鍵屋さんが教えてくれた侵入窃盗から身を守る防犯対策のポイント

侵入窃盗は様々な手口で住居へ侵入し住人の金品を奪う犯罪です。なかには凶悪な犯罪もあります。

宅配業者などを装って自宅を訪問し住人が出てきたところを襲い家の中へ強引に入り金品を奪う「押し込み強盗」です。

このような被害に遭わないために、どのような対策を整えるとよいのか?

今回は防犯対策のプロでもある鍵屋さんが教えてくれた侵入窃盗から身を守る防犯対策のポイントをご紹介いたします。

 

侵入窃盗の犯行手口とは?

侵入窃盗とは建物の中へ色々な手を使って侵入をして金品を盗む犯罪のことを言います。

侵入窃盗と言っても「空き巣」「事務所荒らし」「金庫破り」「居空き」「出店荒らし」など、その手口によっていくつかに分類されます。

今回は一般住宅に対する防犯対策のポイントをご紹介しますので、ここではどのような手口で住宅へ侵入するのか?について見ていきましょう。

 

手口その1:サムターン回し

サムターン回しという言葉を聞いた人は多いかと思います。

この手口は玄関の郵便受けから手を入れたり、針金などを使ってドアの隙間に差し込んだり、ドアにドリルを使って穴をあけたりして鍵のつまみ(サムターン)を回して開錠する手口です。

 

手口その2:ピッキング

特殊な工具(ピッキング)を鍵穴に差し込んで正規の鍵を使わずに開ける侵入手口です。

ピッキングを行う侵入窃盗犯の中には複数の窃盗犯が組織化してピッキングの手口を訓練する侵入窃盗のプロ集団もいます。

訓練を受けた窃盗犯の場合はピッキングから住居へ侵入するまでに1分程度だと言われています。

しかもピッキングの方法をホームページで公開している人もいるので、誰でも簡単にピッキングの方法を入手することが可能になっています。

 

手口その3:こじ破り

空き巣が使う開錠手口の一つに、ドアのこじ破りという侵入手口があります。

これはドアと壁の間に、L字型をした釘抜きのような工具を押し込みテコの原理を利用してドアを破壊したり錠を破壊したりして無理やりドアを開けて住居へ侵入する手口です。

こじ破りは工具を使って強引にドアや錠を壊すだけなので誰にでも簡単にできる方法なのでピッキングのように訓練を行う必要がありません。

それゆえに最近の侵入窃盗犯の間で増加している手口だと言われているのです。

ドアのタイプにもよりますが、強度が弱いドアや錠であれば数分で壊して住居へ侵入することができます。

 

手口その4:カム送り解錠

カム送り解錠とは、鍵穴とドアの間に特殊な工具を差し込んで鍵をあける手口で、ドアや鍵を壊すことなく開けることができます。

また「バイパス解錠」とも呼ばれていてシリンダーカラーを手前に引っぱって、隙間ができた部分から工具を差し入れて解錠します。

 

手口その5:鍵穴壊し

鍵穴壊しとは、読んで字のごとく鍵穴を壊して住居へ侵入する侵入窃盗犯の手口の一つです。道具はドリルやホルソー、ハンマーなどを使います。

例えば、ハンマーを使って殴打して鍵穴を強引に壊したり、ホルソーを使って円形に穴をあけてシリンダーごと壊したりする大胆な手口です。

但し、この方法は荒っぽい手口なだけに大きな音が出るので侵入窃盗犯の間ではほとんど行われていません。

しかし鍵穴壊しの被害は「0」ではないということを知っておいてください。

防犯対策効果が高いおすすめの鍵3選

それでは鍵屋さんがおすすめする防犯対策効果が高い鍵を3選ご紹介いたします。

防犯効果が高い鍵は「ディンプルキー」

一般的な鍵の特徴である「ギザギザ」が刻まれていません。

ディンプルキーは、キー表面に大きさが異なるくぼみが付いているのが特徴です。ディンプルキーはとても複雑な構造になっていて、プロの鍵師であっても10分以上は時間をかけないと解錠できません。

警察の統計によってわかっているのが、ほとんどの侵入窃盗犯は解錠に5分以上時間がかかると判断した場合は侵入を諦めると言われています。また合カギは簡単に作れません。メーカーへ発注しなければ複製できないのです。

このようにディンプルキーはピッキングの難易度が格段に上がるので防犯対策としておすすめです。

 

第3位:防犯シリンダーV-18

ディンプルキーの中でも「防犯シリンダーV-18」はピッキングに強く、操作性、耐久性に優れています。「鍵穴壊し」の手口である、ドリルなどを使って鍵穴を破壊する犯行にもっとも有効です。

キーの差込み口付近に、ドリル入り込み防止板とセクションピンでドリルの侵入ができない二重ガードになっています。

また「防犯シリンダーV-18」は、バンピング対策もされていて、ピッキングにも10分以上かかるので防犯対策としておすすめできます!

※バンピングとはピンシリンダーを特殊加工したキーを用いて、不正開錠する手口です。

 

第2位:クラビスF22型シリンダー

「クラビスF22型シリンダー」は一般的なディンプルキーとは異なり鍵穴が丸い形状になっているのが特徴です。丸い鍵穴は小さく工具が入れにくい構造になっています。

シリンダー内部に埋め込んだ特殊鋼によるプロテクターによって破壊解錠を防ぐことができます。

また所有者の鍵をコードナンバー化しているので不正コピーがほぼ不可能で鍵違い数には5兆5千億通りが可能です。

 

第1位:カバスターNeo

鍵屋さんがおすすめする防犯対策効果が高い鍵の第1位をご紹介いたします。

それが「カバスターNeo」です。この鍵は防犯性が非常に高い鍵として有名です。

・ピッキング

ピッキングの耐久テストで「カバスターNeo」は10分以上時間がかかる結果になりました。

・鍵穴壊し

ドリルやホルソーなどを使って鍵穴を破壊する「鍵穴壊し」の耐久テストでも耐鍵穴壊し性能が10分以上という結果がでています。

・不正コピー

「カバスターNeo」は、事前に所有者情報を登録する鍵登録システムを採用しているので、暗証番号などの所有者情報がすべて一致しなければ複製をすることができません。

鍵屋さんおすすめの防犯対策4選

鍵屋さんがおすすめする防犯対策を4選ご紹介いたします。

 

①戸締りチェックは確実に!

侵入窃盗犯が狙いをつける判断基準として挙げられるのが無施錠の住宅を狙っているということがわかっています。

玄関だけは戸締りに注意しますがベランダ側やトイレや浴槽の窓などに気が回らない人も多いです。

またゴミ出しの際に戸締りをせずにでる人も多いと思います。しかしそのちょっとしたスキに侵入窃盗犯は狙いをつけて侵入を図るのです。

防犯対策の基本は「戸締りを徹底する」ことです。少しの時間でも必ず戸締りをするようにしてください。

 

②玄関の防犯対策

玄関からの侵入を阻止するための防犯対策をご紹介いたします。

 

サムターン回し

サムターン回しは玄関の郵便受けから手を入れたり、針金などを使ってドアの隙間に差し込んだりして鍵のつまみ(サムターン)を回して開錠する手口です。

サムターン回しの対策は簡単です。サムターン回し対策がされた製品へ付け替えるだけでほとんどの場合は防げます。

 

ワンドアツーロック

もはやワンドアツーロックは防犯対策の基本だと言えます。一つのドアに二つの鍵を付けることです。もし玄関に鍵が一つしかない場合はもう一つ鍵を取りつけてください。

 

センサーライト

センサーライトは人の動きを感知した場合にライトが点灯する防犯グッズです。侵入窃盗犯は音と明りを嫌います。発見されるリスクが高くなるからです。ですから玄関にはセンサーライトを設置しましょう。

 

③窓の防犯対策

玄関だけを強化すれば充分というわけではありません。窓から侵入する手口も非常に多いです。3つの対策をご紹介いたします。

1.防犯フィルムを貼る

「CPマーク」認定の防犯フィルムを窓の内側へ貼ってください。防犯フィルムを貼るとバットなどを使って窓を叩き割ろうとしても貫通させることができません。破壊するのに5分以上の時間を要するので侵入窃盗犯から身を守ることができます。

 

2.補助錠を取りつける

窓の場合もワンドアツーロックが基本です。窓に鍵が一つしかない場合はもう一つ鍵を取りつけてください。

 

3.窓用防犯アラームの取りつけ

窓用防犯アラームは窓から侵入しようとした際に、振動を感知して大きな警報が鳴り響きます。

 

④留守中の防犯対策

留守を知らせるような新聞や郵便物がポストから溢れている住宅は侵入窃盗犯から狙われやすいです。もしも旅行などで長期間留守にする場合は、配達をやめてもらうように連絡をしてください。

また「玄関の防犯対策」でご紹介したセンサーライトの設置も有効です。玄関だけではなく死角になる場所にはセンサーライトを設置するようにしましょう。

まとめ

今回は鍵屋さんが教えてくれた侵入窃盗から身を守る防犯対策のポイントをご紹介いたしました。鍵屋さんは侵入窃盗犯に対する専門知識が豊かです。玄関や窓などは侵入経路として優先されます。

しかしここでご紹介した対策を実施することでほとんどの犯行を防ぐことができます。是非、あなたやご家族の財産と命を守るためにも防犯対策を強化するようにしてください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 見直してみよう防犯カメラの録画と録音機能について

  2. 【アジア旅行好きの人必見】シンガポールは治安が良い!必ず見ておきたい観光スポット8選!!

  3. 空き巣対策には補助カギで「イラッ」とさせるのが有効!

  4. 【新社会人へ!】社会に潜む危険から身を守る6つの防犯対策

  5. 玄関の防犯に効果的!おすすめの防犯灯をご紹介

  6. 誤認逮捕は年間でどのくらい発生しているのか?防犯カメラの進歩と扱う側の課題について

  7. 【知ってた?】防犯ブザーは「投げる」もの!被害を最小限に食い止めるコツはこれ!

  8. 防犯対策の第一歩は定期券を裏返すことから!

  9. 飲みの席では気をつけろ!女性を狙う「レイプドラッグ」の実態と防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP