ネットの誹謗中傷対策には、犯罪者に悪用されない制度設計も必要

民放の番組に出演していた女子プロレスラーの自殺を受け、ネット上での誹謗中傷に対して手続きの簡略化など対策を求める声が強くなっています。

今回のような痛ましい事件が起こらないように、何らかの誹謗中傷対策は必要になってくると思います。SNS事業者団体が緊急声明を出し、特別委員会を立ち上げて誹謗中傷対策を進めるほか、正しいSNS利用についての啓蒙活動を実施していくと発表しています。

誹謗中傷対策は、表現の自由との調整が最大の論点になると思いますが、防犯の観点からも考えておきたい論点があります。

それは、「個人情報へのアクセス」についてです。

現在の発信者情報開示請求について

プロバイダ責任制限法第4条によって、自己の権利を侵害された人はプロバイダに対して情報開示請求を求めることができることになっています。

情報開示のためには裁判をして請求しないといけないと思っている方も多いですが、情報開示は民事上の請求権として規定されているため、裁判手続によらなくても開示請求が可能です。

しかし、実際にはプロバイダ側が裁判手続以外で応じることは少なく、多くの場合は裁判手続によって情報開示請求がされます。

発信者情報として開示請求できるもの

総務省令で定められている、開示請求の対象になる情報は以下です。

  • 氏名
  • 住所
  • メールアドレス
  • 発信者のIPアドレス/IPアドレスと組み合わされたポート番号
  • 携帯端末のインターネット接続サービス利用者識別番号
  • SIMカード識別番号
  • 発信時間(タイムスタンプ)

これらの情報が請求者に開示されます。つまり、相手がどこに住んでいる誰なのかが分かります。

なぜこれらの情報が開示されるかというと、誹謗中傷で相手を訴える際には相手の住所氏名が必要だからです。損害賠償を請求するにしても、名誉毀損で警察に被害届を出すにしても、相手の住所氏名が必要になります。

発信者情報開示請求の簡略化によるリスク

損害賠償を請求したり、被害届を出すために発信者の情報開示ができるわけですが、この手続きの簡略化は非常に慎重に行わなくてはなりません。あまりにも簡単に開示請求ができるようになると、ストーカーなどの犯罪者が制度を逆手にとってくる可能性があります。

例えば、相手が反応して誹謗中傷とも取れる言葉を投稿するように仕向け、それをもとにストーカー側が情報開示請求を行うことで相手の住所氏名を入手する、という手口が考えられます。

極端な例のように思われますが、SNSに投稿された写真の瞳に写った景色から最寄り駅を特定するような人もいることを考えれば、こうした手口も想定しておく必要があります。

このほかにも、窃盗や詐欺に悪用される可能性があります。住所や氏名といった個人情報は犯罪者が最も欲しがる情報です。

開示請求の簡略化によって個人情報へのアクセスが容易になるという点はしっかりと考えて設計しなくてはいけません。

情報開示を受けた人については、プロバイダ責任制限法第4条第3項によって以下のように定められています。

3  第一項の規定により発信者情報の開示を受けた者は、当該発信者情報をみだりに用いて、不当に当該発信者の名誉又は生活の平穏を害する行為をしてはならない。

つまり、当然ですが発信者情報の目的外利用は厳禁です。

現行のプロバイダ責任制限法でもこうしたルールが定められてはいますが、開示請求の簡略化を検討する場合は発信者情報の目的外利用についてもさらなる厳罰化を検討し、個人情報の不正利用を防ぐ仕組み作りが必要になるでしょう。

関連記事

  1. 【あおり運転】デマのリツイートも名誉毀損に当たる!大人のネットリテラシーが低すぎる問題。

  2. LINEロゴが入ったアイキャッチ画像

    LINE社に聞いてみた!子どもが巻き込まれやすいネット上のトラブルへの対処の仕方はあるの?

  3. 【恐怖】遠隔ストーカー男、元恋人を恐怖で震え上がらせる

  4. 便利の裏には危険がつきもの!インターネットに潜む危険とは

  5. 画面録画がデジタルタトゥーの温床に。消えない傷を作らないためにできることは?

  6. 「〇〇の出身地は?学歴は?実家は××区?」という中身のない記事が量産されるワケ

  7. ある日、後ろで私の名前を呼んだのは「ブログにコメントをしていた見知らぬ男でした」。

  8. コロナ嫌悪犯罪が世界で増加中。日本でも行き過ぎた行動には要注意!

  9. 【ニセ者!?】ディープフェイク動画の危険性とは?ネット上のデマ動画に巻き込まれないために

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP