【要注意】冬休み中の交通事故に気をつけて!子どもの外出時に心がけるコト

メリークリスマス!

今朝はドキドキしながら目を覚ました人も多いかと思います。
3連休はとても冷え込んでいましたが、街中がクリスマスムードでなんとなく暖かかったように思います。

今日はいつもと少し内容を変えて、女性向けの対策ではなく、子ども向けの対策についてご紹介します!

先週末は幼稚園や小学校が、今週は中学校や高校が冬休みに入るかと思いますが、12月に入って、子どもが巻き込まれる交通事故が多発しています。今日は、子どもが交通事故に巻き込まれないように、外出時の心構えについてお伝えします。

 

①夏と冬では道暗さは大違い!
冬に入り、日没時間が早くなりました。先日も一年で一番日が短い冬至を迎えました。冬場は、日没時間が早くなる、つまり外が暗くなるのが早くなります。

そのため、時間でいうと早い時間帯であっても、すっかり暗くなっています。
夏場と同じような時間帯まで遊んでいると、帰る頃には、真っ暗です。

そのため、帰り時間にも十分に気をつけなければいけません。同じ17時でも夏と冬とでは外の景色が全く違います。遊ぶ時間は少なくなってしまいますが、できるだけ明るいうちに帰るようにしましょう。

 

②大きな車とは距離をとる!

年末にかけて運送業のトラックなど大型の車が多く行き来しています。トラックやバスなどの大きな車から、子どもはとても見えづらいです。

大型の車の近くを通る時は、車との距離をできるだけ多くとるか、車が通り過ぎるのを待つようにして、大型車を避けましょう。

 

③青信号でも必ず右・左・右!

青信号だからといって、必ず安全に道路を渡れる訳ではありません。
道路を渡る際には、必ず「右・左・右」をしっかりと確認してから渡りましょう。

信号の変わり目「青から赤に」と「赤から青に」は特に危険です。
全てのドライバーがしっかりと黄信号で止まったり、青信号になってから発進するとは限りません。青になるから飛び出したり、もう少しで赤だから走って渡って渡るなど、確認不足から事故に繋がることがあります。

 

以上のポイントをお子さんが出かける際、またはお子さんと出かける際にしっかりと気をつけてください!

また、事故防止のグッズとしては反射板が付いたキーホルダーや帽子などを活用すると車などから確認しやすいので、ぜひお子さんの身につけるものに取り付けてください。

そして、暗いときは事故と同様に防犯にも特に気をつけなければいけません。
今一度お子さんの行き先の伝達方法、防犯ブザーの携帯、「いかのおすし」をご家庭で一緒に確認しましょう。

 

冬休みや、クリスマス・年末年始とイベントが盛りだくさんです。
プレゼントやお年玉をもらうと気分もウキウキします。
楽しい気分で過ごせるようにするためにも、しっかりと交通事故防止&防犯対策をしましょう!!!

 

関連記事

  1. 8/29 浴室だけじゃない!脱衣所の隙間も要注意!!

  2. 7/31 こどもへの車からの声かけに注意

  3. 事故と防犯対策の一石二鳥!?移動式オービスが大活躍中!

  4. 【必読】「レイプ・カルチャー」という言葉、知っていますか? 性犯罪の被害者を苦しめないために。

  5. SNSのツイートに警察から返信?愛知県警の新たなる性犯罪対策!

  6. 8/16 関西地方は露出狂に要注意!!

  7. 【今日の事件簿】教授の思いやりが仇に?「中央大学教授刺殺事件」とは

  8. 児童ポルノの被害者は7割以上が中高生!!SNSに潜む危険性とは?

  9. 台風時を狙った連続窃盗が発生…災害時だからこそ気をつけたい防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP