外出中に自宅を防犯!?話題のネットワークレコーダーについて

近年、様々な場所に設置されている防犯カメラは、色々な場面で役に立っています。

しかし、カメラの性能ばかりに目を取られ、対応しているレコーダーの存在を疎かにしていませんか。

今回は、レコーダーの種類と機能について、ご紹介していきます

 

カメラで記録するという事

防犯カメラの一番のメリットは、何らかの犯罪に巻き込まれた際に、犯人を逮捕する手がかりになる証拠を、映像として保存し「記録」できる点にあります。

また、防犯カメラを証拠として扱う時は、凶悪な犯罪や強盗などの映像を、記録しているデータを提出するイメージをされる方が多いですが、他にも不審者の特徴を映像に残し、ゴミの不法投棄などの証拠を記録することによって、防犯カメラは活躍しています。

モラルの向上にも役立つ

そして、悪質な訪問販売業者を近寄らせないようにする効果もあります。これは、セールスや詐欺の犯行を行う際に、犯人が防犯カメラに自分の顔を映像として「記録」されることを嫌う傾向を逆手に取ったやり方です。

仮に、このような場面に遭遇しても、記録した映像を頼りに、事件解決に向けて捜査の重要な証拠として、警察に提出することができます。

これら以外にも、地域住民のゴミ出しのルールを徹底させる、モラルを向上させる取り組みにも有効です。

録画とダミーカメラについて

記録はできませんが、本物防犯カメラと見分けがつきにくい、「ダミーカメラ」を設置する方法もあります。

ダミーカメラとは、名称の通り映像を記録として残すことはできませんが、電気代などがかかることがないため、簡単に設置もでき、犯罪をある程度抑制できます。

しかし、録画機能がないため、防犯効果を考えているなら、一般的なカメラほうが活躍の幅は広がります。

カメラとレコーダーの重要性

一般的に、監視カメラや防犯カメラの映像を、録画しているレコーダーは、複数台の映像を録画したカメラと接続することができ、録画されているデータの保存を行う事ができます。

また、インターネット回線を繋げることで、外出中でもスマートフォンやパソコンを利用して、現地の防犯カメラが録画しているライブ映像を、自身の手元で確認することができます。

デジタルとネットワークレコーダーの違いについて

以下では、防犯カメラが記録した映像を保存するレコーダーの性能や種類について、説明していきます。一般的に、防犯・監視カメラで記録した映像を録画するには、カメラとは別にレコーダーに接続する必要があります。

そこで、レコーダーには、デジタル・ビデオ・レコーダーとネットワーク・ビデオ・レコーダーの2種類に大きく分けることができます。

特に近年注目されているのが、ネットワーク・ビデオ・レコーダーで、これは、デジタル・ビデオ・レコーダーと異なり、記録された映像の画質が劣化することがなく、インターネット上に接続する機能が付いているため、外出中でも簡単に、遠隔操作で映像を録画することが可能になりました。

 

1.デジタル・ビデオ・レコーダー

デジタル・ビデオ・レコーダーとは、DVRとも呼び、これはデジタル、ビデオ、レコーダーのイニシャルを取ったもので、

一昔前のように、磁気テープを使用したアナログの方法ではなく、防犯カメラの映像を記録したデータを、「デジタルデータ」として記録しているため、このような呼び方をしています。

しかし、現在の防犯カメラのほとんどがアナログ形式で記録されることは、ほとんどなく、一般的なレコーダーと言えば、そのすべてがデジタル・ビデオ・レコーダーと言っても過言ではありません。

ちなみに、この時利用されている記録媒体をハードディスクドライブ(HDD)と呼びます。

ちなみに、ハードディスクドライブ(HDD)とは、プログラムや保存したデータを電磁的方法により、読み込みや書き込みを行う記憶機能を持った装置の事です。

内部構造については、「プラッタ」と呼ばれるデータを記録する円盤が、いくつか内蔵されていて、これと磁気ヘッドを使い、データの書き込みや読み出しを実行する仕組みになっています。

「プラッタ」は、データを処理している時は、高速回転しているため、この高速回転中に、レコーダーに衝撃を加えると、内部のプラッタと磁器ヘッドがぶつかり合い、記録されているデータが消失したりする原因になります。

 

2.ネットワーク・ビデオ・レコーダー

ネットワーク・ビデオ・レコーダーとは、NVRとも呼び、ネットワーク、ビデオ、レコーダーのイニシャルを取ったものです。このタイプは、ネットワークに直接繋ぐことができるカメラになります。

よく似ている名称に、「ヤマハネットワーク」の商品にNVR 500という名前の製品がありますが、こちらは、「ブロードバンドVoIPルーター」になるため、混同しないように注意が必要です。

ネットワーク・ビデオ・レコーダーとデジタル・ビデオ・レコーダーの大きな違いは、ネットワークに接続できるか否かという点につきます。しかし、この性能差が2つのタイプを隔てる決定的な差になっています。

なぜなら、ネットワークに接続できるというのは、レコーダーの近くに座っていなくても、防犯カメラの映像を録画し、その録画した映像を、別の地点にある場所にインターネット経由で、送ることもできるからです。

実際に、ネットワーク・ビデオ・レコーダーは家庭用やオフィス用を問わず、利便性が高いため多くの環境に導入されつつあります。

レコーダーの注意点

レコーダーを購入する際に注意すべきポイントもあります。それは、設置するカメラの接続台数についてです。大半のレコーダーは、最初に録画するカメラの台数を選択することができます。

さらに、防犯カメラの台数は増設することができますが、レコーダーは同じ要領で増設することができません。

なぜなら、レコーダーの場合は、最初にチャンネル数設定するため、後から防犯カメラを設置しても、最初に設定したチャンネル数を、後から追加したカメラの台数分、レコーダーに追加することができないからです。

そのため、カメラの購入を決める前に、どのくらいの数の防犯カメラに対応するレコーダーを設置するのか考えておくことが必要です。

このような事態に対応できるように、最終的に何台のカメラを取り付けるべきか判断が付かないときには、事前にチャンネル数の多いレコーダーを購入するのがオススメです。

まとめ

以上のように、防犯カメラとレコーダーには密接な関係があります。防犯対策にダミーのカメラだけ設置しておられる方も多くいます。

しかし、技術の進歩により、外出先でもスマートフォンさえあれば、カメラの映像を確認することができるようになりました。

このように、カメラの性能だけでなく、レコーダーの録画や再生の機能も、防犯対策に重要なポイントだと言えます。

執筆者:Moly編集部

関連記事

  1. 一人暮らしの女性は防犯情報をこまめにチェックしよう

  2. 空き巣の検挙率はどれくらい?捕まったらお金は返ってくるの?

  3. 【ポイントは切手?】本物っぽい○○ハガキを送ることで相手を騙す架空請求の手口とは

  4. 【笑ってはいけない闇営業】暴力団や半グレ集団はもしかしたらすぐ近くにいるかも…

  5. メルマガ開始告知のイメージ画像

    【Moly.jp公式メルマガ開始】防犯緊急対策やメルマガ独自の情報をお届けします

  6. 【要チェック】それ本当に佐川急便からのメール?再配達お知らせメールが実は詐欺だった

  7. もしもの時のために「子ども110番」についておさらいしておこう!

  8. これってストーカー?分からない時は規制法を確認しよう。

  9. 日が延びても夜の一人歩きは危険!夜に起きやすい犯罪とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP