ぱらぱら漫画で防犯対策法を伝える大阪の「漫画家」警察官

 

みなさん、普段読み物の新聞やチラシなどを見る際に、一番最初に何が目につきますか?

私自身でいうと、読み物にもし写真やイラストがあった場合は、先にそれらに目が惹きつけられます。

文字に目を通すのはそれらを見たあとですが、だいたいの場合、文字が多いと少し読むのが億劫になってしまうことがあります。

 

写真やイラストを見る方が見やすいですし、内容もわかりやすかったりすることがあります。

ましてや、ちょっとお堅い内容などだとなおさら、文字だけ読むのは…

ということもあると思います。

 

そんな今回ご紹介するのは、防犯対策でもグッズでもなくパラパラ漫画を描く大阪府警の警察官の方です!

 

こちらの警察官の方は、もともとプロの漫画家を夢見て挑んだのですが、挫折をし、警察官になりました。

 

しかし、現在はその漫画の腕前を活かし、「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」などの特殊詐欺をテーマとして軽妙なタッチでパラパラ漫画の動画を梅田阪急ビルで上映しているそうです。

 

かつて諦めた夢を、今は違う形で、地域の人たちに届ける。

とても素晴らしい試みですし、パラパラ漫画という形で説明してもらうと、特殊詐欺も身近に感じることができると期待できますね!

 

今後は、大阪府警だけでなく、このパラパラ漫画が他の地域でも見られるように、

そして特殊詐欺だけでなく、女性に対する防犯対策なども漫画で描いてもらえると嬉しいと思います!!

 

パラパラ漫画で街の防犯を かつての夢生かす警察官

http://www.asahi.com/articles/ASK212Q96K21PTIL005.html

(外部サイト 朝日新聞へ移動)

関連記事

  1. 【犯罪被害者週間】確認しておきたい、被害者支援機関について

  2. 子どもにも教えたい防犯対策の合言葉「いかのおすし」

  3. 朝日新聞編集幹部の人が知人女性に不適切な言動

  4. 7/20 関西方面はつきまとい盗撮に注意!?

  5. 女性のSNSの利用方法に警鐘!?エスカレートすると性犯罪や詐欺に巻き込まれる可能性も

  6. 7/11 要注意!首都圏で痴漢が多発!!

  7. 「アフターピルを譲ります!」SNS上で広がるやり取りから見る、性教育の必要性

  8. ネットのいじめが過去最多に。お子さんのネット利用状況は把握できていますか?

  9. 被害者の瞳とスマホに残された証拠から犯人逮捕!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP