【正式リリース】今いる場所の犯罪情報をいち早く察知・危険を回避!お守り防犯アプリ「Moly」正式リリース

Molyappイメージ

みなさんお待たせしました。女性用危険察知防犯アプリ「Moly(モリー)」の提供を本日より開始します!

ここからダウンロードできます(iOS版より提供)

 

2017年6月2日(金)より正式リリース版として、お守り防犯アプリMolyをリリースさせていただきました。簡単ではありますが、改めてここでMolyの概要と主な機能を説明したいと思います。

Moly(モリー)とは?

Molyappイメージ

警察・自治体やユーザーのSNS投稿から提供される犯罪・防犯情報をスマートフォンの位置情報に連動してプッシュ通知でお知らせすることで、今いる場所の危険をいち早く察知し未然の危機回避を促す防犯アプリサービスです。アプリをダウンロードするだけで簡単に利用できます。特に10代から20代の若い女性がターゲットとなりやすいひったくりや痴漢などの犯罪情報や、しつこいナンパやつきまといなど犯罪につながる可能性の高い情報まで地図上に表示します。

なんでこのアプリを開発したの?

hanzaihigai
毎日のように、ニュースや新聞で伝えられる女性の犯罪被害。弊社の独自アンケート結果によると、実に42%の女性が路上で何らかの不安な目に遭ったことがあると回答がありました。

IoTを活用したセキュリティ事業(防犯)を手がけ、女性向け防犯メディア(http://moly.jp/)の運用も行う当社では、こうした女性の犯罪被害の未然防止につなげたいという想いから開発を行いました。

アプリの特徴<3つの特長>

moly画面詳細

使いやすさを最優先したスマートフォンファーストのサービス

アプリをインストールするだけで、ユーザーのスマートフォンの位置情報をもとにプッシュ通知を行い、スマートフォンユーザーに最適な形で注意を促すことができます。

警察や自治体から提供される信頼性の高い防犯情報の活用

各都道府県警や自治体より許諾を得た上で、配信される防犯情報を独自のデータベースに組み込んで活用しています。(オープンデータの活用や許諾不要のデータを活用中。)

ユーザーやネット投稿からの表面化していない防犯情報の可視化

ユーザーがアプリ内の投稿機能から、防犯に関する情報を簡単に投稿することができます。悪用やいたずらを防ぐため収集した情報は運営側でチェックを行い、ユーザーがSNSによるログインをすることでサービスの信頼性を高めています。

今後のサービス開発方針

現在は必要最低限の機能を使いやすさ重視で作っていますが、次の機能の開発を検討しています。

  • 犯罪情報が通知された時に役立つ「警戒モード」機能
  • マイエリア機能の拡充
  • 防犯情報共有機能
  • すぐに逃げ込める防犯拠点の登録、表示(警察とか交番とか協力店舗など)
  • 防犯ブザー
  • 警察/家族などへの通報機

ユーザーの皆さんからのご意見やご感想をいただきながら、長く使いやすいアプリになるように頑張っていきたいと思います。ぜひ使ってみてください。

 

関連記事

  1. SNSで話題沸騰中の「痴漢レーダー」とは?【開発者&専門家コメントあり】

  2. 空き巣は朝に多い?空き巣の多い時間帯とねらわれやすい家!

  3. 後悔をしない物件選びのポイント!

  4. 盗撮犯が後日逮捕されることもある? 盗撮の現状とその対策

  5. 空き巣や忍び込みに有効な防犯対策とは

    冬に増加する空き巣や忍び込み被害から家を守る!防犯対策

  6. 【自宅警備が重要】自宅にいても犯罪に巻き込まれる?部屋の防犯対策をおこなうべき理由

  7. 周囲の人物の投稿に注意!自分以外が行うべき防犯対策!

  8. ストーカー被害に遭ったらどうすればいい? 上手な警察への伝え方!

  9. 簡単にできる?自宅のカギの強化方法

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP