マンションに防犯カメラは必須アイテム!カメラ設置の注意事項をご紹介

マンションに防犯カメラは必須アイテム!カメラ設置の注意事項をご紹介

最近ではマンションにも防犯カメラの設置が増えていますね、居住者の理解も得られているようです。

また、防犯設備の充実がマンション選びの要素にもなっています。防犯カメラの設置目的やカメラ選びをご紹介します。

 

マンションに防犯カメラは必須アイテム

最近では新しく建設されるマンションには防犯カメラなどの防犯設備が充実しています。また、入居済みのマンションでも防犯カメラの設置が進んでいます。

マンション選びでも防犯設備が充実しているかどうかが重要なポイントになっています。特に女性の一人暮らしでは必須ではないでしょうか。

また、管理者にとっても入居率を高めるためにも防犯カメラは重要なアイテムです。

防犯カメラ設置の目的

マンションに防犯カメラを設置する目的は何でしょうか。管理者にとってはマンション価値を高めて入居率を確保することですが、入居者にとっては別の目的があります。

 

犯罪の抑止力

マンションの防犯カメラの設置目的の一番は犯罪の抑止力です。エントランスや裏口などにカメラを設置し、監視されていると分かれば侵入の抑止力につながります。

 

犯罪の証拠能力

第二には犯罪の現場をカメラで撮影し、その映像を記録できれば犯罪の証拠として利用できることです。証拠になるということになれば、さかのぼって抑止効果も高まります。

 

居住者の安心感

そして、抑止力や証拠能力によって守られているという居住者の安心感です。安心して暮らせる環境づくりこそが、マンションに防犯カメラを設置する目的ではないでしょうか。

マンションの防犯カメラの設置場所

マンションへの防犯カメラの設置には、侵入するものにとっては威圧感があり、居住者には安心感を与えるという相反する効果をもつ必要があります。

そのためには、設置場所を選ぶことが重要です。

 

エントランス

最初の設置場所はエントランスです。入り口を入る人を正面から撮るような位置に設置することで、入り口から侵入しようとする者に威圧感を与えます。

警察庁統計ではマンションの侵入はエントランスからが一番多いとされています。入り口付近に存在感のあるカメラを設置することが抑止力につながります。

エントランスに設置するカメラは侵入者の顔をしっかりと撮影したいので、高画質で撮影・記録ができるカメラが良いでしょう。また、エントランスは夜間でも照明がありますので、赤外線機能は必要ないでしょう。

 

裏口や非常口

マンションでは裏口や非常口も侵入されやすい場所です。常に開放されている場所でもありませんので、建物の内側ではなく、屋外のドア付近を撮影するような位置がおすすめです。

設置する場所の状況にもよりますが、必要に応じて防水タイプのカメラや赤外線機能付きを選ぶようにしましょう。

 

エレベーター内部

侵入者がエレベーターを使用することも考えられますので、エレベーター内部もカメラを設置しておきたい場所ですね。また、女性のための防犯の意味からもぜひ設置したい場所です。

エレベーター内は電源や映像ケーブルのルートが確保できるかがポイントになります。電源はカゴ内照明から取ることができますが、映像ケーブルを引くことは難しいことが多いようです。

そのような場合はワイヤレスカメラがおすすめです。他のカメラもまとめて無線LANを構成するのも方法です。

 

低層階のベランダ

マンションの侵入場所としてエントランスに次いで多いのが窓からの侵入です。1階のベランダが撮影できる場所に設置するのが良いでしょう。

特にマンションでは、裏通りに面したベランダや木立に囲まれた窓が狙われやすい場所になります。

駐車場や駐輪場が足場になって、2階のベランダに入りやすい場所は特に注意して撮影範囲に入るように設置すると良いでしょう。

 

駐車場や駐輪場

マンションでは駐車場での車上荒らしや駐輪場での盗難やいたずらが報告されています。入居者の財産を守る意味では館内と同様の対策をおすすめします。

屋外設置になりますので、防水タイプのカメラで存在感のあるボックス型がおすすめです。また、照明は利用者の利便性も考えて夜間は常時点灯させておきたいですね。

 

屋上出口

マンションでは屋上から直下のベランダに下りて窓から侵入する手口が多く見られます。屋上への出口にカメラを設置することで、抑止力にもなります。

 

その他の設置場所

防犯カメラの設置場所は多いほど抑止効果が期待できますが、費用もかかりますので予算に合わせて設置場所を決めるのが良いでしょう。

予算に余力があれば、エレベーターホールや通路、非常口、ゴミ集積所などの共用部にも設置したいものです。

 

ステッカーも効果的

予算の関係で多くのカメラを設置できない場合は、「防犯カメラ作動中」のステッカーを貼ることもおすすめです。また、ドーム型のカメラで目立たない場合にも有効です。

価格も安くて住みますので、屋外の駐車場や駐輪場に貼るのも良いです。

監視映像の撮影範囲

防犯カメラの意味からも、人の顔がはっきりと撮影できることが重要です。エントランスでは問題ないですが、エレベーターでは人の上から撮影することになります。顔が映る場所選びが重要です。

また、エレベーターでは操作盤の手元が写っているようにもしたいですね。どの階から乗り降りしたかが分かります。

カメラのデザインの選び方

マンションではカメラのデザインも重要なポイントです。侵入者に威圧感を与えるならボックス型がおすすめです。高画質の撮影も可能で人相もはっきりと撮影できます。

居住者に安心感を与えたい場合はドーム型がおすすめです。広角レンズが使用できますので、広い範囲を撮影できます。ドーム型は画質に問題がありましたが、現在ではボックス型に引けをとらない画質が得られるようになっています。

最近の防犯カメラは低価格で性能もアップしています。360度の監視や高解像度、音声録音など機能も豊富に揃っています。最新技術のチェックもしておくと良いです。

マンションの場合は快適性も安心して暮らすための重要なポイントになります。

そのため威圧感を与えないドーム型カメラが良いのではないでしょうか。抑止力を高めるために防犯ステッカーを併用してはいかがでしょうか。

用途や設置場所に合わせてカメラデザインを選ぶことができます。

記録映像は誰でも見られる

マンションの居住者なら誰でも記録映像を見ることができるのでしょうか。一般には、居住者といえども記録映像を見ることはできません。

記録映像はプライバシーに関わる個人情報と考えてください。留守中にお客様が来ていなかったか、夫の浮気が心配、など個人の利用目的ではもちろん見ることはできません。

万が一空き巣事件があった場合は、警察に連絡し然るべき手続きがあった後に映像が提供されます。何も無ければ監視映像は誰の目にも触れることはありません。

まとめ

マンションにカメラを設置する目的や設置場所をご紹介しました。

マンションの防犯カメラは抑止力と安心感という相反する性能が求められます。そのためには、カメラの選び方や設置場所に工夫が必要です。

マンションの場合には設置場所の選択は重要です。監視範囲やカメラ選び、記録方法などに迷ったら、プロに意見を求めるのも良いでしょう。

カメラが多い場合は、無線LANなどのシステム化も検討してみましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 網棚は危険? 安心して荷物を置ける場所とは

    電車の網棚に乗せたカバンが堂々と置き引きに!徹底置き引き対策!!

  2. Molyappイメージ

    【正式リリース】今いる場所の犯罪情報をいち早く察知・危険を回避!お守り防犯アプリ「Moly」正式リリ…

  3. 男性も犯罪に巻き込まれる!男性がとるべき防犯対策とは?

  4. 梅毒患者が過去最高に。しっかりとした自己主張と自己予防を!

  5. バレンタインデーに犯罪が増える!?彼女を守るための防犯(護身)グッズ10選

  6. 防犯対策の情報を記録して近所の人たちで共有してさらに効果的な防犯を!

  7. 東京都内の一人暮らしでも安心!おすすめカギの防犯対策

  8. 入学式を迎える前にチェック! 子どもに教えておくべき防犯術

  9. 【7月25日の事件】被害者は合計67人。和歌山カレー事件とお祭りでの防犯対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP