自転車の防犯登録って必要!?防犯登録のやり方を徹底紹介

自転車は防犯登録が必要なことをご存知でしょうか。ネット購入の人が防犯登録を忘れてしまいトラブルに巻き込まれることも。

このページでは自転車の防犯登録について詳しく紹介します。

 

防犯登録の必要性

自転車に乗っている人にとっては、防犯登録は当たり前に思うかもしれませんが、中にはネットで購入したものをそのまま乗ってはいけないの?

そもそも防犯登録って任意でするものではないの? と思っている人もいるでしょう。

防犯登録は必ずしなければいけません

自転車の利用者に向けた法律 “自転車の安全利用の促進及び自転車等の注射対策の総合的推進に関する法律”の第12条第3項で定められています。

そのため、自転車を利用する人はどのようなことがあっても防犯登録を必ず行う必要があります。

防犯登録をしていないものは、法律違反の自転車になります。自分が購入した自転車でさえ盗難した自転車として見られる可能性があるため登録をする必要があります。

ここからは、防犯登録の方法を簡単にまとめて紹介していきます。ぜひ、これから自転車を購入しようと検討している方は参考にしてください。

防犯登録の方法

自転車の防犯登録には、大きく分けて3つの方法での登録方法があります。それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

①お店で購入

自転車屋さんで購入する場合の登録です。この場合は、お店で購入すると必ず手続きをすることになるので、登録を忘れてしまうことはありません。

この購入方法であれば簡単に登録が可能です。登録するための登録料として500円程度かかりますが、記載するだけで購入が完了するので手間が省けます。

しかも、お店で購入することで、お店を出てからすぐに乗ることが可能です。確実に防犯登録をしたければお店で購入しましょう。

 

②ネットで購入

インターネットで自転車を購入した人もいるでしょう。

インターネットの場合は購入しても防犯登録の手続きをしてもらうことができません。

その理由は、防犯登録はその地方によって異なるためです。購入して家に自転車が届いたら必ず防犯登録の手続きをしましょう。

防犯登録は基本的に、自転車屋さんやホームセンターで登録することができます。購入した自転車を持ち込んで登録をしてもらうことになります。この時自転車の保証書や身分証明書が必要になるので、必ず持参していきましょう。

お店によっては防犯登録を断られる場合があります。それは、購入した自転車が盗難車の可能性があるかもしれないためです。もし、盗難車を防犯登録してしまうとお店の責任になってしまいますので、責任を回避するために防犯登録を受け付けないということがあります。

 

必ずネットで購入をする時は近隣のお店に持ち込みで防犯登録を受け付けてくれるお店があるかを確認しましょう。

ネットで購入するお店も、実績が信頼のあるようなお店から購入するようにしてください。フリマアプリで手に入れた自転車はトラブルに巻き込まれる可能性があるので、購入を避けるようにしましょう。

 

③他人からもらった場合

他人がいらなくなった自転車をもらった時も、防犯登録が必要です。

所有者の名前で防犯登録されているので、このまま自転車に乗っていると盗難車を乗っていると思われてもおかしくありません。

 

他人からもらった自転車の場合も、登録できるお店に持ち込む点は同じですが以前の所有者の登録カードが必要です。このカードが無ければ登録をしてもらえないので気をつけましょう。

万が一、前の所有者が登録カードを紛失しているのであれば、譲渡したことがわかる証明書を作成してもらいましょう。これらの書類と身分証明書を持参していけば、登録してもらうことが可能です。

 

④姓が変わる場合

結婚して、姓が変わってしまったという人もいますよね。

このような場合でも、以前防犯登録をしていても再度する必要があります。必要な書類は他人に渡す時とほぼ同じですが、家族同士でもこの防犯登録の手続きが必要なので、お父さんやお母さんのいらなくなった自転車をもらう時は、自転車登録にも気をつけてください。

 

⑤廃車や人にゆずるをする時はどうする?

登録だけでなく、自転車を廃車させる、他人に譲る場合でも手続きが必要です。

この時は抹消手続きというものが必要です。この時は、自分のものであることを証明するために身分証明証が必要なので、必ず持参して手続きをしましょう。

 

気をつけること

自転車に初めて乗る時は、防犯登録が必ず必要になるので、抹消登録をしているのか、防犯登録をどこでするのかを考えた上で自転車を購入しましょう。

また、犯罪に巻き込まれないためにも、フリマアプリで購入するのではなく正規店で安全な自転車を購入してください。

また、友人の自転車を借りて走っていると警察に呼び止められることもあります。この時事情説明をしなければいけなくなるので、極力避けましょう。

4.まとめ

自転車は、女性にとって簡単に移動ができる必要不可欠なツールです。安全に乗りこなすためにも、防犯登録の知識を正しく理解した上で利用するようにしましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 網棚は危険? 安心して荷物を置ける場所とは

    電車の網棚に乗せたカバンが堂々と置き引きに!徹底置き引き対策!!

  2. 鍵を持ち歩くのはもう古い!?今はスマホで解除できるオートロック時代!

  3. 一人暮らしは要注意!カギの紛失から起こる犯罪と、広がる被害!!

  4. 不審な人物の最新情報に注意して、みんなで正しく防犯対策!

  5. 地域住民で協力して防犯情報を収集すれば効果的な防犯対策ができる!

  6. 【夏休み】子どもが犯罪に巻き込まれないための防犯対策

  7. コンビニが地域の防犯パトロールの拠点になる?

  8. 【まるで芸術】 巧妙で素早い手口が描かれたスリ映画4選。世界最高の天才スリ師が提案する防止策とは

  9. バルコニーのカギも防犯対策バッチリ!? 〜確認しておきたいチェック項目〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP