防犯カメラを設置するのにどれくらいお金が必要?

泥棒対策に有効な防犯カメラ。玄関先やベランダに設置すれば「悪さをしてもすべて記録しているんだぞ」と泥棒を威圧できるので防犯効果がとても高いです。

けれど防犯カメラを設置するにもお金がかかる。高いんじゃないの?と思う人もいるでしょう。設置を検討しているけど、あまりに高いと躊躇ってしまう、と言う人のために、ここでは防犯カメラの費用について紹介します。

お金だけで考えるのはナンセンス

人はとかく「安い・高い」でモノの値段を判断しがち。確かに間違ってはいませんが、払うお金に見合うだけの価値がそのモノにあるかまで考える必要があります。

高価なタイプはそれだけ性能も高く、遠方まで鮮明に記録できます。一方安価なものはリーズナブルですが、撮影範囲が狭い・画質が不鮮明など不満が残ることも。

カメラを設置する目的は「不審者およびその行為を記録する」ことですから、多少高くても目的を確実に達成できるものを買わなければ意味がありません。

また、設置を個人でおこなうか業者に依頼するかでも費用は大きく変わります。こちらも考え方は同じ。先の目的を達成できるような位置や角度で取り付けられるのなら前者を、自力での設置は難しいならば後者を選ぶべきです。

具体的にかかるお金は

まずは防犯カメラそのものの値段から紹介します。

防犯カメラと言っても種類はさまざま。多機能かそうでないかでも大きく変わりますが、安価な物であれば1万円以下で手に入ります。ただ、あまりに安いと画質が不鮮明など不満の残る場合もあり、防犯カメラ本来の目的である「監視」機能を果たしません。

3万~5万程度の価格帯ならば機能も画質も申し分ありません。これを高いと見る向きもありますが、実際に犯罪被害に遭った際の損害を考えれば決して高い買い物ではないのでしょうか。

次に設置費用。自身で取りつけるならまったく費用はかかりません。が、角度調節がうまくいかなかったりするなど不具合も起こるため、よほど自身があると言う場合以外では業者に依頼する方が良いでしょう。

設置費用は業者によって異なりますが、1台当たり3~10万円が相場です。人件費や配線作業、カメラの初期設定、その他諸々込みの値段なのでどの業者が安いかを事前にしっかり調べる必要があります。

ぼったくり業者に頼んでしまうと数十万円と極めて高額を請求されかねません。ネットで業者の評判を良く調べた上で慎重に決めましょう。

ネットで購入できるタイプのカメラは比較的安価なケースが多いですが、2,3年程度しか持たなかったり、すぐに壊れてしまったりなどの不具合が起こりやすいです。

ちょっとの衝撃で内部基盤やデータがダメになることもあるため、防犯・耐久両面で心配が残ります。海外製の商品には特に気をつけましょう。

防犯カメラの種類

いわゆる防犯カメラと普段呼んでいるカメラは、大きく分けて2種類あります。

①監視カメラ

店内や玄関、ベランダ、駐車場などに設置するタイプ。有線接続およびワイヤレス接続があり、配線できる環境かどうかによっていずれかを決めます。

ほとんどの防犯カメラには録画機能がないため、外付けハードディスクなどと接続が必要です。

②ネットワークカメラ

外出先から自宅内の様子を知りたい人におすすめのタイプ。自宅のインターネット回線に接続するだけでよく、暗闇でも鮮明に撮影できるなど一般的な防犯カメラより優れた性能を備えています。

デザインで決める

防犯カメラはボックス型とドーム型に分けられます。

①ボックス型

存在感があり、不審者に威圧感を与えることができます。またドーム型よりコンパクトなので設置場所を限定しません。

固定した場所をピンポイントで撮影したい人におすすめです。

②ドーム型

照明器具のようなデザインなので威圧感がなく、カメラとは気付かれにくいのがメリット。広角レンズを採用しておりボックス型より広範囲を撮影できます。

設置後の外観や設置場所の外観を損ねたくない人におすすめです。

防犯カメラのレンタルを試す

設置費用込みの出費が痛いという人には、レンタルの防犯カメラを推奨します。費用の中にレンタル料および設置費用が含まれているため、かなり格安で利用できます。

その費用ですが、1週間、1カ月、3か月、半年、1年と分かれているのが一般的。月額制の場合もあります。

画質や性能は正直、レンタル会社次第の面が大きいですが、お試しレンタルとして気に入った機種をお試し料金で借りれば性能が分かります。

借りたい時にいつでも借りられるのも便利です。お金さえ払えば必要な時にすぐに借りられ、また解約も自由です。

欠点としてはレンタル期間が長期にわたると割高になるため、早めに解約するか購入した方が安上がりです。利用期間を明確に決めた上でのレンタルが賢明でしょう。

購入かレンタルかどちらか迷った際は、とりあえずレンタルを選びます。レンタル期間は1カ月程度にし、いろいろな機種を試してみると機種ごとの違いや良し悪しが分かってきます。

防犯カメラの普及率

三菱電機ビルテクノサービスによると、築年数10年以内の分譲マンションでは90%以上が防犯カメラを設置している一方、築21年以上では67.1%にとどまります。

賃貸マンションでも築10年以内の約半数が設置している一方、築21年以上では35.0%とガクンと下がります。

これが戸建て住宅だとわずか11.9パーセント。非常に低いことが分かります。

築年数の浅い物件ほど防犯カメラの設置率が高いため、セキュリティ面で安心です。ある程度築年数の経過した物件、特に賃貸における設置率は思いのほか低く、防犯面で心配や不満が残りそうです。

一戸建てはマンションのように不特定多数の人間が出入りしないことから、著しく設置率が低い結果に。

戸建てはともかく、マンションには常に多くの居住者がいることを考えれば、築年数の経った物件は早期にカメラを設置すべきと言えそうです。

ちなみに私の住むマンションを例にすると、築28年のこの建物には防犯カメラが(おそらく)1台もありません。エントランスにならあるのかと天井や壁を確認してみたのですが、やはり見当たりませんでした(そのくせオートロック完備です)。

やはり古い物件はセキュリティ面がイマイチなので、引越しを検討中の人は一度考え直した方がいいかも知れません。

個人でカメラを取りつける費用が惜しければ、迷わず築浅物件を選びましょう。

中古の防犯カメラは避けるべし

安く済ませようとオークションや中古ショップで買い求める人がいますが、やめた方がいいでしょう。

前の持ち主がどんな使い方をしていたか分からないし、あまりに年数の経ったものは機能するか不安です。それに保証期間の有無も気になります。

これなら安めの新品を買った方がずっと良かった、なんてことになりかねないため、中古品は避けるべきです。

まとめ

防犯カメラを設置するに当たり必要なお金は本体代金+設置費用。素人ではうまく設置できないこともあるので業者への依頼はほぼ確定、と言ったところでしょう。

あまりに安いカメラは性能面で劣るため、多少値は張っても高価なタイプを選ぶのが鉄則。費用対効果で考えれば安い製品はむしろ除外すべきです。

不審者はいつ、どんな形で現れるか分かりません。防犯カメラがあればその姿や犯行を撮影できるため、信頼できる性能のカメラを1台用意しておくと安心できるのではないでしょうか。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 【要注意】あなたの個人情報は安全ですか? 防犯のための漏洩対策

  2. 夜のエッフェル塔はSNSにアップしちゃダメってほんと?イルミネーション撮影とSNSの注意点まとめ

  3. 【必見】6月9日はロックの日!覚えやすく強力なパスワードを設定する方法を大公開!

  4. 防犯スプレーって効果ある?

    護身用品として防犯スプレーはどのくらい有効?

  5. カギの施錠と窓ガラスの強化で十分な防犯を!

  6. 【災害時対策】突然の自然災害で必ずやっておくべき災害&防犯対策

  7. 【学校周辺の安全対策】地域でこども達を守る防犯パトロールのはじめ方

  8. 【注意】15歳の子が訴追される?Tik Tokで流行りの“コンセントチャレンジ”をやってはダメな理由…

  9. “ホンマでっか!?TV”で語られなかった裏話と+αの対策とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP