振り込め詐欺に加担?闇バイトの危険

あなたは大丈夫ですか。家に突然警察が押し入り振り込め詐欺の犯人として逮捕されることがあるかもしれません。

身に覚えのない犯罪になぜ巻き込まれるのか。それは、闇バイトが大きく関与しているかもしれません。

 

なぜ逮捕されることになるのか

全く身に覚えがないのに、振り込め詐欺の犯人として逮捕されることがあります。

振込め詐欺に関与していないと思っていたとしても、何らかの形で関わっていたことが原因で逮捕されてしまうこともあります。

しかも、その刑は重く10年以下の懲役が課せられることになります。

身に覚えがない犯罪に加担して、しかも10年以下の懲役なんて理不尽ですよね。

なぜ、このような逮捕が成立してしまうのでしょうか。それは、バイトが大きく関係しているかもしれません。

バイトといってもさまざまな仕事がありますが、せっかくバイトするなら短時間で高額報酬を得たいと誰もが考えますよね。

実は、振り込め詐欺の犯行グループは、バイトを雇って犯罪をしていることもあります。ここで気をつけなければいけないのが闇バイトです。

闇バイトとは

闇バイトとは、一体どのようなものなのでしょうか。簡単に言えば、短時間で通常のバイト以上に高額に稼ぐことができるものです。

そのほとんどは、犯罪に加担している可能性があります。そのため、身に覚えのない行動でも、闇バイトのために振り込め詐欺で逮捕される可能性があるので避けるようにしましょう。

危険な闇バイト

闇バイトかどうかはすぐに判断できないこともあります。そこで、代表的な闇バイトをいくつか紹介していきましょう。

 

①口座名義貸し

口座を作ってレンタルするだけというこのバイトは、かなり危険です。

口座を振り込め詐欺の犯人たちが使用していた場合は、間違いなく逮捕される可能性があります。口座をレンタルするだけで月10万円以上稼ぐことができるので、一見すると楽なバイトですが、リスクが高いので絶対にやめましょう。

もし、このようなバイトがあると友人に誘われた場合は、絶対に断ってください。口座を渡すことで自分の個人情報を晒してしまう可能性があるというリスクがあるので、絶対にやめましょう。

 

②スマホの契約バイト

依頼された人に言われた通りスマホを契約するといったバイトは、犯罪に加担している可能性があります。

特に、振り込め詐欺ではスマホを用いて犯行に及ぶことがあるので、逮捕されることも考えられます。もし、このようなバイトに誘われてもやらないようにしましょう。

 

③荷物の運搬

運送会社ではなく、身元が不明な会社が依頼する荷物を運搬するだけというバイトも危険です。荷物の中身は何が入っているかわかりません。だまし取ったお金も考えられます。

また、お金以外にも覚醒剤をはじめとした違法薬物という可能性もあるので、荷物の運搬バイトもやめましょう。

 

④集金

集金のバイトも詳細が不明であれば、間違いなく何らかの犯罪に加担している可能性があります。集金したお金を運ぶ集金補助であっても、振り込め詐欺の可能性があるので危険です。絶対にやらないようにしましょう。

ここで挙げたのは、振り込め詐欺で逮捕される可能性がありそうな闇バイトを集めてみました。あくまで闇バイトはほんの一部です。この他にも闇バイトは多くあるので注意をする必要があります。

闇バイトを見分ける方法

高額バイトは短期間で稼ぐことができる学生にとってはありがたいバイトですが、もし闇バイトであれば、稼げとしても犯罪に加担したことになるため、逮捕される可能性があります。

闇バイトを回避するために簡単に見分ける方法を紹介しましょう。

 

①SNSでスカウトされる

求人ではなく、SNSでコンタクトを取ってきた場合は、高確率で闇バイトの可能性があります。知り合いからの誘い以外には乗らないようにしましょう。

 

②会社名を教えてくれない

仕事内容をしっかり教えてくれるのに、全く会社名を教えないのであれば、犯罪グループが犯罪をするために人を巻き込んでいることも考えられます。

バイトをする時は、バイト先がどのような会社かを知っておくことも大切です。最近ではネット検索をすればその会社の情報を知ることができるので、適宜検索するようにしましょう。

 

③契約書を交わさない

闇バイトの場合、会社の体をなしていないので契約書を作成することもありません。

そのため、雇用契約書を交わさずに仕事をしてもらい、支払いは直接現金で渡すといった今の時代ではあまり考えられないような方法を取ることもあるので、会社としてきちんとやるべきことをやっているかチェックしましょう。

闇バイトは、高額な時給であるものの全てが怪しい情報ばかりなので、不審に感じたら避けるようにしましょう。

まとめ

振り込め詐欺に関与してなくても、闇バイトをしていたせいで逮捕されてしまうことは十分考えられます。

このような事態を避けるためにも、必ずバイトをする時にはしっかりした会社が運営しているか確認しましょう。

また、万が一自分の行っていることが振り込め詐欺の犯罪に加担していることがわかったら、すぐに警察に相談してください。

警察にすることで、捜査に協力することになるため罪に問われる可能性がかなり低くなります。状況に合わせた行動を取るように心がけましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 災害時に起こる犯罪被害から身を守る防犯対策

  2. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  3. 地域安全の問題に貢献する!防犯パトロール隊の活動と手引き

  4. 【大切】高齢者も防犯意識を持つことが重要!どんな対策を取れば良い?

  5. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  6. 振り込め詐欺の手口とは?通報先や対策方法をご紹介!

  7. 駐輪場は意外と犯罪が多いスポット! 防犯対策が必要!

  8. ナンバープレートを盗まれたら自分も罰則を受ける?車上荒らしの防犯対策!

  9. アパート・マンション選びに欠かせない防犯カメラとオートロック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP