お祭りは『3ステップのポシェット大作戦」でヒトクセ持とう!

今日は何の日?『赤穂義祭』の日

本日は12月14日。「四十七士討ち入りの日」です。大晦日によくテレビで目にした赤穂浪士の討ち入りの日が本日なんですね。

雪降る夜に大石倉之助が47人と共に吉良邸へ討ち入るシーンはとても有名で、昭和時代の大晦日の夜には恒例のドラマでした。

昨今の大晦日はお笑い番組をよく目にするものの、大石内蔵助のあの名シーンは影を潜めてしまい、寂しい限りです。

それでも地元、兵庫県赤穂市は違います。

本日は「四十七士討ち入りの日」なので、通りをパレードする「赤穂浪士祭(あこうぎしさい)」が赤穂市では開催されています。

来場者数は約6万2000人(2017年)。毎年有名人をゲストに迎えており、2018年のゲストは俳優の高橋英樹さんです。

たくさんの人が通りに溢れ、高橋さんの凛々しい内蔵助に目を奪われている女性の方たちがいっぱい。

でも、ちょっと待ってください。お持ちのバッグは?お財布は?大丈夫ですか?

「スリ防止は3ステップのポシェット大作戦でヒトクセ持とう!」

一目見ようと我先に押しかける人の群れはスリの独壇場です。

スッてくださいと言わんばかりの肩掛けポシェットをただ肩から無防備にブラーンとぶら下げてはいませんか?

たまに人と人の間に挟まって、グイグイ引っ張ってる方なんかも見かけますよね。

こういった人混みでもお財布は持ち歩かなければいけません。

ではどうやって持ち歩くのか?

人混みでは「3ステップのポシェット大作戦」が有効です!

バッグはいつもの肩掛けのポシェットで構いません

ただし、ボタンで閉じるタイプではなく、チャックで閉じるポシェットにしましょう。

そしてポシェットは反転させましょう

裏が人に見える形です。ずっとではありません。人混みにいる間だけで結構です。そうすることによって、スリがポシェットの手前からチャックを引こうとしたときに、チャックが引けない状態となります。
通常、ポシェットは開けやすいように、手前からチャックを引くように作られています。スリは目視せずとも感覚で動きます。そこを逆手にとって、ポシェットを返すのです。

肩からのポシェットの紐は短めにしましょう

紐がやわらかく結べたら、結んでポシェットを腰のあたりで手で押さえられるようにして下さい。

「スリがヒトクセを嫌うただ1つだけの理由」

こうして、「3ステップのポシェット大作戦」でお財布を守りましょう。ほんのちょっとした手間というものをスリは嫌います。何故なら、彼らの仕事は一瞬で終わらせるべき仕事だからです。少しでもモタついたら、すぐにあきらめます。次の獲物はすぐ隣。いくらでもいるのでこだわる必要がありません。ですから、こうした人混みでは、私たちはヒトクセさえ持てば、スリからお財布を守ることが出来るのです。

執筆者:Moly編集部

関連記事

  1. 8/2 後方の人影には要警戒!!

  2. トイレで用をたす男子の姿を盗撮した容疑で男を逮捕…盗撮は女子だけが遭うわけじゃない!?

  3. まさか夢の国で犯罪が横行? 盗撮被害にご用心!

  4. 台風24号に列島縦断に要警戒、接近前から大雨も!集中豪雨から身を守る対策を!

  5. 朝日新聞編集幹部の人が知人女性に不適切な言動

  6. 【今日の事件簿】校庭に机を447個並べた目的はなに?机「9」文字事件とは

  7. 女風呂でも防犯が必要!?ホテルの女性風呂での痴漢被害が発生!!

  8. エレベーター用の0円防犯カメラが登場!エレベーターがより安全に!

  9. 仙台の警官刺殺事件から考える、通り魔への対策について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP