街の防犯対策をより効果的する防犯連絡員とは!?

防犯対策をする上で大切なことは、住人の防犯意識を高めるということです。防犯意識を高めるためには、防犯対策の主体となる住民同士が連絡しあうことも重要です。このページでは、連絡の大切さについて、詳しく紹介していきましょう。

犯罪を周囲に知らせることの大切さ

犯罪が発生した時に大切なことは、情報を近隣住人に速やかに伝え情報を共有するということです。住んでいるエリアで犯罪が発生した場合は、犯人がどのような人物で、どこで犯罪が発生したのかを詳細に伝えましょう。近隣住人が犯人逮捕につながる情報を知っている可能性があるため、住人たちに連絡することはとても大切です。

また、犯罪が近隣で発生した場合は、次にターゲットになるのは自分の街の可能性があるので、犯罪から未然に防ぐために住人に連絡をする必要があります。

このような連絡を積極的に行う制度が、防犯連絡員という制度があります。この制度はあまり知られていませんが、防犯対策をする上でとても大切な役割を持つ制度になります。

防犯連絡員の役割

防犯連絡員とは、警察OBの連絡員が警察と自治体のパイプ役となり、地域安全のために貢献をするという制度です。警察のOBということもあり、警察に話がしやすく、犯罪に対しての意識も高いので専門的なアドバイスを聞くことができます。

また、地域でパトロール活動を行う際は、防犯連絡員も参加して活動を支援するなど犯罪を抑止するための貢献活動を行います。

防犯連絡員の問題点

防犯連絡員は、犯罪を抑止するために重要な役割を担っているものの、ここ最近ではいくつかの問題点が挙げられています。

防犯連絡員の高齢化

防犯連絡員は、基本的に警察OBです。最近は高齢化が進みその役割に限界があると言われています。

防犯連絡員制度の形骸化

防犯連絡員がいるものの名ばかりで実際は活動していないというケースもあります。これは、防犯連絡員に問題があるのではなく、住人たちが自治会を積極的に運営していないために、このような制度が全く役に立たないというケースです。犯罪が発生した時に、地域住人の連携ができていなければ次の犯罪も発生する可能性があるので、自治会である程度防犯対策をする必要があります。

このように、防犯対策をする上で活用できる制度でありながら、問題点もあるため自分たちで解決をしていかなければなりません。

連絡活動を活発にする方法

防犯連絡員に防犯対策を委ねるのではなく、連絡活動を自治会で活発に行う必要があります。そのためには、やるべきことが大きく分けて2つあります。何をすべきか詳しく紹介していきましょう。

連絡手段を検討する

まずは連絡手段の検討です。自治会ごとに新しい連絡手段で犯罪に関する情報を伝達する方法を検討しなければいけません。昔のやり方は連絡網を作り電話をすることで伝言をするといった形ですが、最近では、ネットを活用した連絡手段があるのでそちらをうまく使いましょう。
スマホが普及して多くの住人に一気に情報を配信できるようになっています。LINEやfacebookなどのSNSを使用すると効率です。

連絡内容を決める

さまざまな連絡ツールがあり活用できますが、どのツールをどのように使うかを参加者の間でルールを決めて運用しなければなりません。例えば、緊急性の高いものであればLINEで連絡をする。地域の安全情報はFacebookで知らせるといった状況に応じた共有方法をしっかりすれば、情報を受け取る住人も、重要度が違うことで対応が簡単になります。

連絡を共有しておくことのメリット

このような連絡網を作ることで、次のようなメリットがあると考えられます。

防犯意識を高める

最も大切なこととして、犯罪の情報を共有することができるので防犯意識が高まる点があります。防犯意識が住人の間で高まれば、パトロールを開催した際に参加者も増えることになります。

地域の犯罪率の低下が期待できる

防犯意識が高まれば、住民それぞれがさまざまな犯罪に対しての対策を講じるようになるため、犯行がしにくい街という印象を、窃盗犯、不審者などに植え付けることができます。情報の連絡をしっかりするだけで、このような効果が期待できるので、ぜひ防犯意識を高めるためにも積極的に連絡方法を活用して、犯罪情報を共有していきましょう。

まとめ

犯罪が発生する可能性を少しでも低くするためには、住人の意識を変えなければいけません。意識を変えるために役に立つものが、犯罪情報の共有です。住人どうしでしっかり情報の連絡が行なえれば、犯罪を未然に防ぐことができるので、ぜひ積極的に取り入れていきましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 2階の防犯にカメラを設置!意外と狙われやすいバルコニーに注目!

  2. アプリで防犯対策

    【活用】防犯対策にアプリをダウンロードしてみよう!また防犯アプリの基本的なことについて紹介

  3. 見張られてる?ストーカーに気づいたら相談すべきところとは

    ストーカー被害を感じてから警察に相談するタイミングは、いつ?

  4. 【大掃除】新年を迎える前にCheckしたい家の防犯!!

  5. 【7月29日の事件】何故自分の母親を?山口母親殺害事件の謎

  6. 窃盗と強盗の違いって? 犯人の手口はどんなものがある?

  7. メンタルケア心理士が教える「子どもがSNSを使う心理と危険性、そして家族にできること」

  8. 【必読】女性たちのためのセキュリティー オートロックで防犯は万全か マンション住人全体で考えること

  9. 侵入窃盗は店舗でも発生する!大切な従業員と売上を守る方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP