【今日の事件簿】飲食店でのひとりご飯にも注意が必要?

  1. ニュース

5月16日に起きた出来事に、ペッパーランチでの強姦事件があります。この事件は飲食店の店長と従業員が客である女性を襲うという卑劣な事件です。今回はペッパーランチ事件について紹介すると共に、女性を犯罪から守るための対策についても紹介します。

ペッパーランチ事件の概要

2007(平成19)年5月16日、大阪府警は女性客を拉致監禁したうえで強盗強姦をおこなったとしてステーキ専門の飲食チェーン店ペッパーランチ心斎橋店の店長とその従業員の2名を強盗強姦と逮捕監禁致傷容疑で逮捕しました。調べによると2人は5月9日午前1時頃、1人で食事をしていた女性客に対し閉店作業を装って店舗のシャッターを閉め、スタンガンなどを使って「騒ぐと殺す」などと脅し大量の睡眠薬を飲ませて泉佐野市の貸しガレージに拉致監禁のうえ強姦し、現金約5万5千円を奪ったとされています。

そして店長は翌日以降も強姦するつもりで、女性を全裸にした状態で手足を縛りガレージに監禁しました。女性はその後午前9時頃に監禁されていたガレージから自力で脱出して事件が発覚。連絡を受けた警察が店に行き2人に任意同行を求めその後逮捕しました。犯人2人は中学の同級生で、ゲームセンターで親しくなり店長の誘いで一緒に働くようになります。ランチタイムなど忙しい時間帯はアルバイトもいましたが、基本的には2人で切り盛りしていたそうです。

店の客に若い女性客が多かったことから2人は女性を襲う事を決意し、街を歩いている女性に車で近づき拉致しようとします。しかしなかなかうまく行かず客の少ない深夜に自分の店で女性を襲うことにしました。そしてスタンガンと睡眠薬、さらには革製の拘束具をインターネットで購入し犯行に及びました。

裁判とその後

2007(平成19)年7月に大阪地方裁判所で初公判がおこなわれました。そして同年9月26日の判決公判で、元店長に求刑の懲役10年を上回る懲役12年、元従業員には求刑通りの懲役10年の判決が下されました。この事件を受けてペッパーランチ心斎橋店は犯人逮捕の5月16日までには、閉店し設備が撤去されていました。運営会社によると会社が事件を知ったのは5月12日だったそうです。逮捕された店長はもともと運営会社であるペッパーフードサービスの社員でしたが、事件直前に独立し心斎橋店の運営を委託されていたため、事件発生時点では雇用関係ではなく業務委託の関係でした。

事件後ペッパーフードサービスのホームページが謝罪文に切り替わり、ラジオCMは自粛され、コンビニエンスストアと提携し販売を予定していた弁当は企画自体が白紙。役員報酬の20%がカットの内部祖分がIR情報で掲示されました。そして2009年の6月に運営会社であるペッパーフードサービスが「事件の影響で業務に著しい打撃を受けた」として服役中の2名に対して約2760万円の損害賠償訴訟を起こしています。

スポンサードサーチ

女性を犯罪から守る防犯対策

紹介したペッパーランチ事件は誰もがする外食をしただけなのに、犯罪に巻き込まれてしまうという本当に恐ろしい事件です。こんな事件を知ってしまうと外食ができなくなってしまいますし、外出すら怖くなってしまいますよね。さらに1人暮らしの場合はこの他様々な犯罪に巻き込まれる心配があります。しかし次のような対策をすれば犯罪に巻き込まれる可能性は著しく低くなるはずです。

夜間は1人で出歩かない。出歩く場合は明るく人通りの良い道を選ぶ。
 深夜に1人で外食をしない。やむを得なくする場合は何か防犯グッズを持ち警戒しながら食事をする。
 昼夜関係なく1人で外出する時はイヤホンで音楽を聞かない。
 道を歩く時はひったくりに遭わないようにカバンは車道側に持たず、なるべく斜め掛けのカバンにする。
 停車している車の中に人がいる場合は、車に引きこまれない程度距離を持ちつつ通り過ぎる。
 防犯ブザーなどを携帯し、いつでも鳴らせるように準備しておく。
 朝、混んでいる時間帯に電車に乗るときはできる限り女性専用車両を利用する。
 電車に乗るときは女性の隣を確保するなど安全な立ち位置を取る。
 家の玄関のカギや窓に補助錠を付けるなどして防犯対策をする。
 ゴミ捨てなど、どんなに短い時間でも家を出る時は必ず戸締りをする。
 1人に暮らしと悟られないように表札に男性の名前を併記したり、洗濯物を干す時に男性物を一緒に干したりする。
 インターホンが鳴ってもすぐにはドアを開けず、インターホンやドアスコープなどで相手の身分と用件を確認する。またドアチェーンも簡単に外さない。
 少しでも不審や危険を感じたら管理人や警察に連絡する。

まとめ

犯罪に巻き込まれないためには日ごろからの対策と、いつ何がおこるかわからないという意識が大切です。必要以上に過敏になることはありませんが、油断することなくできる限りの防犯対策をして安全な生活を送るようにしましょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。