注目の記事 PICK UP!

SNSのツイートに警察から返信?愛知県警の新たなる性犯罪対策!

 

みなさん、先日もパパ活についてご紹介した記事(女子中高生の間でパパ活が流行っている?パパ活に潜む性被害)がありましたが、チェックしていただけましたか?

今日は愛知県警が行った2つのことについてをご紹介します。

SNSのツイートに警察から返信?

パパ活が今、女子中高生の間で横行しているということでしたが、その対策として愛知県警があることをしました。それは、SNSを利用してパパ活を呼びかける少女たちの書き込みに、愛知県警が直接返信をするというものなのです。

朝日新聞によると、

援交・パパ活募集SNSに「返信」 愛知県警、抑止狙い

ツイッター上で、児童買春などの犯罪につながる疑いがありそうな書き込みに対して、愛知県警が直接返信をするかたちで注意を呼びかけている。SNS上では、少女らが「援助交際」「パパ活」などと称し、有償で性行為の相手を募る書き込みが絶えない。早い段階で警察の存在を示すことで犯罪を抑止する狙いで、全国の警察で初の試みだという。

少年課によると、主に対象とするのは、18歳未満の少女らが愛知県内で金銭などの対価を条件に性行為の相手を募集したり、それに応じたりするような内容の投稿。

県警が委嘱する大学生ボランティアらが少女らの不審な書き込みを察知すると、少年課が「このツイートは児童買春などの被害につながるおそれがあります」と返信。また、加害者になり得る成人らの投稿にも「仮に同意があったとしても児童の人権を侵害する行為として処罰の対象となる可能性があります」と、自主的に書き込みを削除するよう促す。

今月15日から始動し、22日昼現在で、すでに約20件の返信をしたという。返信後、多くが自主的に削除したり、ツイッター社がアカウントを凍結したりして、投稿が見られない状態になった。削除されずに残るものは、今後、同社に削除依頼をする予定だという。

出典:朝日新聞

このように、パパ活をSNS上で呼びかけている少女と、加害者になり得る成人を対象に、愛知県警が児童買春の抑止の対策を行っているのです。

今現在は、まだ返信している件数は少ないですが、実際はもっとあると思うので、ぜひもっと多く稼働してほしいと思います。

 

児童ポルノで高校生を書類送検!?

そして、もう1つは児童ポルノの検挙についての記事です。
先日愛知県警は、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で4名を書類送検しました。児童買春やポルノ禁止法違反と聞くと、想像するのは「成人が未成年に対して違法行為をした」だと思うのですが、今回書類送検されたのは、なんと高校生の男女合わせて4名だったのです。

以前、Moly.jpでも児童ポルノの記事(児童ポルノの被害者は7割以上が中高生!!SNSに潜む危険性とは?)についてご紹介しましたが、加害者の多くは成人かと思っていました。

しかし、実際には被害者だけでなく加害者も未成年といったケースもあるのです。

毎日新聞によると、

<自画撮り>
裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 

自身を撮影した「自画撮り」による女子高校生の裸の写真や動画がツイッターや無料通信アプリ「LINE」(ライン)を通じて同級生ら生徒間で拡散し、関わった少年少女が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検される事件が愛知県で相次いだ。専門家は背景として、通信端末が身近にあり、自画撮りや画像のやり取りへの抵抗感が薄れた子どもたちの現状を指摘する。【高井瞳】

高校生4人を書類

愛知県警は今月15日、県内の高校2年の少年3人と少女1人を同法違反容疑で書類送検した。4人は同級生で16~17歳。少女(16)は被害者でもあった。

捜査関係者によると、3人のうち1人の少年(17)は昨年4月、見知らぬ人からツイッターのダイレクトメッセージで、この少女の裸の画像を入手した。少女がその1年ほど前、当時の交際相手に求められ自画撮りして送ったものらしい。

少年は「他の裸の画像も見たい」と思い、架空の人物に成りすまして少女とツイッターでやり取りを始めたという。学校で様子を観察し「今日は元気がないんじゃないの?」とメッセージを送った。

少女は「会ったこともないのに、自分のことを分かってくれている」と感じ、相手が同級生と気付かないまま好意を寄せた。少年は「俺のこと好きなら、できるでしょ」と、最初は下着姿、やがて裸の画像を少女に自画撮りさせて送信させた。

少年は別の同級生の女子生徒(16)にも同じ架空の人物としてツイッターで接触していた。「少女の彼氏」だけど「女子生徒の方が好き」と伝えて好意を持たせ、今年4~5月に裸の画像46点、動画4点を自画撮りで送らせたとされる。

その後、少年はツイッターに女子生徒の画像と動画を投稿した。少女の画像が出回っているともうわさされ、書類送検された別の少年(16)は「お前の写真も持っている。公開されたくなかったら送れ」と少女を脅し、上半身裸の動画2点を得たという。一方、少女は女子生徒を「無視された」などと恨み、仕返しとして、もう1人の書類送検された少年(16)らに、入手した女子生徒のデータを送ったとされる。

書類送検された4人それぞれによって、画像や動画は次々と拡散された。情報提供で問題を把握した学校は画像と動画の消去を指導し、6月、県警に相談した。書類送検された4人は無期停学などの処分を受けた。

県警によると、少女と女子生徒は「求められるまま送ってしまった」と話し、最初に画像と動画を拡散した少年は「盛り上げようと思ってやった」と供述して    いるという。

県警は今年8月17日にも、女子高校生(当時)が自画撮りした裸の動画をラインで拡散したなどとして、県内の高校に通う15~16歳の少年少女14人を児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検した。動画は県内6高校の生徒計約50人に拡散したといい、被害者は退学を余儀なくされた。最初に動画を送らせた少年は、被害者から好意を寄せられていると知って要求していた。

被害深刻化、面白半分で散も

自ら撮影した自分の裸の画像などを送らされる「自画撮り被害」は深刻化している。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合った面識のない人に送るケースも後を絶たない。

警察庁の統計によると、今年1~6月に摘発された児童ポルノ事件で自画撮り被害に遭ったのは240人(昨年同期267人)。うち高校生は107人。愛知県警が1~6月に把握した自画撮り被害者は昨年同期比7人増の16人で、昨年1年間の被害者22人のうち18人は面識のない人に画像などを送っていた。

元教諭でITジャーナリストの高橋暁子さんによると、スマートフォンに慣れ親しんだ10代はインターネット上だけの人間関係に抵抗が少なく、ネット上の親友や恋人がいる子も珍しくない。高橋さんは「現実社会の接点がなく、日常生活で表に出せない本音を言えるため、親しくなりやすい」と解説する。

自画撮り被害については「要求する側は『みんなやっている』と言って抵抗感を薄れさせる。送る側は、築いてきた相手の信頼を失いたくないと応えてしまう」と指摘する。自分の写真をSNSで公開することが当たり前になっている状況も影響しているという。

愛知県警の捜査関係者は「摘発された少年らは犯罪の意識がなく面白半分で拡散していた」と明かす。県警の杉浦巌・少年課長は「拡散した画像を全て削除するのは不可能。取り返しのつかない行為との認識を持ってほしい」と強調した。

出典:毎日新聞

いかがですか?

上記でご紹介した記事のように、児童ポルノといってもひとくくりにできるわけではなく、友人関係のもつれから事件に発展するものもあるのです。
SNSで簡単に情報が拡散される世の中です。見ず知らずの人に個人のことを公開することはもちろん危険を伴いますが、知り合い同士でも危険が潜んでいるということをきちんと認識しなければいけません。

簡単に写真を撮って、簡単に相手に送れる。しかし、その簡単な作業であなたの個人情報を色んな人に知れ渡るということを、今一度SNSに投稿するまえに考えてみましょう。

今回は愛知県警の2つの取り組みについてご紹介しました。
1つ目の、パパ活の募集に警察が直接返信をするといった活動は、ぜひこれから全国にも広まって欲しいと願っています。

Moly編集部

「女性のための完全防犯マニュル」<を公開しています。こちらもぜチェックしてください! 女性のための完全防犯マニュアルを見る
 

関連記事

  1. 8/17 全国的にひったくりに注意しましょう!!

  2. #MeTooが流行っている今だからこそ知っておきたい、男性が直面している冤罪被害

  3. 同意なく顔に落書き!?実はそれ暴行罪です!

  4. 「アフターピルを譲ります!」SNS上で広がるやり取りから見る、性教育の必要性

  5. iPhoneの2018年新モデルがついに発表!!

  6. セックスの同意は必要?関西の大学生らが、性的同意のチェックリストを作成

  7. 【ニュース】厳罰化だけでは足りない、ストーカーの実態

  8. 「10代少女の服を切った疑いで空自2尉を逮捕」というニュースから見る施設内防犯の対策

  9. 6/19のMoly’s防犯注意報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP