注目の記事 PICK UP!

海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

この時期、日本ではなく海外でお正月を迎える方もいらっしゃいますよね。

日本とは違う景色や建物、食べ物といったものについつい夢中になる人も多いのではないでしょうか。けれど、そんな時こそ気を付けなければいけません。

海外、とくにヨーロッパでは、「スリ」の被害に遭う日本人が増えています。

日本は財布を落としても、誰かが見つけて交番に届けてくれますよね。でも海外は違います。むしろ、落ちていなくても盗まれてしまうのです。

そこで今回は、スリ被害にあわないバッグとおすすめ対策をご紹介します。

せっかくの海外旅行を楽しく過ごせるように、事前に準備しておきましょう!

スリの手口は?

スリの手口はスピード勝負です。素早い動きで相手に気づかれないように、サッと盗んでしまいます。

まずは、スリがどんな手口をしているのかを知って、対策を練りましょう。

 

集団

1人1人に役割がふられていて、その仲間が協力してスリを行います。まず1人がターゲットの気をとらせている間に、2人目が財布を抜き取ります。さらには、財布を抜いた瞬間を見られないように、3人目が周囲から隠します。

例えば・・・

・わざと服に汚れを付け汚れていると声をかけて、その汚れを拭いている間

・写真を撮っているときにぶつかって、そちらに気をとられている間

・署名やアンケートをお願いしている間

声をかけられたときは要注意です。絶対にバッグを体の前に持ってきて離さないでください。

 

電車やバスに乗りこむ瞬間や車内

乗り込む際にピッタリ後ろにくっついて、背後からポケットやカバンに手を突っ込み抜き取ります。この手口は電車やバスだけでなく、路上でも行われます。町を出歩く際にも注意してください。

日本人は電車やバスで寝ている方多いですよね。海外ではそのような行動をする人は、ほとんどいません。なぜなら、スリに狙われてしまうからです。絶対、海外に行ったときは電車やバスで居眠りはしないでください。

 

ナイフでカバンを引き裂いて抜き取る

正直驚きの行為ですが、ナイフで引き裂いて抜き取る犯人もいます。とくに狙われるのはリュックです。リュックはなるべく避けて、ショルダーバッグで出歩きましょう。

海外ではスリにあっている人を見かけても、それを教えてくれる人はあまりいません。自分の身は自分で守るしかありません。

海外旅行でやってはいけないこと

海外は日本に比べて、治安が悪い場所がたくさんあります。そこで海外で絶対にやってはいけないこと8つをご紹介します。

 

①バッグを後ろにかける・背負う

日本はショルダーバッグを後ろにかけている方や、リュックを背負っている方が多いですよね。でも、それは海外ではとても危険な行為です。

背後は常に見ることができません。とくに日本人はリュックを勝手に開けられるとは思っていないので、背後の警戒心がかなり低いです。

必ずバッグは前にして、私は警戒していると周りにアピールしましょう。

 

②バッグは開けっ放し

当たり前ですが、絶対にファスナーは閉めてください。開いていると狙われてしまいます。

トートバッグは折りたためて、持ち運びしやすいため利用する方が多いですが、おすすめしません。使うのであれば貴重品は入れずに、盗られても多少構わないものにしておきましょう。

 

③ポケットに貴重品を入れる

日本ではよく、男性がポケットに財布を入れている方を見かけます。海外ではそういった人は真っ先に狙われるので、必ずバッグの中にしまいましょう。

 

④荷物から手と目を離す

・財布を取り出すのにバッグから手を離した瞬間や

・トイレに行くのに少しだけ離れた瞬間

・飲食店で席に座ったときバッグを椅子の後ろに置いた瞬間

持ち主の手と目が離れた瞬間が非常に狙われやすいです。手が無理なら足でガードすることも覚えておくといいですね。

 

⑤交通機関での居眠り

日本では当たり前に見る光景ですが、海外では非常に危険な行為です。車内でも気を抜かず、周囲を警戒してください。

 

⑥現金をたくさん持ち歩く

現金はその日に使う限度額を決めて、それ以上は持ち歩かないようにしましょう。もし盗られても、別に残しているお金があるので安心です。

海外旅行でのおすすめバッグ4選

セキュリティポーチ

セキュリティポーチは海外旅行では必須のアイテムです。腹巻タイプとショルダータイプがあります。

薄くて軽く、服の下に着用が可能なため、上着を着てしまえば付けているのがわからないようになっています。

選ぶポイントとしては・・・

・ポケットが多く薄いもの

・ベルトの調整ができるもの

・スキミング防止があるもの

・防水機能が付いているもの

です。

スキミングとは、「スキマー」と呼ばれる装置で、クレジットカードやキャッシュカードの情報を読み取り、その情報を基に作った偽造カードで不正に利用されてしまうことです。

 

ウエストポーチ

セキュリティポーチと比べると

・物が多く入る

・取り出しもしやすい

・肩が凝りにくい

・かさばらない

という利点があります。

逆に、ここに貴重品が入っていますというアピール感や、デザインがカジュアルなため服装が限定されるという欠点もあります。

もし、フォーマルなお店に行く予定なら、ウエストポーチはやめたほうがいいですね。

 

ショルダーバッグ

ショルダーバッグであれば、きれいめのデザインもあるのでおすすめです。ただし、肩にかけるときは必ず体の前にしてくださいね。

 

多機能リュック

 

(楽天市場:Anti Thief Backpack 多機能防犯バックパックより引用)

どうしてもリュックがいい人にはこちらがおすすめです。

こちらの商品は防犯・耐刃・はっ水といった機能が備わっている、多機能防犯バックパックです。防犯機能として、セキュリティポケットやファスナーが外から見えない構造になっています。

おすすめ防犯対策

バッグ以外にも防犯対策ができます。

①財布を持たない

財布を持つと、ここにお金がありますよというアピールになるため、狙われやすいです。お金はセキュリティポーチに直接入れるか、別の袋に入れるようにしましょう。

もしくは、現金は最低限にして、クレジットカードをメインにすると安心です。

 

②現金は分けて収納する

盗まれることを想定して、現金は分けて収納しましょう。万が一、盗まれても分けてあるので、被害を小額に抑えられます。

 

③貴重品にはチェーン

貴重品が入ったポーチにチェーンを付けておくと、盗られても気づきやすいためスリ防止なります。

 

④バッグは上着の下に

ショルダータイプは上着の下にかけると、周りから見えにくくなり安全です。

 

⑤ファスナーを安全ピンやダイヤル式の鍵で施錠

ファスナーを開けるのに時間がかかるため、狙われにくくなります。また、こちらはスーツケースにもおすすめの防犯対策です。

そして何より大事な対策は・・・

隙を見せないこと!

これは絶対に忘れないでください。スリをする人たちは、ちょっとした瞬間の隙を狙って犯行に及びます。日本のように安全な場所ではないということを忘れずに、海外旅行に行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

スリは世界各地で起きていて、誰もが行きたいと思うヨーロッパでは被害が多数出ています。

スリから身を守るためには

・隙を見せない!

・貴重品は体の近い場所に収納する!

・どんなときも荷物から手を離さない!

・バッグは体の前に!

以上の4点は最低でも行ってください。そして、万が一を想定して、被害が起きたときの緊急連絡先を控えておきましょう。

旅行前に対策をしっかりして、楽しい思い出を作ってくださいね。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. マンションに防犯カメラは必須アイテム!カメラ設置の注意事項をご紹介

  2. 【リサーチ】防犯性はどこまで期待出来る? カラーボールの効果と使い方

  3. 「ワンドア・ツーロック」1つのドアに鍵は2つは当たり前!あなたの部屋を守る、おすすめ補助錠をご紹介!…

  4. 防犯映像を残すためにトイレに防犯カメラを設置? プライバシーには問題なし? 

  5. 痴漢に遭わないために痴漢被害について知っておきたいコト

  6. 男性も犯罪に巻き込まれる!男性がとるべき防犯対策とは?

  7. 【防犯】強力な防犯対策は”防犯カメラ”×”カギ”の組…

  8. お店の電源を勝手に借りるのは犯罪だった?

    窃盗罪とは?意外と知らない実は○○も窃盗だった!

  9. 年末年始に気をつけるべき防犯対策

    【今年は防犯の年】年始に増加する侵入窃盗への防犯対策5選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP