【被害にあわない】振り込め詐欺のニュースが横行!大事なのは逮捕する意識かも

振り込め詐欺の被害が横行していますが、なんでなかなか「根絶逮捕」のニュースがないのか不思議に思っている女性も多いでしょう。

振り込め詐欺の犯人は、そんなに犯罪を巧に行っているのでしょうか。

私達は私達として振り込め詐欺を注意するだけでなく、振り込め詐欺逮捕にどれだけ貢献出来るかということもそろそろ考える必要があるのかもしれません。

1.振り込め詐欺が逮捕されない理由

なんで振り込め詐欺根絶逮捕のニュースがもっと頻繁にテレビで流れてくれないのでしょうか。そのことにイライラし日々、様々なニュースを見ている人たちも多いことでしょう。

根絶逮捕されないから、なおさら振り込め詐欺のニュースが横行してしまうことになります。警察も頑張っているでしょうけど、警察と犯人は真っ昼間からいたちごっこをしているだけなのかもしれません。

振り込め詐欺を実際にしっかり注視すれば、驚くべき事実が2点見つけることができます。

1つ、振り込め詐欺の犯人からお金を受けとっている受け子という存在や、ATMからお金を引き出す出し子という存在は10代後半から20代前半の若い人たちであることです。

そしてニュースではあまりここまでは語られていないかもしれませんが、日本の若い犯人たちに指令を出しているのは中国や韓国に存在している組織なのです。

振り込め詐欺の事件がなかなか逮捕が難しい問題を抱えているのは、単純に若い人たちが思いつきで発想している訳ではなく、海外の組織がしっかり企み計画をたてているからということができます。

2.なんで若い人たちがそんなに振り込め詐欺に簡単に関与してしまうの?

しかし、若い人たちにも問題はあります。まあそのようなニュースを見れば、なんだって若い人たちがこんなにも簡単に振り込め詐欺の組織に手を差しだし関与してしまうのかも不思議に思ってしまうことでしょう。

若い人たちが犯罪に手を染めてしまうのは、中国や韓国の組織から直々に声がかかるというのではなく、身近にいる先輩からの誘いがほとんどと言います。

いま、学校を卒業後、地元でフリーターをしながらブラブラ生活をしている若い人たちって一杯いるので、振り込め詐欺の犯罪加担に、このような人たちがどうしてもターゲットになってしまうようです。

逮捕されすぐにニュースになってしまうような事件にはそれでも若い人たちは関与するとは言わないでしょう。しかし、若い人たちは、犯罪かそうでないかグレーソーンに存在しているものに対しては、お金を稼ぐことができるのなら乗り気になるでしょう。

おそらく振り込め詐欺という性質が、そのようなグレー部分を持っているような雰囲気を作り出しているのでしょう。もちろん振り込め詐欺はグレーではなく列記とした犯罪なのですが。

受け子や出し子の報酬は、騙すことがでれば、その金額の3%といい、更に上の日本のボスの存在があり、ボスは10%程度ではないかと言われています。

実際には、一日で数十万円稼ぐことができ、バイト感覚なら悪い額ではありませんよね。

3.若い人たちが加担しようと思う意識があればなかなか壊滅出来ない

これを読んでいるのが若い女性の人たちなら、あなたの側にも振り込め詐欺の犯罪に加担している知人がいるかもしれません。

振り込め詐欺を逮捕しても逮捕しても根絶出来ないのはそんな身近な人たちが振り込め詐欺のお手伝いをしているからという理由もあります。

振り込め詐欺被害のニュースもごくごく身近に感じられるかもしれませんが、逮捕される犯人たちも身近な存在なのです。

振り込め詐欺逮捕はごくごく遠い中国や韓国の組織の問題ではなく、身近に存在している人物のリンクを切ることができれば、根絶ではありませんが片付く問題とも言えるのではないでしょうか。中国や韓国が絡み国際事件となってしまっているからなかなか逮捕出来ないというのともちょっと違いもっと身近に出来ることがあるんです。

若い人たちは一番逮捕されてニュースで報道されてしまう可能性のある人たちなのに、3%程度の報酬でそれを引き受けてしまっているなんて、そもそも報酬もあまりにも安すぎなのに、日本の若い人たちはそれにも気付いていないようですね。

まず、ここで言いたい振り込め詐欺の対策として、振り込め詐欺に絶対に加担しないことです。近くの知り合いに加担させないことです。

4.振り込め詐欺逮捕の対策

ニュースでは、振り込め詐欺逮捕の対策ではなく、おおかた振り込め詐欺被害にあわない対策についてでしょう。

高齢者の方々は、自分の身を守ることで一杯一杯かもしれませんが、若い人たちなら詐欺被害に対してもう一歩進んで、逮捕に貢献する意識を持ってみてはいかがでしょうか。

振り込め詐欺のニュースを頻繁に見て、みなさんそれぞれ思うこともあるでしょう。私は振り込め詐欺にあってもニュースのように絶対に騙されることはないと思ってる人たちでも安易に振り込め詐欺被害にあってしまうことはあります。

しかし一方では、振り込め詐欺犯人に対して、「だまされたふり」をすれば逮捕に貢献することができます。 どこが違うのかといえば、やはり事件が起きた現場においてどれだけ冷静にいられるかです。

冷静に対応出来れば、振り込め詐欺に遭わない、さらに振り込め詐欺犯人を仕掛け、逮捕に追い込むことも出来るでしょう。

方法として振り込め詐欺の電話を受けたときには、相手の電話番号や現金の送り先、接触する日時、場所と言ったものをしっかり聞き出します。

そして警察に通報します。そのあと、「お金が用意出来た」と振り込め詐欺の犯人に電話をし口座を聞き出せば、口座を凍結することも可能は可能です。

捜査員は、更に現場で数人が待機してそこへのこのこやって来た犯人を逮捕することができます。そして、それが全国的ニュースとなって。

このような振り込め詐欺逮捕のニュースって、いつも、トカゲの尻尾のような性質を持っていて、犯人には「頼まれてやった」言われるだけで、おおもと部分を根絶出来ないまま、イライラ感も残り、振り込め詐欺自体の減少にも至ることができないと思うかもしれないですよね。振り込め詐欺の大元は、中国や韓国にあるのも事実です。

確かに、このようなことって虚しいトカゲの尻尾という感じもあります。しかし女性たちは、それでも振り込め詐欺逮捕の対策について考えることには意味があります。

そのようなことをしている女性が多いということが大々的にニュースで報道されることによって海外まで届かないにしても、すぐに側にいる若い犯人たちには届き、振り込め詐欺をしてもすぐに逮捕されてニュース報道されてしまいこの程度のお金をもらうのでは割が合わないと思い行動をおこすことをやめてしまうでしょう。

若い人たちが加担しない思いで、中国や韓国の組織で日本で活動するためのパイプを切ることができます。

4.振り込め詐欺が身近な事件の理由

いかがでしょうか。振り込め詐欺被害に対して視点を変えてみれば、いろいろ見えて来るものがあります。

ただ高齢者の方々にお願いする振り込め詐欺にひっかからないという対策も大事なことですが、一歩踏み込んで、それぞれの女性たちが振り込め詐欺を逮捕する意識を持ってみてはどうでしょうか。

一人一人に大きなことは出来ないかもしれませんが、多くの人たちがそのような姿勢でいればそこに振り込め詐欺をさせない抑止力を持たせることができます。まさにそれが振り込め詐欺の対策と言えるのではないでしょうか。

5.まとめ

頻繁にニュースで報道される振り込め詐欺被害。高齢者の方々が騙されて、若い人たちが受け子となり駆け回るなかなか減少しない被害は、振り込め詐欺を騙されたふりをする。

抑止力を持たせる。受け子に加担しない、ことによって少しずつ問題解決して行くことができます。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 全国の防犯に関するポスターを分析してみよう

  2. 【女性必見】護身術。何かあった時では遅い、今日から実践できる護身術&護身グッズ。

    【女性必見】護身術!何かあったときでは遅い、今日から実践できる護身術&護身グッズ

  3. 窃盗症って一体どんな病気?

  4. 盗聴されてるかもと思った時に調べてみるべきこと

    初心者でも簡単に見つかる!?自分の家に潜む盗聴器の発見方法

  5. 性犯罪のなかで冤罪が多い「痴漢」。痴漢されたと疑われたときの対処法と防止策

  6. 【エスカレーターの日】その立ち方、盗撮犯に狙われているかも!?

  7. 窃盗の手口を知って所持品を泥棒から守ろう

  8. 【斬新】男性の影で侵入を防止する!世界中で話題になったアイデアとは?

  9. 【防犯対策】犯罪抑止効果を発揮する宅配ボックスの選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP