10万円給付の申請は自治体のサイトとそっくりな偽サイトにご注意を!

全国すべての人に10万円を給付する特別定額給付金の申請が各自治体で始まっています。

自治体からの案内を見るために市区町村のサイトにアクセスする方も多いと思いますが、偽サイトには気をつけるようにしてください。実際に、神戸市では公式サイトとそっくりな偽サイトが開設されており、神戸市が注意を呼びかけています。

神戸市によりますと12日、マイナンバーカードのシステムを運用する「地方公共団体情報システム機構」から「神戸市のホームページの偽サイトが開設されている」と連絡がありました。

偽のサイトは、見た目は神戸市のホームページと全く同じですが、インターネット上の住所にあたるURLが、神戸市の公式ホームページ「https://www.city.kobe.lg.jp」とは、異なっているということです。

この偽サイトには、マイナンバーカードを使って10万円の一律給付を申請するサイトへのリンクも貼られています。

個人情報を抜き取られるおそれもあるため、神戸市は「ホームページを見る際には、よく確認し偽サイトには絶対にアクセスしないでほしい」と呼びかけています。

引用:NHKニュース

特別定額給付金は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている人が受給対象ということで、ほぼ全ての人が受給対象です。

裏を返せば、それだけ個人情報のやりとりが発生するということになるので、当然詐欺グループなどはこの機会を狙っています。今回の神戸市の偽サイトのような事例は他の自治体でも同じことが起こる可能性があります。まだ被害は報告されていませんが、ホームページが公式のものかどうかは注意するようにしてください。

偽サイトかどうかを見分けるには、サイトのURLに注目しましょう。

URLとは、簡単にいうとインターネット上の住所のようなものです。偽サイトがいくら公式サイトとそっくりな見た目でも、URLは公式サイトとは異なります。

自治体が使用するURLは「地域型」「属性型」というURLが主流です。以下の表のURL形式に明らかに当てはまらない場合は偽物のサイトである可能性が高いので、注意してください。

ただし、この表に当てはまらない独自ドメインを使用している自治体もあります。その場合は、サイトの情報が定期的に更新されているかなどに注目してみてください。

特別定額給付金の申請はマイナンバーなどを使用するため、偽サイトには十分注意しましょう。

関連記事

  1. 【恐怖】遠隔ストーカー男、元恋人を恐怖で震え上がらせる

  2. 詐欺メンバーは誰が集め、どう犯行に及ぶのか。元詐欺師が語るメンバーの集め方とは

  3. 【何がきっかけで泥沼に…】闇バイトで若者がターゲットになる理由とは

  4. 【青少年保護】北海道の「自画撮り」規制条例は日本一厳しい!その罰則とは?

  5. 【個人情報流出の危機】溜まった年賀状はどうしてる?取扱いには細心の注意を!

  6. 【ビートたけしのTVタックルに出演】特殊詐欺の新たな手口を防犯ジャーナリスト河合成樹がわかりやすく解…

  7. 私に限って騙されることはない?詐欺に遭いやすい人の特徴を元詐欺師が語る

  8. 【一生消えない傷】アメリカで問題になっているセクスティングのリスクと対策

  9. インターネット上でのトラブルを犯罪に発展させないための防犯対策

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP