空き巣は窓のガラスを割って侵入!防犯のため窓から外を撮影しよう

空き巣は窓ガラスを割って侵入することが多いと言われています。

防犯対策として窓からの侵入をカメラで撮影しておきたいですね。そんな場合に室内に設置したカメラで窓の外を撮影できないものでしょうか。

 

室内から撮影できる方法はないでしょうか。

空き巣対策として、窓にカメラを設置して監視したいけどどうすれば良いでしょうか。

賃貸の場合は、カメラを屋外に設置するとケーブルを室内に引き込まなければなりません。

防水機能のないカメラを設置する場合など、室内にカメラを設置したいことがあります。侵入しようとする空き巣を正面から撮影することもできるので抑止力にもなります。

それでも夜間などは、室内の様子がガラスに映り込み窓の外がうまく撮影できないことがあります。

そんな時でも、しっかりと撮影できる方法をご紹介します。

空き巣は窓から侵入する

空き巣の侵入手口は、一戸建住宅や共同住宅でも80%前後の確率で窓から侵入されています。

出典:警察庁「住まいる防犯110番」

 

カギのかけ忘れやガラスを割られるなど手口の違いはありますが、窓の防犯対策が重要なことが分かります。

窓に防犯カメラを設置する方法

室内からガラス越しに屋外を撮影するとガラスに室内の様子が写り込んで、撮りたいはずの屋外の様子が撮影できていないことがあります。

室内から屋外の様子をきれいに撮影するには次のような方法があります。

 

カメラをガラスに付けて設置する

カメラを窓ガラスにピッタリとくっつけて設置するとガラスへの写り込みを無くして撮影することができます。

ただしこの場合は、窓の外の様子は撮影できますが、空き巣がガラスを割る様子や侵入する様子は撮影しづらくなります。

空き巣がガラスを割る場所はクレセント錠の近くですので、クレセント錠のすぐ横にカメラをくっつけて設置すると効果的で、顔も撮影することができます。

黒い紙をメガホンのような形にして、カメラをカバーするのもひとつの方法です。

 

窓ガラスを無反射ガラスに交換する

窓ガラスを無反射ガラスに交換することで、室内の映り込みを防止して外の様子を撮影することができます。

♢無反射ガラスの構造

無反射ガラスはガラスの表面に特殊な液体をかけて、表面に凹凸を作ります。そのためすりガラスのような少し曇ったように見えます。

透明な無反射ガラスもあります。ガラスの表面に多層コーティングをして反射を抑えています。

合せガラスにして中間に特殊フィルムを挟むことで防犯性を高めた無反射ガラスもあります。費用などを考慮して選択すると良いでしょう。

 

♢無反射ガラスの費用

無反射ガラスの価格はメーカーや商品によって開きがありますが、90㎝×120cmで1万5千円から2万円くらいです。

ほとんどの場合オーダーカットになりますので、交換したい窓の大きさに合わせてカットしてもらえます。(費用は2018年の参考価格です)

交換には専門業者に施行をお願いしなければなりません。出張施行の費用もかかりますので、防犯意識の高い方におすすめの方法です。

窓の撮影にはこんなカメラも参考にしよう

窓の防犯でカメラを設置する場合は、便利な機能が付いたカメラがあります。夜間でも撮影できるカメラは、夜遅くまで留守にしがちな人にはおすすめのアイテムです。

少しの光で撮影できる微光監視型カメラ

微光監視型のカメラは少しの光でも夜間の撮影をすることができます。豆電球程度の明るさがあればカラー撮影ができますので、留守にする時は常夜灯を付けておくと良いですね。

暗闇の場合は撮影できませんので、屋外の場合は街灯などの灯りがある場合に選択すると良いでしょう。

 

暗闇でも撮影できる赤外線暗視型カメラ

赤外線暗視型のカメラは、完全な暗闇でも撮影することができますので、夜間でも窓に近づく空き巣や窓から侵入しようとする空き巣を撮影できます。

明るい昼間は普通に撮影しますが、一定の暗さになるとLED赤外線ライトが自動的に点灯しますので、暗視カメラに切り替える手間は必要ありません。

赤外線が到達できない範囲では撮影することができません。一般的な赤外線暗視型カメラでは約15mくらいですが、25m~30mまで届くカメラもあります。

赤外線で撮影した映像はモノクロが一般的ですが、カラー撮影ができるカメラも発売されています。カメラの設置場所や撮影範囲を考慮して選ぶ必要があります。

 

手頃な防犯カメラならこちらがおすすめ

比較的安価で設置も簡単な防犯カメラをご紹介します。予算や監視目的を考慮して選んでみてくださいね。

♢防犯灯付きカメラ

防犯カメラにLEDランプが付いていて周りが暗くなると自動的に点灯します。家の周囲を明るくしておく効果もあります。街灯がない場所ではおすすめです。

 

♢センサーライト付きカメラ

カメラにLEDライトと人感センサーがセットになっている防犯カメラです。人が近づいたときだけ自動的に点灯しますので、省エネになるカメラです。

センサーライトの役目もしてくれますので、一石二鳥のカメラです。

カメラ以外の窓ガラスの防犯グッズ

カメラ以外にも窓ガラスを空き巣から守る防犯グッズがあります。ホームセンターなどで比較的安価に購入できて、女性でも簡単に取り付けができますのでぜひ検討してください。

防犯効果を高めるには複数を組み合わせると良いですよ。空き巣は侵入に5分以上かかると諦めると言われています。

ご紹介する防犯グッズを組み合わせることで、時間がかかり空き巣に諦めさせる効果があります。

 

補助鍵をつける

一般的な窓に付けられているクレセント錠は防犯効果が低いため、補助錠を追加しするのが効果的です。

空き巣の侵入手口は錠の付近のガラスを割ることですが、錠の数が増えればガラスを割らなければならない場所も増えますので、時間がかかり侵入を諦める可能性も大きくなります。

補助錠は窓枠を利用して取り付けますので、窓の上下2ヶ所に取り付けるのがおすすめです。

 

ストッパーを付ける

ストッパーは窓のスライドを止めて窓が開かなくするグッズです。取り付けた状態でもワンタッチでスライドするようにできますので、不便なことはありません。

 

防犯ブザーを付ける

空き巣がガラスを割ろうとした時に出る音や振動を検知して大きな音で警報を出します。音を嫌う空き巣は、その時の音を聞いただけで逃げ出しますので、安価で防犯効果の高いグッズです。

 

ダイヤル式クレセント錠に交換する

一般的に窓に付いているクレセント錠はレバーを回すだけで解錠できますので、ダイヤルが付いたクレセント錠に交換するのが効果的です。

ガラスが割られても、ダイヤルを最初に設定した数字に合わせなければならないので、窓を開けるまでに時間がかかってしまいます。

 

防犯フィルムを貼る

ガラスを割られても手や体が入らないようにするのが防犯フィルムです。ガラスの内側にフィルムを貼るだけで、ガラスが割られてもフィルムまで突き破ることができません。

防犯フィルムは、突き破るのに空き巣が諦める目安になっている5分以上かかるように作られています。

フィルムの種類はたくさんありますが、厚さが350ミクロン以上のものが防犯効果があるとされています。大きさの種類もいろいろ揃っています。

まとめ

空き巣が一番狙うと言われる窓の防犯のためには、防犯カメラを設置したいものです。配線が面倒なので室内にカメラを設置する場合は、鮮明に映像で撮影できる無反射ガラスが効果的です。

しかし、無反射ガラスは効果ですので予算に合わせて検討してはいかがでしょうか。普通のガラスを使っていても、安くて効果的な防犯グッズもあります。

安くて取り付けも簡単ですので、これらの防犯グッズを組み合わせれば防犯効果を高めることができます。

ご紹介した中から、目的や家の環境、予算などで対策を考えてみてください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 地域を支える防犯パトロール

  2. 【大学生必見】新1年生の防犯対策

  3. 【大公開】大事な自転車をひったくり・ちかん・盗難から守る防犯対策!!

  4. 【元詐欺師が解説】いかにも怪しい「霊感商法詐欺」で数百万も騙される被害者が出るワケ

  5. 年末年始に気をつけるべき防犯対策

    【今年は防犯の年】年始に増加する侵入窃盗への防犯対策5選

  6. 夏におすすめドキッとする泥棒&誘拐映画5選。映画館での防犯対策も確認!

  7. つきまとい被害には「Uターン」が効果的!被害に遭っていると感じたらやってみよう!

  8. 『ばれなければ大丈夫‥‥』男子高校生買春事件から考えるSNSと買春のリスク

  9. 日が延びても夜の一人歩きは危険!夜に起きやすい犯罪とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP