セックスの同意は必要?関西の大学生らが、性的同意のチェックリストを作成

突然ですがみなさん、セックスの前に相手に同意を得ていますか?それとも、同意を得られていますか?

おそらくですが、性的行為をする相手に対してしっかりと同意を得ている人は「少ない」と思います。

「その場の雰囲気で」「キスをしたから性行為はしてもいい」「女性が男性の家に遊びに行くということは性行為をしてもいい」という暗黙の了解があると思っていませんか?

性行為をするにあたり、お互いの意思確認はとても大切なことです。相手がそのつもりでなくても、自分はいいと思ったからといった確認のズレが生じないためにも、今一度、セックスの同意について考えなければなりません。

今回ご紹介するのは、関西の大学生が作った性的同意についてのチェックリストです。

朝日新聞によると、

セックスの同意、確認してますか 学生らが冊子作成

「付き合っていれば、性行為をするのは当たり前」「家に泊まるのは、性行為をしてもいいというサイン」。こう考えるあなたは要注意! 性行為について、互いの意思を確認することを「性的同意」と呼びます。パートナーとよりよい関係を築くために大切な考え方ですが、日本ではあまり知られていません。この言葉を広めるため、関西の大学生がチェックリストを載せた冊子をつくりました。

つくったのは、京都市男女共同参画推進協会と5人の大学生です。京都大に在籍していた高島菜芭(なは)さん(22)は昨年末、大学教員を通じて協会との縁を得ました。性教育やジェンダーに関心がある高島さんと、若者と一緒に事業に取り組みたい協会の考えが合い、冊子をつくることになりました。

大阪大の学生4人も加わり、議論をして決めたテーマが「性的同意(セクシュアル・コンセント)」。イギリスに留学経験がある高島さんを始め、5人のうち3人が留学経験者でした。「海外では知っている学生が多い。日本では広まっていないし、教えてもらった記憶もない」。関連する国内外の本を読んだり、性について大学生にアンケートしたりして、冊子の内容をまとめました。

注目してほしい力作は、「相手がイヤと言ってなかったら、性行為もOKのサイン」「付き合っていれば、性行為をするのは当たり前」といった質問が並ぶ10項目のチェックリスト。当てはまれば、性的同意を大切にする傾向が薄い可能性があります。

では、性的同意を取るとは具体的にどういうことなのでしょうか。

「一つの答えの形」として、性教育に詳しい京都教育大学の関口久志教授(64)のインタビューを掲載しています。「対等、平等に、合意、納得したか、が大事」と関口さんは訴えます。さらに「合意、納得」には、①相手②時③場所④方法(避妊や性感染症予防など)の四つについて、互いが積極的に同意していることが必要なのだそうです。関口教授の話を参考に、5人が考えた性的同意の取り方や断り方の具体例も紹介しています。

冊子をつくり終えた後、5人は「Genesis(ジェネシス)」というグループを立ち上げました。「だれもが安全で幸せな性生活を送れる社会づくり」を目指して、活動を続けていくそうです。

協会の今井まゆり・事業企画課長は「若い感性が反映された、上から目線ではない冊子。性被害の予防はもちろん、周りの人が被害者、加害者になりそうなときに、正しく介入するときの参考にもしてほしい」と話します。

冊子「ジェンダーハンドブック」はA5判16ページ。京都市中京区のウィングス京都で無料で配っているほか、郵送も可能(送料は自己負担)。協会のホームページからダウンロードすることもできます。問い合わせは協会(075・212・8013)。

出典:朝日新聞

いかがですか?

しっかりと性的同意を得るということは、その後のお互いの良好な関係を築くうえでもとても大切です。また、同意を得ることで、性被害を避けられるという点もあります。

男性側が同意を得る意識ももちろん重要ですが,女性側も後々つらい思いをしないように、しっかり意思表示するようにしましょう。
 
Moly.jpでは、女性のための防犯対策や性被害に遭ってしまった時のSOSについてご紹介しています。
ぜひ、こちらの記事も一緒にチェックしてください!


女性のための完全防犯マニュアルを見る
 
 

関連記事

  1. 子どもの安全を守る防犯サービスや防犯グッズ!新学期に向けて備えましょう

  2. 【お役立ち】雨の日には犯罪が多いって本当!?梅雨時に気をつけたい防犯対策とは

  3. しつこいLINEストーカー!対処を間違えると最悪の事態になる!?正しい対処法を紹介

  4. 【大学生必見】新1年生の防犯対策

  5. 【クイズ】恋愛トラブルからの発展も!? 迷惑なストーカーは○○○○○で撃退!

  6. 安心安全な街を実現するために活動する防犯協会

    “安全で安心な社会”の実現!全国に点在する防犯協会の取組みや活動とは

  7. 【執念】700メートル下着泥棒を追走した夫婦、男を逮捕する

  8. 警視庁がホームページで公開している有力な犯罪情報8選

  9. 【防犯】iOS13へのアップデートでAirDrop痴漢被害のリスクを軽減できるかも?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP