【初連載企画】初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その①エリア選び

祝!大学受験合格!でほっとしたのもつかの間、春から一人暮らしする娘のために、部屋探しをすることになった母です。イマイチしっかりしてない娘は、果たして新居での生活を無事に始められるのでしょうか?第一回目は住むエリアを決めていきます。

 

 

【住むエリアについて】

horizontal shot of colorful pins marking different traveling locations on map.

娘の行く大学に通ていて一人暮らしをしている学生は、主に3つのエリアに住んでいるそうです。(保護者説明会情報)

①大学近辺 

   田舎の田園地帯に広いキャンパスを構える大学のそばには、通称『大学村』という下宿や寮の集まる集落があり、学校から紹介してもらえる部屋は大抵ここに集まっています。

密集した住宅街です。最寄駅から大学まで送迎バスがありますが、駅と大学村の間には広大な田畑が広がっています。田んぼの真ん中にぽつんとスーパーあり。

②大学最寄り駅近辺 

 駅前にちいさな食料品店があるだけの、住宅街の中の駅です。コンビニもかなり遠く、生活するのに不便そう。住宅街から一歩出るとそこは田園地帯と、里山や池に囲まれた自然豊かな地域です。

③繁華街 

 大学最寄り駅から電車で30分の市の中心です。オフィス街とデパート、ショッピングモールが立ち並ぶ眠らない街。バイト先には不自由しませんが、治安が少々心配です。

●●●
母みちこ

大学の紹介している下宿はどう?大家さんが近くにいたら安心じゃない?

●●●
娘ちか

大学の送迎バスは夕方で終わるから、バイトが終わってから30分も歩くのやだ。繁華街がいいよ。いろいろ便利だし。

●●●
母みちこ

大学の紹介している下宿はどう?大家さんが近くにいたら安心じゃない?

●●●
娘ちか

大学の送迎バスは夕方で終わるから、バイトが終わってから30分も歩くのやだ。繁華街がいいよ。いろいろ便利だし。

●●●
母みちこ

せっかくですが、うちの予算内で住める部屋は、主要駅からかなり遠いか、すごく古くて狭いか、どちらかになりますけど?

●●●
娘ちか

えー。おしゃれな部屋で大学デビューしたいのに・・・。

●●●
母みちこ

家賃も安いから学校近辺がいいんだけど、バイトができるようなところもなさそうだし、最寄り駅近辺で探そうか。

●●●
娘ちか

でも、駅の周りはなんにもないよ。コンビニがないと生きていく自信がない。

●●●
母みちこ

うーん。どうしようか?

ただ、家と学校を往復するだけの生活なら、大学近辺が一番良いと思いますが、バイトをしたり出かけたりするには、途中の田園地帯が気になります。

街灯も少なく、人通りがあるかどうかはGoogle mapではわかりませんが、深夜に一人でこの道を歩くのは、犯罪を呼び寄せるようなもの。絶対に避けたいところです。

その点、最寄り駅付近は住宅街なので街灯も多く、良い街だと思いますが、スーパーやコンビニが遠く、娘は不満そうです。

繁華街は家賃の相場も高く予算オーバーです。また、オフィスやお店が閉まってからは人が少なくなり(または酔っ払いが多くなり)これも心配要因です。そもそも若い娘がにぎやかな都会で一人暮らしするなんて危険に決まっている!・・・というのは母の思い込みですが。

Google mapで付近を探索していると、ふと隣の駅のまわりが栄えていることに気が付きました。大手スーパーやホームセンターに銀行、結構大きな街です。民家も立ち並び、人通りも多そう。一駅だけ電車に乗って通学し、バイトは繁華街に行くことになったとしても、駅の近くなら安全かも・・・。

ここに狙いを定め、部屋を探すことにしました。

【不動産業者を決める】

Young woman selling real estate

ネットで賃貸情報を検索し、予算や間取りや立地でいくつかの候補を決め、次は不動産業者を決めます。

ネットの普及で、今はどの不動産屋でも他社の扱う物件を紹介することができるので、実質、どこの店でも情報量は大差がありません。

不動産業者は個人情報を躊躇なく提供してしまうところです。安全かどうかを判断するのは大変難しいですが、訪問予約をするときの電話応対や不動産業者のHP・口コミなどでよさそうなところを探しましょう。また不動産業者を選ぶひとつの基準として、『免許番号』というものがあります。

〇〇県知事(1)第△△△号  

で、( )の中の数字が、免許の更新回数です。数字が大きいほど老舗ということになります。ただ、古くから営業しているからといって、悪徳不動産屋ではない。ということではありません。気に入らないところをしつこく勧められたり、すぐに契約させようとするなら、申し込みを断って店を出ましょう。

【まとめ ~今回のポイント~】

①住むエリアを選ぶ時は、家の周りだけでなく生活圏内に危ないところがないか調べます。人通りが極端に少ないところは要注意。

②時間帯によって危険度が変わるところがあります。深夜遅くに帰宅する場合のことも考慮に入れてください。

③出来るだけ信頼できる不動産業者を選びましょう。部屋の情報とともに、不動産業者の情報も一緒に集めましょう。


Moly編集部

関連記事

  1. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その⑤お部屋決定。家のまわりを散歩する

  2. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記 その⑩自転車について

  3. 【実験】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので騙されてみた(前編)

  4. “ホンマでっか!?TV”で語られなかった裏話と+αの対策とは

  5. 【実験】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので騙されてみた(中編)

  6. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その③部屋を見に行く<ご近所編> 

  7. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その②不動産屋さんの話

  8. 【ホンダ!ナガトーモ!】もうすぐ夏休み!ローマで遭遇する「ナガトモおじさん」には気をつけろ!!

  9. 【実録】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので対応してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP