スズメバチやクマが多数出没!?防犯対策も大切だけど、獣害対策も!!

みなさん、だんだんと日中でも暑い日も少なくなってきて、秋という季節をやっと感じられる日が増えてきました。普段は、防犯対策や防犯グッズを主に紹介しているMoly.jpですが、今日は少し路線を変更してスズメバチの被害や獣害についてご紹介します。

まずは、スズメバチによる被害です。スズメバチは、場合によっては刺されると死に至る可能性のある危険な虫です。そして、そんなスズメバチが今年の秋は、例年に比べて大量発生しているそうです。

産経新聞によると、

秋の行楽シーズンにスズメバチ大量発生の恐れ 「黒いもの攻撃する習性」専門家が注意呼びかけ

                     画像出典:産経新聞

攻撃性が高く、何度も刺されると死に至る危険もあるスズメバチ。秋の行楽シーズンを迎え、山林などでスズメバチによる被害が出ている。今年は春の気温が高く梅雨が短かったため、生育環境に恵まれ大量発生している恐れがあり、専門家が注意を呼びかけている。(橋本昌宗)

「今年は例年以上に個体数が多くなる条件がそろっている」。スズメバチの生態に詳しい玉川大学の小野正人教授はこう危惧(きぐ)する。

スズメバチは4~5月に巣作りを開始。最初は女王蜂が巣作りや幼虫の産卵、孵化(ふか)後の餌やりなどを全て1匹で行う。気温が下がったり雨続きで餌がとれなかったりするとすぐ死んでしまい、蜂の巣が雨で流されることもある。

ただ、気象庁によると、東日本の今年4月の平均気温は平年より2.3度、5月も平年より1.1度高かった。このため巣作りが1~2週間早まり、巣を維持するのに欠かせない働き蜂の数も、梅雨の時期には例年より多かったとみられる。

さらに、今年は関東甲信地方で平年より2日早く梅雨入りし、22日も早く梅雨明けするなど、梅雨の期間自体も平年の半分ほど。巣への被害が比較的軽微で、多くのスズメバチが生き残った可能性がある。

小野教授は「秋は女王蜂が新たな女王蜂や雄蜂を産む時期。働き蜂も巣を守ろうと非常に攻撃的になる」と指摘。「木の空洞や土の中など思いがけない場所に巣を作ることもあり、注意が必要だ」と話す。

スズメバチは巣に近づく者を攻撃し、何度も刺されると血圧低下や呼吸困難、意識障害などの症状が出る「アナフィラキシーショック」を起こして死に至ることもある。

厚生労働省の人口動態調査では、平成29年にはスズメバチを含むハチが原因で13人が死亡。28年は19人、27年は23人が亡くなった。今年も今月8日、長野市内の山林でキノコ狩りの男性がスズメバチの群れに刺されて一時意識不明となり、様子を見に行った男性の母親も刺される被害が出た。

林業・木材製造業労働災害防止協会によると、スズメバチは黒いものを攻撃する習性があり、黒髪や黒いシャツ、カバンなども対象になるという。香水や整髪料の匂いにも敏感で近づいてくる可能性があるほか、ジュースの飲み口などに入り込むこともある。

同協会の担当者は「スズメバチを見つけたら目を伏せ、ゆっくり巣から遠ざかること。刺された場合は血圧が下がるので背負わず担架で運び、すぐに医師の診断を受ける必要がある」と注意を呼びかけている。

出典:産經新聞

 

上記の記事のように、今年の高温などの天候の影響でスズメバチが大量に発生しているとのことです。これからの季節、紅葉狩りのシーズンに突入していきます。林や森などの、木々が多いところに行く機会が増えるので、しっかりとスズメバチの対策をしておきましょう。

また、Molyでは毎日各都道府県の行政から不審者事案などの情報を得ているのですが、その中には獣害の情報も入っています。9月10月に入って、その獣害情報が増えています。サルやイノシシ、クマなどたくさんの動物が各地で目撃されています。クマなどは、冬眠に備えて夏に山を下りて食料を探しにきています。食料を調達して何事もなく山に戻ってくれればいいのですが、人間と遭遇してしまうととても危険です。

秋は「食欲の秋」というほど、美味しい食べ物が多いです。キノコ類や山菜などを山に採りに行かれる方は、特に注意をしてください。

また、山だけではなく稀に動物たちは町にも下りてきてしまうこともあります。ですので、動物たちに遭遇したときの対策もしっかりとチェックしておきましょう!

Moly.jpではクマ対策についての記事をご紹介しているので、合わせてお読みください!
いざという時に被害にあわないためのクマ対策! 夏は山からクマが下りてくる?

 

関連記事

  1. 電車で泥酔した女性を連れ去り監禁。自分の飲酒時のリミットを再確認しましょう!

  2. 7/25 西日本はつきまといに要警戒!

  3. 8/23 卑猥な声かけからの痴漢に注意!!

  4. 小学生向け、性被害時の相談窓口先を警察庁がお知らせ!!

  5. 【6月9日の事件】のぞみ265号殺人事件から1年。密室である新幹線での防犯とは

  6. 【速報】改正ストーカー規制法全面施行へ…ストーカー行為罪も非親告罪化!?警告経ず禁止命令…

  7. 【今日の事件簿】日本刑事史上まれに見る大量処刑?「二・二六事件」とは

  8. 7/19 東北地方は露出狂に、中部は卑猥な声かけに注意

  9. Moly.jpがECサイト「Moly Collection」をOPEN

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP