【今日は何の日】五・七・五?いや、五・一五に起きた侵入事件とは!?

  1. ニュース

5月15日に起きた出来事で代表的なのが、五・一五事件です。今回はこの五・一五事件と、この事件には意外な人物が巻き込まれそうになったことについて紹介します。また官邸に侵入されて起きた事件とのことで、侵入犯罪とその対策についても紹介していきます。

五・一五事件の概要

五・一五事件は1932(昭和7)年5月15日に当時内閣総理大臣である犬養毅が殺害された事件です。時代背景の1つとして、当時の日本の世界恐慌をあおりによる経済の縮小や、多くの国民の生活の破たんがありました。そのなかで「国を変えたい」と願う海軍の青年将校と陸軍士官候補生が中心となり、このほか農民主義の団体「愛郷塾」の塾生も参加してこの事件は起きました。

事件の計画立案・現場を指揮したのは海軍中佐の古賀清志でした。計画は第一段として海軍青年将校率いる第1組が総理大臣官邸、第2組が内大臣官邸、第3組が立憲政友会本部を襲撃、第4組が三菱銀行に爆弾を投げることになっていました。第二段として第4組を除く3組が合流して警視庁を襲撃し、これとは別に東京近辺に電力を供給している変電所を襲撃して東京を暗黒化するなどの計画があったようです。

5月15日事件の当日、犬養首相は日曜日のために終日官邸にいました。第1組の実行犯9人は海軍中尉であった三上卓ら5人の表門組と、同じく海軍中尉であった山岸宏ら4人の裏門組の2つに分かれて首相官邸に向かいます。そして午後5時27分頃に官邸に侵入。表門組の三上らは官邸の日本館の洋式客間で警備の田中五郎巡査を銃撃します。

そして日本館内で裏門組と合流し、三上が日本館の食堂で犬養首相を発見するとすぐに拳銃を向け引き金を引きました。しかしたまたま弾丸が装填されていなかったために発射されませんでした。三上は首相の誘導で15畳の和室の客間に移動する際、大声で全員に首相発見を知らせます。

客間に入ると首相はテーブルに向かって座り、そこで自分の考えやこれからの日本の在り方などについて聞かそうとしました。しかし一同は起立したまま首相を取り囲みます。そして三上が首相といくつか問答をしているときに、山岸がいきなり「問答無用!撃て、撃て」と大声で叫び、ちょうどその時遅れて客間に入って来た海軍予備少佐の黒岩勇がその声に応じて犬養首相の頭部に向けて発砲。次いで三上も頭部に向けて発砲し犬養首相は倒れ重傷を負いました。

すぐに山岸の退却指示で9人は日本館の玄関から外庭に出ますが、そこに平山八十松巡査が木刀で立ち向かおうとします。黒岩と海軍少尉の村山格之が1発ずつ発砲し重傷を負わせ9人は官邸裏門から立ち去りました。犬養首相はしばらく息があり駆け付け女中に「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる」と強い口調で語りましたが、次第に衰弱して深夜になって亡くなりました。

犯人たちはさらに内大臣官邸、立憲政友会本部、警視庁、変電所、三菱銀行なども襲撃しますが被害は軽微だったそうです。その後犯人たちはその日のうちに麹町の東京憲兵隊本部に駆け込み自首しました。

裁判

事件に関与した海軍軍人は海軍刑法の反乱罪の容疑で、海軍横須賀鎮守府軍法会議で裁かれ、陸軍軍士官学校本科生は陸軍刑法の反乱罪の容疑で、陸軍軍法会議で裁かれました。また事件に関与した民間人は爆発物取締罰則違反・刑法の殺人罪・殺人未遂の容疑で、東京地方裁判所で裁かれました。当時の政党政治の腐敗に対する反感から犯人の将校たちに対する助命嘆願運動が巻き起こり将校たちへの判決は最高で禁固15年、軽い人間では禁固数年と軽いものになりました。

スポンサードサーチ

五・一五事件とチャップリン

喜劇王として知られているチャールズ・チャップリンですが、実は五・一五事件のターゲットにされていたそうです。その前日の5月14日にチャップリンは日本に初来日しており、5月15日に犬養毅首相と面会する予定だったためチャップリンもターゲットにされていたのです。

しかしチャップリンは急きょ面会の予定をキャンセルして相撲観戦に行ったために、五・一五事件には巻き込まれなかったそうです。チャップリンが五・一五事件について聞かされたのは、相撲観戦の帰り道だったそうですよ。

侵入犯罪とその防犯対策

五・一五事件は首相官邸で起きました。今でいう侵入犯罪です。現在でも侵入犯罪は数多く起きています。中でも多いのが窃盗でそのほかに強盗や強制性行、暴行傷害や殺人も起きています。これら侵入犯罪を防ぐには次のような対策が必要です。

玄関や侵入されそうな窓には補助錠を取り付けるなど防犯対策をする。
ゴミ出しなど、どんな短い間でも外に出るときはしっかりと戸締りをする。
インターホンがなったらすぐにドアを開けずに、インターホンやドアスコープなどで相手の身分と用件を確認する。
少しでもあやしいと思ったら管理人や警察に連絡する。
マンションなどの高層階でもベランダなどからの侵入もあり得るため、カギを開けた状態で就寝はしない。
防犯システムを利用し、不審者が建物に侵入する前に光や音で撃退する。

スポンサードサーチ

まとめ

犯罪を防ぐには普段からの防犯意識が大切です。自分は大丈夫だとは思わずに、いつ何が起きても大丈夫なようにできる限りの防犯対策をして、安心安全な生活を送っていきましょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。