交通機関にある防犯カメラの効果は?〜設置状況を詳しく調べてみた〜

犯罪防止にもつながる防犯カメラ。さまざまな場所に防犯カメラが設置されています。防犯カメラが設置されてほしい場所は交通機関ですよね。交通機関の防犯カメラの設置状況を調査しました。

設置される監視カメラ

交通機関内にはさまざまな場所に防犯カメラが設置されています。しかし、まだまだ完全に設置されているとは言えません。主に設置されている場所は次のとおりです。

・主要駅の構内
・ホーム
・タクシー、バスの車内

しかし、これらのカメラは十分に設置されているわけではありません。主要駅でも全てをカバーできていないので、死角になるような場所は多くあります。

また、首都圏エリアの主要駅には設置されているが、自分の最寄り駅では全く設置されていないというケースがあります。この先防犯カメラが設置されるかどうかは、利用者の声、犯罪の抑止力であることが証明しないと難しいと言えるでしょう。

交通機関や駅の構内にカメラをさらに設置してもらい、犯罪の抑止につなげるためには、利用者の声が重要なので、女性が痴漢をはじめとした犯罪被害に遭遇する可能性を回避させるためにも、防犯カメラの設置がいかに重要か、設置数が足りていないかを知りましょう。

交通機関に設置されているカメラの重要性

交通機関に設置されている防犯カメラがいかに重要なのかを考えていきましょう。交通機関の中に防犯カメラが設置されることによって、次のようなことが期待できます。

痴漢などの犯罪を防ぐ

痴漢は、本人が痴漢被害に遭遇したかを訴えるか、痴漢の犯行現場を目撃している人がいなければ犯罪として立証することができません。場合によっては、痴漢被害に遭遇しているのにも関わらず、犯人に逃げられてしまうことがあります。

防犯カメラがあることで、痴漢が発生しても犯人が誰かすぐに特定することができます。犯人が犯行現場から逃げても複数のカメラで犯人を追うことで、犯人逮捕の重要な手がかりにつながることもあります。

また、駅構内のあらゆる箇所にリアルタイムで防犯カメラを見ることができれば、不審な動きをしている盗撮犯を逮捕することもできるため、犯罪を抑止するという点ではとても効果的であると言えます。

不慮の事故を防ぐ

防犯カメラは犯罪を防止するだけではありません。防犯カメラがあることで誤ってホームに落下してしまった人を救助することもできます。また、駅構内に不審なものが放置されていた場合でも、すぐに対応をすることができ、被害を最小限に抑えることができます。

このように、防犯カメラを設置することで犯罪を抑止する、大勢の命を助けるということができるのであれば、あらゆる場所に設置をしてもらいたいですよね。

設置してもらいたい場所

防犯カメラを全ての場所に設置することは不可能と言えるでしょう。しかし、犯罪を抑止するためにここには最低限設置してもらいたい場所はあるはずです。駅構内で設置している駅もあれば、そうでない場所があります。女性にとって、設置してほしい場所は次の通りです。

トイレの入口

出入りが少ないようなトイレの前にカメラが設置されていると犯罪の抑止力につながります。また、盗撮犯をはじめとした不審な動きをしている人を遠ざけることができるので、設置をしてもらいたい場所ですよね。

エスカレーター前

エスカレーターは盗撮被害に遭遇する可能性が高い場所です。このような場所に設置されていれば、盗撮被害も減少し、安心してエスカレーターを利用することができますよね。

エレベーター内

エレベーターの中は密室になるため痴漢被害が発生しやすい場所です。最近のエレベーターにはカメラがついているのであまり心配することがありませんが、古いエレベーターには防犯カメラが設置されていないこともあるので、利用しているエレベーターに設置されているかどうかを確かめてみましょう。設置されていなければ、警戒する必要があります。

公共交通機関の取り組み

ここ最近、防犯カメラの設置の取り組みが進んでいます。タクシーでは、ドライブレコーダーを全車両に設置する動きがあります。また、最近ではバスの車内に防犯カメラを取り付けている取り組みが進んでいます。これは、車内で横行するスリを対策するためです。

バスを利用している人は、車内に防犯カメラがないかを調べなるべく防犯カメラ付近の場所の座席に座るなど意識しましょう。

また、東京メトロでは電車内に防犯カメラを設置する取り組みが進んでいます。この動きが進み効果が検証されれば、東京メトロだけでなく電車内に防犯カメラ設置が当たり前になる世の中が来るかもしれません。

このように、防犯カメラの設置を積極的に設置しようとする動きがあります。近い将来女性が安心して電車に乗ることができる日が訪れるかもしれませんね。期待しておきましょう。

プライバシーはどの程度守られる?

ここで気になるのが、防犯カメラによるプライバシーの侵害です。犯罪を抑止する機能があるとはいえ、本当にプライバシーが保護されているのか心配ですよね。

しかし心配する必要はありません。プライバシーに配慮して映像を閲覧することができる人は限られています。警察が要請した場合と、設置した交通機関内でも閲覧者を制限しています。もちろん、職員の運用管理に委ねられているので、今後トラブルが発生する可能性があります。しかし、常に心配する問題というほとではないでしょう。

まとめ

交通機関のあらゆる場所で徐々に防犯カメラが導入されてきています。それでも犯罪に巻き込まれてしまう可能性がないとは言い切れません。防犯カメラがあるということで、犯罪に巻き込まれた時に証拠になる可能性があるので、よく利用する交通機関の防犯カメラが設置されている場所把握しておきましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 防犯カメラは目的と設置場所に応じて選びましょう

    防犯カメラのDIYは簡単!購入から設置方法まで3つのポイント

  2. 犯罪被害にあったら防犯カメラは証拠になるのか?

  3. あなたの周りに潜んでいるかもしれない!?『ストーカー予備軍』の気質や予兆について紹介

  4. 振り込め詐欺に加担?闇バイトの危険

  5. 【ロックの日】そのカギのかけ方で大丈夫?あらゆるカギを強化して安全に暮らそう!

  6. 防犯対策の情報を記録して近所の人たちで共有してさらに効果的な防犯を!

  7. 海水浴場で夏の装いをしていない人の目的とは?気をつけるべき夏の海のキケン

  8. 防犯カメラは“捜査”に役立つの?最低限おさえておきたい機能とは

  9. 海外旅行もこの“6選”さえあれば安心!?防犯にも役立つ便利なアプリとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP