気持ち悪い露出魔の被害を最小限に食い止めるために気を付けること

露出魔とは?

インターネット辞典によると、露出魔とは「自ら裸体を晒すことを好む性的倒錯者」と定義されています。

性的嗜好として、自分の裸を人目にさらすことを好む人を指します。

外国のヌーディストビーチなどで、裸で日光浴をしている人は、自分の裸を人目にさらしてはいますが、ビタミンDを効率的に作り出そうとしているか、小麦色の肌を手に入れようとしているか、といった理由でしょうから、露出魔にはなりません。

同様に、何らかの抗議行動として全裸で通りを走るストリーキング行為も、露出魔には当たらないでしょう。

露出魔は犯罪?

2009年のことになりますが、アイドルが泥酔して全裸になり、夜中の公園で騒いでいて、公然わいせつ罪で逮捕されたという事件がありました。

真夜中なのに公然わいせつでもないだろうと思われるかもしれませんが、公園という公共の場で、全裸になり、声を出していたために、不特定多数の人が見る可能性があると判断されたようです。

家の中を裸で歩いていても、公然わいせつになりませんが、公然わいせつと判断されると、痴漢などと同様、犯罪となります。

 

軽犯罪法には、露出に関する条項があります。第1条の20項です。

「公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者」は「拘留または科料に処する」

人々が見て嫌だと思う身体の一部を露出した場合、罪に問われます。軽犯罪法が施行されたのは、1948年、70年以上前のことになります。

当時は、太ももも、現代の性器と同様、他人に見せてよいものではなかったようです。今では、ショートパンツをはいて、太ももをさらして歩いている姿は、夏にはよく見られる光景です。

それだけであれば、「みだりに露出」と判断されることはまずありません。

 

刑法第174条には次のような規定があります。

「公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」刑法的なわいせつは、性欲を刺激して、普通の人がもつ正常な性的羞恥心を害したり、性的道義観に反したりする行為です。人前で性器を露出して自慰行為をする、といった行為は、公然わいせつ罪になります。

 

露出魔にあってしまった時の対策

露出魔は突然現れて、コートの前を開けて、全裸をさらすというイメージがあります。確かに、突然目の前に出現されると、どうしようもありません。

そういった時には、反応を示さず、無視するのが一番ききます。露出魔の中には、見せるターゲットを決めて尾行し、スキをついて、露出するタイプがいます。そういった場合には、途中でつけられていると思っ

たところで対策をとれば、露出魔の裏をかけます。

 

①携帯電話で話さない

携帯電話で話しながら歩いていると、周囲の状況に目が届きにくく、警戒心がないように思われます。

携帯電話で話している時に、不審な人物が近づいてくるのに気づいた場合、電話の相手に、その情報を伝えましょう。

②コンビニなどに避難する

コンビニなど、夜でも開いているお店に入ると、とりあえず、安全です。お店の近くで、相手が待っている様子だったら、店員さんに相談してみましょう。

話をするふりだけでも、店の外にいる犯罪者にはわかりません。言いつけられたと思って、諦めるかもしれません。

③明るい道こそ要注意

明るい道は、安全に思えますが、安心している分、尾行に気づけないかもしれません。

つけられて、人通りの少ない暗い道に入った瞬間に、露出されてしまう可能性があります。

④立ち止まってみる

尾行している人を困らせるのが、急な立ち止まりだそうです。合わせて立ち止まると、尾行がばれてしまいます、追い抜くと尾行になりません。

不審者に尾行されている感じがしたら、人通りがある所で、立ち止まってみてください。うしろの人が、立ち止まって何かし始めたら、要注意です。

⑤元来た道を戻る

立ち止まってみたら、怪しい人がいる、という場合には、元来た道を戻ってみましょう。

怪しい人でなければ、ついてこないはずですし、怪しい人でも、そのまま尾行を続けたら、ばれてしまうのは明らかですから、諦めるはずです。

⑥声を上げる。

それでもついてくる人がいたら、それは露出魔か痴漢かストーカーの可能性が高い人です。人通りがある所で、「なぜついてくるの?」と大声で尋ねてみましょう。

しらばっくれられるかもしれませんが、そこで諦めてくれたら、被害に遭わなくてすみます。自分が声をあげられない場合には、防犯ブザーなどを見せるだけでも、効果はあるかもしれません。

⑦助けを呼ぶ

声をあげられず、防犯ブザーもないという場合には、立ち止まったり方向転換したりしてもついてくる不審者を確認した時点で、警察を呼びましょう。

露出魔や痴漢は、病気ともいわれています。どうしてもあきらめない変質者は、警察の手にゆだねるのが一番です。

⑧露出されてしまったら無視する

露出されてしまった場合には、どんなに気持ちわるくても、無視して立ち去りましょう。

反応を見せることは、どんな反応であれ、露出魔に褒美を与えてしまうことになります。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

    【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

  2. あなたの街はどこにある? 防犯カメラと地域防犯対策

  3. 【注意】空港のエスカーレーターで遊んでいた男の子、転落して亡くなる

  4. 【意外と多い?】置き引きにあったら?知っておきたいその時の対処法とは

  5. こどもの安全をどう守るか?小学校で抑えるべき防犯対策のポイント

  6. 盗まずにはいられない! 窃盗症(クレプトマニア)とは

    あの元マラソン日本代表も苦しむ「窃盗症」とは?

  7. 女性がトップレス姿で自宅のリフォーム!?この後、どうなった??

  8. 警察官に防犯カメラ映像を見せてくれと頼まれたら?

  9. 【注意】バラの花束のはずが、ゴム手袋に。海外で起きた事件から知る“出会い系サイト”の危険度とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP