防犯情報と相談サービスを利用できる地域の施設を知っておこう

防犯に関する情報を収集しても防犯対策には限界がありますよね。実は、防犯情報を防犯のプロからアドバイスをしてもらうことができる施設があります。困りごとから防犯を学ぶ教室の開催まで、さまざまな防犯の知識を得ることができるサービスがあります。

防犯センター

首都圏にお住まいの人であれば、防犯センターがさまざまなエリアに設置されていることをご存知でしょうか。防犯センターは、警察官であったOBが在住し、地域で困ったことを無料サービスとして提供している場所なのです。
この施設では、次のような相談サービスを受けることができます。

・警察に相談するまではいかないけれど、不審者に狙われている可能性がある
・家の周辺の犯罪が気になる
・効果的な防犯対策を知りたい

このように、防犯センターでは警察に110番するまでにはないことを気軽に相談することができます。場所は「自分の住んでいる区_防犯センター」で検索してみてください。防犯センターは24時間開いているわけではありませんが、困った時には迷わず相談してみましょう。

防犯センターでは警察OBの方からアドバイスをもらえるので、どうしたらいい分からず困っている人にはオススメです。また、東京以外の街でもこのような施設を設置している街もあるので、一度自治体に確認してみましょう。

暴追都民センター

渋谷や新宿で執拗なスカウトに話かけられて仕方なく連絡先を教えたら、執拗以上に連絡が来て困っているという人も少なくないようです。スカウトの場合、暴力団が裏で関与している可能性があります。いくら断っても執拗に関わろうとする、脅しのような文言がLINEなどで連絡が来る場合は、暴追都民センターに相談してみましょう。

ここは、暴力団に悩まされている市民から身を守るためにつくられた施設なので、暴力団情報を提供する意味でも利用してみてはいかがでしょう。もちろん、このような施設に訪れないですむよう、街でスカウトに声をかけられても相手にしないようにしましょう。

防犯を学べる施設

ここまでは、防犯に関する相談ができる施設を紹介してきました。ここからは、自分で防犯の知識を身につけるための教室を紹介しましょう。防犯教室では、今どのような犯罪に気をつける必要があるのかを知るだけでなく、実践的な方法を得ることができます。

このような教室に通うだけで防犯意識を高めるだけでなく、万が一の時に役に立つのでぜひ検討してください。

防犯教室

自治体や警備会社では、親子向けの防犯教室を開催しているサービスもあります。このような場所では、警察OBの経験やや実際の犯罪データをもとに、どのような防犯意識が日頃から必要かを知ることができます。

特に、親子で受けることができる防犯教室では、子どもと一緒に防犯について学ぶことができ、楽しく防犯の意識を高めることができます。学校でも定期的に防犯教室を開催していますが、子どもの犯罪意識を高めるためにこのような教室に積極的に参加するようにしましょう。

子どもだけでなく、親がどのような点に気をつけなければいけないかを知ることができるので、防犯意識を高めたいと考えている親御さんにはオススメです。

女性向けの防犯セミナー

防犯教室には、子ども向けだけでなく女性に特化した防犯教室(セミナー)を実施している企業や公共施設もあります。このようなセミナーは、1人暮らしの女性、20代の女性に向けた防犯への認識を向上させるために行われています。

これらの教室では防犯に関する情報を聞くだけでなく、実践的なことを学ぶことができます。特にオススメが、護身術も合わせて習得することができるセミナーです。

護身術のやり方は動画などで学ぶことができますが、実際に体に覚えさせないと万が一の時に体を動かせないかもしれません。このような護身術を実践的に学べるセミナーに参加すれば、必要最低限の護身術を身につけることができます。万が一の時に護身術が出せるよう、セミナーで動きをしっかり確認しておきましょう。

セミナーを利用するメリット

このようなセミナーやサービスを利用するメリットは、次のような点にあります。

・防犯意識を高めることができる
・実践的に学ぶことができる
・最新の犯罪情報を知ることができる

犯罪は常に変化しているため、インターネットに載っているもので全ての犯罪に対応できるわけではありません。新手の犯罪から身を守るためには、最新情報を知ることができるセミナーに通うこともオススメします。また、これらのセミナー料金は比較的安く設定されているので、気軽に受けることができるのもメリットだと言えるでしょう。

まとめ

犯罪に巻き込まれないために大切なのは、日頃から防犯意識を高めておくことです。とはいえ、防犯意識は持っていても、実際に防犯に役立つ知識を得るのは意外と大変。このような防犯セミナーに通う、防犯センターのような場所で警察OBに相談すると良いでしょう。自分の身を守るためにも、日頃から防犯意識を高めておいてくださいね。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 置き引きへの対策、本当に対策をする意味はあるの?

  2. 【盗撮御殿】自宅に隠しカメラを38台も取り付けて盗撮行為に及んだ富豪

  3. 入学式を迎える前にチェック! 子どもに教えておくべき防犯術

  4. 空き巣の検挙率はどれくらい?捕まったらお金は返ってくるの?

  5. 【温泉の日】旅行時に気をつけたい旅行の防犯対策!!!

  6. 日本不審者情報センター

    【活用】生活拠点などにおける不審者の有無は不審者情報センターで調べてみよう!

  7. 【旅行に潜む危険】夜行バスに乗るときに注意したいアレコレ

  8. 東京都は防犯パトロール活動が盛ん

  9. 革新的!?防犯カメラを使った一人暮らし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP