空き巣は窓のガラスを割って侵入する!防犯対策はガラスを強化しよう

  1. 防犯対策

空き巣の侵入経路は窓のガラスを割って入ることが一番多いようです。

防犯対策をするなら、窓のガラスを強化する必要がありそうです。窓からの侵入手口とそれを防ぐための対策をご紹介します。

 

空き巣はガラスを割って侵入する

空き巣の多くは窓からの侵入です。窓から侵入する場合は、ガラスを割って窓を開けているようです。結構荒っぽい手口です。

警察庁調べでは一戸建て住宅やマンションの場合でも60%近くが窓から侵入しています。

窓の防犯対策をしっかりとしておくだけでも、空き巣被害の可能性を大幅に減らすことができます。

窓ガラスを割る手口とは?

空き巣が窓から侵入する場合は、カギのかけ忘れを除けばほとんどがガラスを割って侵入しています。

人が入れる大きさの穴を開けている訳ではありません。クレセントと呼ばれる錠の近くに手が入る程の小さな穴を開けています。

そこから、手を差し入れて錠を回し、窓を開けて入っているんです。窓の防犯対策を考えるためにも、空き巣がガラスを割る手口を知っておきましょう。

 

こじ破り

ガラスを割る手口で一番多いのがこじ破りです。窓枠とガラスの間にドライバーを差し込むとガラスにヒビが入ります。これを何度か繰り返すとガラスは簡単に割れてしまいます。

こじ破りは音が小さいので、この方法が多く使われます。割れた形が三角形になりますので、三角割りとも呼ばれています。

 

打ち破り

近くにある石や持ってきたハンマーなどでガラスを割る手口です。大きな音がするためあまり使われない手口ですが、一撃で大きな穴が開けられるのが特徴です。

近くに電車が通る場所や工事現場の近くでは、音を紛らすことができるのでこの手口が使われることがあります。

 

突き破り

アイスピックなど先の尖った金属でガラスに穴を開けます。開けられる穴は小さいのですが、音も小さくてすみますので良く使われます。

 

焼き破り

小型のガスバーナーでガラスを温めて水をかけます。その後水をかければ急激に冷やされてガラスが割れます。他の手口に比べて音が小さいので、最近増えている手口です。

スポンサードサーチ

今使っているガラスは安全か?

今、あなたの家の窓ガラスはどんなものが使われていますか。網入りだから破られる心配は無い、と思っていませんか。一般に使われているサッシ窓のガラスでは安全とは言えません。

 

強化ガラスは安全か?

強化ガラスは割れないと思っていませんか。一般のガラスに比べて数倍の強度がありますが、それは耐圧強度が強いという意味です。

風圧などの圧力を加えるだけでは割れにくいのですが、突き破りなどのように先の尖ったもので突くと簡単に割ることができます。

 

ペアガラスは安全か?

最近多く使われているのがペアガラスです。ペアガラスは2枚のガラスの間に空間をもたせています。

ペアガラスは防犯効果を高めているのではなく、防音効果や断熱効果、結露防止のために使われています。

ガラスが2枚だから割るのに手間がかかると思っているかも知れませんが、2枚とも割るのに20秒もあれば十分です。

 

網入りガラスは安全か?

網入りガラスは、ガラスの中に金属製の網が入れられています。このガラスも防犯のためのガラスではありません。

網入りガラスは防火ガラスとも言われ、火災の時にガラスが飛び散るのを防止するためのものです。

ガラスが割れる時にガラスが飛散することもなく割れる時の音も小さいので、返って空き巣には都合がいいかも知れません。

防犯を強化するためのガラス対策

ご紹介しましたように、空き巣は窓ガラスを割って侵入することが多いのですが、現在多く使われているガラスでは空き巣の侵入を防ぐには十分と言えません。

ガラスを割られないための対策、ガラスを割られても侵入を防止するための対策をご紹介します。

スポンサードサーチ

ガラスを割られないためには防犯ガラスがおすすめ

現在多く使われている強化ガラスやペアガラス、網入りガラスには防犯効果は期待できません。ガラスに防犯効果を期待するなら防犯ガラスがおすすめです。

 

防犯ガラスの構造

防犯ガラスは2枚のガラスの間に、貫通しにくい特殊なフィルムを挟み込んでいます。先の尖った金属やハンマーなどで叩かれるとガラスにヒビが入りますが、完全にガラスが割られることはありません。

頑張って突き破ろうとしても時間がかかります。一般に空き巣が諦めると言われる5分では突き破ることはできません。

 

防犯ガラスのグレード

防犯ガラスと言ってもガラスの間に挟むフィルムによって強度にグレードがあります。一般にはPVC樹脂が使われますが、ポリカーボネート樹脂を使ったものがあります。

また、中間フィルムの厚さでもグレードが分かれます。PVC樹脂の厚さは30㎜から90㎜まであり、厚くなるほど強度が高くなります。

また、中間フィルムにポリカーボネート樹脂を使用した防犯ガラスは最高グレードになります。

 

防犯ガラスの交換費用

防犯ガラスの費用は、㎡あたり1.5~7万円と開きがあります。中間フィルムの厚さや種類によって価格が変わってきます。

防犯効果を期待するなら、中間フィルムの厚さが60㎜以上のものがおすすめです。価格は㎡あたり2万円前後からです。

防犯ガラスの他にも工事費用がかかりますが、作業場所などでも違いがありますので見積もりをとってから決めるのは良いでしょう。

 

防犯ガラスの耐久性

防犯ガラスの耐久性はおよそ20年と言われています。それ以降は徐々に耐久性が落ちていくようです。交換には多額の費用がかかりますので、防犯意識の高い方におすすめの方法です。

防犯ガラスに交換した場合は、防犯ガラスのステッカーを貼りましょう。防犯ガラスと知らせることで抑止力になります。

ガラスを割られても入らせないために

防犯ガラスは大きな防犯効果を期待できますが価格も高価になります。もう少し安価に窓の防犯高価を高める方法は無いものでしょうか。

 

防犯フィルムを貼る

防犯フィルムは窓ガラスの内側に貼る特殊フィルムです。ガラスを割られても貫通することが難しくなります。

焼き破りの場合でもフィルムを焼き破るには5分以上かかるとされています。クレセント錠の周囲だけに貼っても効果はありますが、できればガラス全体に貼っておきたいものです。

防犯フィルムは350ミクロン以上の厚さのものが効果が高いと言われています。A3サイズが2枚で4000円前後の価格です。

 

錠を強化する

一般に窓に付けられているクレセント錠には防犯効果がありません。ダイヤル式のクレセント錠に交換することで防犯効果を高められます。

ダイヤル式のクレセント錠は5000円前後で購入できて、取り付けも簡単です。

 

窓の強化

窓枠に補助錠やストッパーを取り付けることで、ガラスを破られても窓を開けづらくすることができます。

また、ガラスが割られる時の振動や音を検知して警報を発する防犯ブザーも効果があります。

補助錠は安いものでは100円ショップで購入することもできます。防犯ブザーも1000円前後から購入できて、取り付けは女性でも簡単にできます。

まとめ

空き巣の侵入手口で一番多い窓からの侵入対策についてご紹介しました。窓からの侵入を防ぐには防犯ガラスに交換することが効果的ですが、施行費用も含めるとかなりの費用がかかることが懸念されます。

安い費用で行える対策グッズでも組み合わせることで大きな防犯効果が期待できます。予算に合わせてご紹介しました対策から検討してみてください。

なお、ご紹介しました価格は2018年現在のものです。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。