【今日は何の日】上智大学やニューオータニのある華やかな紀尾井町で起こった大事件とは?

  1. ニュース

5月14日に起きた出来事の代表的なものとして紀尾井坂の変があります。教科書などで誰もが一度は目にしたことのある大久保利通が暗殺された事件です。今回は紀尾井坂の変を紹介すると共に、紀尾井坂の変と同じく道路での犯罪と防犯対策について紹介していきます。

紀尾井坂の変の概要

紀尾井坂の変は1878(明治11)年5月14日に現在の東京府麹町区紀尾井町清水谷(現在の東京都千代田区紀尾井町清水谷)で起きました。実行した犯人は石川県の士族である島田一郎・長連豪・杉本乙菊・脇田巧一・杉村文一と島根県の士族である浅井寿篤の6人です。いずれも明治政府に反発する人物で、その中心人物は島田一郎でした。このころ明治政府は、大久保や木戸孝允が唱えた武力で朝鮮を開国させようとする考え「征韓論」と西郷隆盛や板垣退助が唱えた朝鮮制圧により国内の政治を優先させるべきだとする考えの「内治優先論」が対立していました。結果的には征韓論は時期尚早として敗れます。

軍人であった島田一郎は征韓論に賛成しており、杉村文一の兄である寛正と長連豪も征韓論で、彼らは征韓論によってつながっていました。当初彼らは政治に対して抵抗を試みていましたが、西南戦争以降は高官暗殺に方向転換していきます。このころに杉本乙菊・脇田巧一・杉本文一も計画に加わり、島根の浅井寿篤は警視庁巡査を免職となった後この暗殺計画を知って仲間に加わりました。

そして事件当日の5月14日午前8時頃、大久保利通は明治天皇に謁見するために麹町区にある自邸を出発し2頭立ての馬車で赤坂仮皇居へ向かいます。御社の中村太郎と従者の芳松が同行していました。そして午前8時30分頃紀尾井清水谷において暗殺犯6人に馬車が襲撃されます。

まず従者の芳松が襲われ何とか逃亡し、近くの北白川宮廷に助けを求めに行きます。日本刀で馬の足が切られ、馬車から降りて立ち向かった中村太郎はその場で刺殺。馬車の中で書類に目を通していた大久保は、異変に気づき馬車から逃げようとしますが島田らに両方の扉を塞がれ馬車から引きずり降ろされます。大久保は島田ら対して「無礼者」と一喝しますが護身のための武装をしていなかったために、なす術もなく斬殺されました。大久保の体には16箇所の傷があり、そのうちの8か所は頭部にあったそうです

暗殺現場の現在と犯人達のその後

大久保利通の暗殺現場は紀尾井坂ですが、その紀尾井の地名はかつてこの地に「紀州徳川家」「尾張徳川家」「井伊家」の屋敷があり、それぞれの頭文字を取ってつけられたと言われています。現在この地は東京都千代田区紀尾井清水谷という住所となっており、「尾張徳川家」の屋敷跡には上智大学があります。また近くの清水谷公園には紀尾井坂の変の碑が建てられているそうです。

暗殺犯の6人は事件後、刀を捨て同日に自首し大審院による臨時裁判所が設置されました。そして1878年7月27日に判決が言い渡され即日斬罪となりました。裁判官の証言によると主犯の島田以外の5人は何故大久保利通を暗殺しなければならないのか、はっきりと理解していなかったようです。島田に「とにかく大久保利通を暗殺することが御国のためだ」と洗脳されたといわれています。暗殺者6人は現在、東京の谷中霊園に葬られているとのことです。

スポンサードサーチ

路上での犯罪と防犯対策

この紀尾井坂の変である大久保利通暗殺事件は街中の路上で起きた事件です。現在でも路上で多くの事件が発生しています。ひったくり・強制わいせつ・路上強盗・暴行傷害・無差別殺人など様々な事件が起きています。これらの犯罪から身を守るためには次のような対策が必要です。

ひったくりに遭わないために車道側を歩かないようにし、カバンは車道と反対側に持ち出来る限り斜め掛けのカバンにする。
なるべく夜間に1人で出歩かないようにする。出歩く場合は人通りが多く明るい道を歩くようにする。
帰りが遅い場合はタクシーを利用するか、家族に迎えに来てもらう。
やむを得ない場合は後をつけられていないか注意しながら歩き、少しでも怖いと感じたら近所の家やお店に飛び込む。
携帯電話ですぐに110番できるように設定しておく。
停車している車の中に人がいる場合は、引き込まれない程度に距離を保ちながら通り過ぎる。
防犯ブザーなどを携帯し、いつでも鳴らせる準備をしておく。
昼夜関係なく外を出歩く時は、イヤホンで音楽を聞かないようにする。
常日頃からいつ何が起こるかわからないという意識を持っておく。

まとめ

路上での犯罪被害の多くは「私は大丈夫」「犯罪は他人事」だという油断から起きています。実際には数多くある事件すべてにおいて、いつでも誰でも巻き込まれる可能性があるのです。決して油断することなく防犯意識を高めて、できる範囲で防犯対策をしていきましょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。