コロナ禍で警戒すべき「寸借詐欺」とは?被害はどうやって防げる?

コロナウイルスも少しずつ落ち着いてきて、社会活動が再開され始めています。

しかし、自粛期間の影響は少し遅れてやってくるもの。政府や自治体が給付金などの準備を進めていますが、必要な人全員が受給できるのはもう少し先になるでしょう。

経済的に困窮した人が増えている今、この社会情勢に乗じた詐欺に注意するようにしましょう。

今回は、その中でも多くの人が被害に遭いやすい寸借詐欺について解説します。

寸借詐欺とは

寸借詐欺とは、人の善意に付け込んで少額の現金を借りるフリをして、そのまま騙し取る詐欺のことです。

最近になって登場した犯罪というわけではなく、ずっと昔からある詐欺行為です。

被害額は数千円〜5万円くらいまでが多いですが、中には300万円を騙し取られたケースもあるようです。

寸借詐欺の事例

  • 「財布を落としてしまい、帰りの交通費が払えないから貸してほしい」といわれ、お金を貸したが、連絡先だと言われた電話番号にかけても通じないため、詐欺と気づいた
  • 外国人男性に「クレジットカードが使えなくて困っている。現金を貸してくれないか」と言われ数万円渡したが、連絡先の番号にかけても通じない
  • 「被災地に家族がいて安否確認ができないため、現地に行きたいが、旅費がないので貸してほしい」と言われて数万円渡したが、その後連絡がつかない(東日本大震災の際に実際にあった被害)

日本で発生している寸借詐欺は上記のような事例が多いです。また、こういった手口の詐欺は海外でも頻繁に発生しているので、海外旅行にいく人は注意してください。

特にコロナウイルスの影響で気をつけなくてはいけないのは、最後の震災に乗じた寸借詐欺の事例です。

コロナウイルス関連で想定される寸借詐欺の手口

  • 「家族がコロナウイルスにかかったから実家に帰りたいが、コロナのせいで仕事がなく、お金がない。交通費を貸してくれないか」
  • 「コロナの影響で仕事がなくなり、食う金に困っている。助けてほしい」
  • 「特別定額給付金の申請のために実家に帰る必要があるが、交通費がない。10万円が給付されたら返すので、交通費を貸してほしい」

こういった理由をつけてお金を騙し取ろうとする人が現れる可能性があるので、頭に入れておきましょう。

寸借詐欺はなぜ被害に遭いやすい?

寸借詐欺は立派な詐欺行為ですが、なぜ被害に遭いやすいのでしょうか?

理由はいくつかありますが、代表的な2つをご紹介します。

断りにくい

まず、寸借詐欺は善意に付け込んでくる手口のため、断りにくいです。困っている様子をみたらついつい助けたくなってしまう気持ちは分かりますが、際限なく助けてあげようとするとさらに大きな要求をされることもあります。

少額なので警察に言いにくい

寸借詐欺の被害額は数千円から5万円くらいまでと詐欺被害の中では少額のため、この程度で警察に言うのも気が引けるなと思う人が多いです。しかし、寸借詐欺をする側は常習犯になっていることもあり、大勢から騙し取っているということもあります。被害に遭ったと思ったら警察に連絡し、状況を説明するようにしましょう。

寸借詐欺に遭わない対策はある?

寸借詐欺の被害に遭わないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?基本的な対策をご紹介します。

知らない人にお金を貸さない

まず、大前提として知らない人にはお金を貸さないようにしましょう。また、知り合いであっても数ヶ月に1回程度しか会わないような関係であれば貸すのはやめておいた方がいいでしょう。

お金を貸す際には身分証を必ずチェックし、写真を撮らせてもらう

どうしてもお金を貸してあげなきゃかわいそうだと思い、仕方なく貸す場合には、必ず身分証の写真を撮らせてもらいましょう。

いくら少額のやりとりだとしても、お金の貸し借りをする上で最低限の保証はしておく方が安心です。

連絡先をもらったら、相手がいるその場で電話をかける

「あとで返すから、この番号に電話して」と連絡先をもらった場合、相手の目の前で連絡してみましょう。もし繋がらなかったらその時点でお金を貸すのはやめておきましょう。その場で確認せず、あとで電話して繋がらなかったとなるとどうしようもありませんので注意してください。

現金決済をやめる

これは少しイレギュラーな対策ですが、現金決済をやめて全て電子決済にしておくと寸借詐欺に遭う確率は非常に少なくなります。

お金を貸してほしいと言われたときに「現金を持ってないのでごめんなさい」といって断ることができ、しつこくお願いされることもありません。

今やコンビニや飲食店などほとんどのところで電子決済ができるようになっているので、現金を持っていなくても普段の生活で困ることはほぼ無くなってきています。詐欺被害を防ぐためにも電子決済に切り替えていくのがオススメです。

 

コロナウイルスの影響もあって、お金に困っている人も多いと思います。支え合う精神は大事ですが、まずは自分の身を守ることが最優先です。寸借詐欺には十分気をつけて生活するようにしましょう。

関連記事

  1. その修理って必要?詐欺か詐欺じゃないか断定が難しい「点検商法詐欺」とは【元詐欺師が解説】

  2. 身分証明書の写真は赤の他人。詐欺に使用される無数の携帯電話の契約方法とは?…元詐欺師が語…

  3. 【告白】霊感商法で捕まった元詐欺師が語る、犯行動機と被害者像

  4. 白い粉サギ!?あなたの家に届いていませんか白い粉。それは新しいアポ電の手口です

  5. 警視庁も警告!喜びも束の間「オリンピック当選通知メール」に潜む特殊詐欺のワナとは!?

  6. 【大切】高齢者も防犯意識を持つことが重要!どんな対策を取れば良い?

  7. 【元詐欺師が解説】いかにも怪しい「霊感商法詐欺」で数百万も騙される被害者が出るワケ

  8. 詐欺用のアジト契約は不動産屋もグル!? 元詐欺師が語る足をつけない契約方法とは

  9. 【いや、危ねえよ】東京都がSMSを使った納税催告を実施。関連詐欺に注意して!

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP