Twitterの「いいね」機能が廃止に?過剰なSNSの投稿に要注意!

今年の流行語になるのではないかと勝手に思っている「インスタ映え」という言葉ですが、みなさんは聞いたことがありますか?

今年は特に、インスタ映えという言葉をニュースなどでも多く目にします。インスタ映えとは、ひときわ見映えの良い写真や動画で、多く「いいね」がもらえるような投稿のことですが、このインスタ映えの投稿を狙った問題も多く報告されています。

その問題の例として、インスタ映えのために立ち入り禁止区域に侵入をしたり、インスタ映えしそうな食品を買い、写真を撮るだけ撮って破棄をしてしまう、といった問題があります。
なぜこういった行動に繋がってしまうのでしょうか。これはTwitterやInstagramにある「いいね」という機能に人々が過剰に反応してしまっているからではないでしょうか。

今日は、このようなニュースを見つけました。
HUFFPOST日本版編集部によると、

Twitterから「いいね」ボタンを削除するとCEOが発言→会社側「まだ検討始めた段階だから」

ジャック・ドーシー氏はこのボタンに納得していないという
ハフポスト日本版編集部

Twitter社のCEOジャック・ドーシー氏が先週、Twitterの「いいね」機能を「近いうちに」削除すると発言した。社内向けイベントで述べたという。10月29日、テレグラフが報じた。

Twitterは2015年、それまでの星型アイコンを使った「お気に入り」からハート形の「いいね」ボタンに変更した。「いいね」が得られることで、Twitterユーザーはフォロワーからフィードバックを得られ、孤独感がなくなることを期待したためだった。

しかし、「いいね」ボタンを押されることで、Twitterユーザーが自分の投稿に支持を求めて、ソーシャルメディア中毒になっている可能性があることが、心理学者から指摘されていた。

ドーシー氏は先週のイベントで、このボタンに納得していないと言及。「近いうちに」取り除くと述べたという。

Twitter社は29日、公式アカウントでこの報道についてコメント。「すべてのことを再検討中だ」などとツイートした。

「これまで述べてきたとおり、私たちは健全な会話を促すために、サービスに関するすべての仕様について再検討しています。それには、いいねボタンも含まれます。私たちは取り組みの初期段階におり、今後のことを、今、共有する予定はありません」

なお、Twitterは2018年3月、ツイートを保存して後で読めるように「ブックマーク」機能を導入した。

出典:HUFFPOST日本版編集部

上記の記事によると、「いいね」ボタンを削除するといった話はまだ社内での発言であって、まだ検討段階だということですが、みなさんはこの機能がなくなることをどう思いますか?

私、個人の意見としては「いいね」機能がなくなっても良いと思っています。自分が体験をしたことを、SNSに発信するのは個人の自由ですし、それが悪いとも思いませんが「いいね」の数を気にし過ぎてしまう人が実際にいるのも確かです。「いいね」が欲しくて、他の人に迷惑をかけたとしたら、投稿自体は素敵に見えるかもしれませんが、その背景は素敵ではないからです。また、「いいね」欲しさに自分自身のことを過剰にさらけ出してしまっている人も中には見受けられます。

現代のインターネット社会において、個人をさらけ出しすぎることは危険です。気づかぬうちに、犯罪に巻き込まれてしまうといったこともあります。

実際にTwitterがこの機能を削除するかはまだ決まっていませんが、このニュースを読んだ機会に、今一度SNSの利用の仕方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

Moly.jpでは女性のための完全防犯マニュアルを公開しています!ぜひ、一緒にチェックしてみてください。
また、SNSの投稿時の注意についての記事もご紹介しているので、合わせてお読みくだいさい。

 

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 忘年会シーズンの夜間の運転は、泥酔している人に注意しましょう!

  2. 6/28 東日本は公然わいせつ!西日本は痴漢に注意!!

  3. 【今日の事件簿】家族が殺されても死刑に反対?銀座弁護士妻子殺人事件とは

  4. 飲み会シーズン真っ只中!お酒の席や帰り道で気をつけるべきコト特集!!

  5. 【今日の事件簿】兄が妹を…兄弟の間で一体何が?「渋谷区短大生切断遺体事件」とは

  6. 性犯罪被害者の心身の負担を最小限にする支援医療施設が増加

  7. 【今日の事件簿】8人も殺害したのに死刑囚が恩赦で出獄?「和歌山一家8人殺害事件」とは

  8. 強制わいせつ容疑で警視庁機動隊員を逮捕

  9. 「パパ活」の次は「ママ活」が流行?SNSで「ママ活」を呼びかけて、男子高校生が補導

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP