知らない間に標的に!?もしもの時は防犯カメラを頼りましょう

人がたくさん集まる駅などでは、痴漢や荷物や貴重品の盗難などの犯罪率も高くなってきます。

このような犯罪を抑止するために、駅では防犯カメラが設置されていますが、個人でも様々な防犯対策を取る必要があります。

 

駅での防犯事情

駅では人がたくさん集まるため、それだけ犯罪が発生する可能性も高くなってきます。

特に、学校や会社への通勤や通学に電車を利用するために、駅を使う人が多く、電車は運賃が比較的安価に設定されているため、地域を問わず、利用者が多いことでしょう。

自動車を利用するのも便利ですが、車を止める際の駐車スペースや燃料が必要になってくるため、人によっては公共交通機関や電車を利用する方が、自分の生活のスタイルに合っていると考える人もおられるでしょう。

しかし、上記のような決まった時間に、その電車を利用する人が多いため、利用客が少ない駅では、その時間帯に駅に集まる人も似通ってきます。

このような状況が発生するため、犯行を考えている立場の人間からすると、標的となるターゲットが、毎日決まった時間帯に、駅に現れる事を意味しています。

防犯カメラの役割

しかし、一般的に駅では、非常に多くの利用者が現れるため、人の混雑が激しく、警備を増員して防犯対策を行っても効率が悪くなります。

こで、駅の防犯対策の一環として駅の中には、様々な場所に防犯カメラが設置してあります。

防犯カメラは、人間と違い、あらかじめ決まった動作を繰り返す製品や、角度が固定されたものが、多くの駅で利用されています。

 

1.証拠を映像で記録できる

痴漢が行われた時は防犯カメラの映像を証拠として扱うことができます。

さらに、防犯カメラには、痴漢による冤罪被害を防ぐ役割もあり、他にも痴漢行為を行った者を逮捕できる可能性が高くなります。

なぜなら、防犯カメラが有する証拠能力は非常に高く、痴漢行為が行われた疑いのある関係者に聴取を行い、その言動や内容が、防犯カメラに記録された映像と異なっているか否か、即座に確認することができるからです。

 

2.視覚効果による抑止力

防犯カメラが近くにあれば不審な行動を抑制することができます。

近年、防犯カメラの映像を記録している「ハードディスク」は、従来の物と比べ、かなり容量が増えました。

この仕様により、以前のカメラみたいに過去に記録された古い映像が、上書きされ消えてしまう事もなくなりました。

このような背景から、駅内部で痴漢や盗難被害に遭った時は、ある程度の期間まで過去の記録を調べてもらえるようになりました。

つまり、犯行に及んでいる証拠の映像が保存されていると、警察に対し言い逃れをする事が不可能になるため、犯人の心理状態を、防犯カメラの存在を思い浮かべることで、痴漢行為を辞めようとする心理傾向に持っていくことができます。

すぐにできる防犯対策

特殊な技能や知識がなくても、明日の朝から、駅で待っている時に実践できる防犯対策もあります。

 

1.行動パターンを変えてみる

たまには、行動パターンを変化させてみましょう。

社会人や学生は、毎日同じ時間帯に駅を利用しなければいけないため、このような対策を取ることは難しいかもしれませんが、日々の行動パターンを相手に知られると、

自分が気付かないうちに、痴漢の標的にされている可能性もあります。そのため、余裕がある日は、時間をずらして、通勤・出勤すると良いでしょう。

 

2.利用する車両に気を付ける

電車に乗る際に、女性専用車両があるときは、必ずその車両を利用するようにしましょう。痴漢行為を行う男性も、わざわざ女性専用車両と周知されている場所に、進んで入ってくる可能性は低いからです。

 

3.キーホルダーに防犯ブザーを利用する

日頃から、防犯ブザーを身に着けておきましょう。特に、相手から見えやすい場所に取り付けておくことで、相手を威嚇することもできます。

さらに、カバンなどにキーホルダーの代わりに取り付けておくことで、防犯意識の高さを周囲の人間にアピールできます。

 

4.気弱な雰囲気を出さないようにする

相手に隙を見せないように毅然とした態度を崩さないようにしましょう。

具体的には、背筋を伸ばし、下ばかり見ないように気を配りましょう。他には、新聞やスマートフォンなどを利用しながら、堂々とした姿勢を見せつけるのも1つの方法です。

気の強い活発な人物を演出することで、標的にされる可能性を下げることができます。

 

5.予期せぬ事態が起きた時に対応できるようにする

不審な人物を見つけたら、すぐに携帯電話やスマートフォンを鳴らせるようにしておきましょう。

駅で電車を待っている時や、電車の中では特に効果があります。

周囲の人も、いきなり携帯電話の着信音が鳴ると、その音の方向に「視線」が向いてしまいます。このように、周りの目を、犯人に向けさせるようにしましょう。

人が多い駅では窃盗被害にも注意を

他にも、駅や電車で、最も発生する確率が高い犯罪が「窃盗」になります。手提げバックから現金の入った財布を抜き取られたり、隣にいる人のリュックからキャッシュカード盗んだりなど様々な事例があります。

電車の中で被害に遭うイメージが多い窃盗被害ですが、駅の中でも、わざとぶつかりバッグから財布を抜き取られる可能性も十分に考えられるため、カバンのファスナーは閉めて、隙を見せないように注意が必要です。

まとめ

以上のように、電車の中だけでなく、人が多い駅の中でも、犯罪が発生する可能性は低くありません。

防犯カメラが設置してあるからと安心することなく、このような事件を、他人事だと考えないようにしましょう。自分の身に降りかかった時には、冷静に対処できるようにしておきましょう。

もしもの時のために、交番やコンビニなど駆け込むことができる場所を考えておくことも重要です。

また、痴漢は相手が物静かな女性で反応が薄いと、犯行がエスカレートする傾向にあります。朝の忙しい時間帯や夜の疲れた時間帯に、このような事態に遭遇しないためにも、自分自身で実行できる防犯対策から考えていきましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 駐車場は犯罪の温床!犯罪の種類やクルマの防犯対策

  2. 置き引きは日本でも起きる!?手口と対策を知って被害をくい止めよう!

  3. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  4. 泥棒と対面してしまったらどうする?遭遇時の対処法と対策とは

  5. 【夏の終わり】日の短くなり始めがキケン。秋も性犯罪に要注意!

  6. 商店街で発生する犯罪に対処する!防犯対策のポイント

  7. 誤認逮捕は年間でどのくらい発生しているのか?防犯カメラの進歩と扱う側の課題について

  8. こんなお返しには要注意? ホワイトデーに潜むストーカー被害

  9. 変質者による事件から身を守るために必要なこととは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP