご用心!!

  4. 【今日の事件簿】なぜ誰も助けられなかったのか?滋賀電車内駅構内連続強姦事件とは

  5. 小学生による性的暴行はどう扱われるべきか?被害者と加害者のケアについて

  6. International Women’s Day 国際女性デーにセクハラ、性犯罪も考える

  7. お守り防犯アプリMolyがリニューアル!何が変わったのか徹底解説!

  8. 7/4 愛知県・大阪府は声かけに注意!?

  9. 8/30 後方からくる自転車やバイクは反応を!!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP