アパート・マンション選びに欠かせない防犯カメラとオートロック

間取り良し!駅までの距離バッチリ!そんなお部屋でも防犯に対して無防備では困りますよね。快適な間取り選びの前に大切なオートロック設備と防犯カメラを考えてみましょう。

お部屋選びでオートロックと防犯カメラをチェック

お部屋選びで防犯面を考えた時、重要になるポイントは第一に玄関と鍵です。その中でも玄関がオートロックかどうかは重要な防犯対策要素となります。オートロックとは文字通りに捉えると「自動でドアが開閉すること」ですが、一般的にはマンション、アパートなどの共有玄関をオートロックと呼びます。

その昔、オートロックといえば高級マンションだから設置されているハイコストのイメージでしたが、最近はマンション、アパート、共に家賃の高低に関わらずオートロックが普及してきています。ですから、たとえ安いアパート、マンションでもオートロックはついているのが大前提としてお部屋を選ぶことが出来ます。

オートロックのメリットとデメリット

オートロックが付いていれば安全というわけではありません。オートロックとはどういうものなのか? そのメリットとデメリットをしっかりと頭に入れておきましょう。

オートロックのメリット

オートロックのメリットはなんといっても、共有玄関を設けることでマンション内部に入れる人を基本的に居住者だけに限定できることです。共通玄関と実際の自分の部屋のドア、2重に入り口が存在することになり、それだけで物理的に防犯に優れるようになります。不審者はもちろん、セールスの人なども入ることは出来ません。この守られている安心感はオートロックならではです。

オートロックのデメリット

もちろん、デメリットも存在します。1番のデメリットはオートロックであるという安心感から生まれる油断が多くを占めます。たとえばオートロックのマンションにありがちなのが、裏の出入り口。表玄関はオートロックでも実は裏口は単純に開け閉め出来る簡単なオートドアである例が見受けられます。また、オートロックだからといって安心して部屋の鍵をかけ忘れるなんてことも。「ゴミ捨てなんてほんの数分、オートロックだし」なんて部屋の鍵をかけないのも油断から生まれるデメリットですね。

オートロックの種類と防犯性能

ひとえにオートロックといっても、カードキーもあれば指紋認証までその種類はさまざま。その種類を見比べると共に、どのような施錠方法オートロックがベストなのか考えてみましょう。

・共用キー
・暗証番号
・カードキー
・指紋認証

大きく分けてオートロックの種類は4種類ほど。それぞれに特性があり、メリットデメリットも違います。

共有キー

部屋の玄関の鍵とオートロックの鍵が一緒のタイプです。鍵をいくつもジャラジャラと持つ必要がなく鍵1本で済むのでとっても楽チン。鍵の種類はディンプルシリンダータイプ(穴がポコポコ空いている鍵)が多くなっています。複製を作るのも難しく防犯面に優れています。当然デメリットとしては鍵を忘れたらマンションにも部屋にも両方入れないこと。忘れんぼうな人には不向きなタイプの鍵ですね。

暗証番号

居住者全員が共通した番号のタイプと、それぞれ番号を個人設定するタイプの2種類があります。基本、毎日出入りする家の番号ですのでうっかり忘れるなんてこともなく、鍵もないのでとても便利です。ただし、さりげなく背後から暗証番号を見られてしまえば鍵のコピーなど不要ですぐに侵入されてしまいます。自分が見られまいとしていても、他の誰かが見られてしまえば同じ、暗証キーのデメリットです。

カードキー

カードキーはホテルによくあるタイプです。シュッとカードを通すタイプとSuicaやPASUMOみたいにタッチ式のタイプの2種類があります。また最新式としてはスマホアプリと連動するタッチ式もあります。こちらも共有キー同様、忘れたら同じ、入れません。ただし、うっかり複製を作られることがない高度な防犯キーになります。

指紋認証

指紋認証はまだ設置費用が高く、なかなか普及していないのが実情です。指紋が鍵なのですから複製を作られることもなく、鍵としてはとても優れています。ある程度の肌荒れなどがあってもしっかりと認証するので、デメリットとしては普及率の低と設置費用くらいでしょう。

自分に合ったオートロックを選ぼう

どのオートロックが気に入りましたか? 指紋認証が恐らく断トツに便利ですが普及率が低く、設置されていても高級マンションになります。他にもそれぞれメリットデメリットがありますが、正直なところ賃貸物件では、もともとついているタイプを受け入れて使うしかありません。それぞれの施錠方法のデメリットや弱点を理解して、注意して使うようにしてください。

防犯カメラは自己主張しているかがポイント

お部屋選びの際に大切なポイントとしてもう1つ、防犯カメラの存在があります。防犯カメラもすっかり普及しましたので、設置されているのは当然として、それが撮られる側からハッキリと見える位置に設置されているかどうかがポイントになります。もちろん録画性能の良い防犯カメラが良いのは言うまでもありませんが、それよりも大切なのは防犯カメラが設置されていることを主張していることです。

オートロックの手元が映るカメラ、自動ドアを移すカメラ、エレベーターの中、エレベーターの出入り口、部屋の玄関、ポイントとなる場所に誰もがわかるように防犯カメラがあること。その主張が犯罪抑止としてはたらき、記録する機能と共に、防犯機能を働かせます。

オートロックと防犯カメラ

お部屋選びの優先順位にオートロックと防犯カメラ、その必要性はご理解いただけましたか。快適な間取りでも誰かに勝手に入ってこられては元もこもありません。お部屋の内見をするときはどのオートロックタイプなのかの確認と、必要な場所で防犯カメラがちゃんと主張しているかどうかをチェックしましょう。そして素敵なお部屋へ辿り着くのが理想のお部屋探しです。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 東京が「世界一安全な都市」に選ばれたけど、本当に安全なのかデータで確認してみよう

  2. GW対策イメージ

    GWの防犯対策! 気をつけたい5つのコト!

  3. 東京都は防犯パトロール活動が盛ん

  4. 台風の被災地で侵入盗被害が発生中。空き巣を理解して犯行を阻止しよう!

  5. 今日は何の日?【3月1日過去の事件】大阪府78歳女性殺人事件から防犯強化を考える

  6. 万全の防犯対策のため民間のサービスを活用しよう

  7. 【ゲレンデマジックを起こすために】スキー場ではまず防犯対策でストレッチ!

  8. 【いや、ソイツ味方じゃないよ!】万引き犯を時給7,000円で募集?その狙いとは!?

  9. 【見たことある】ゾウのポスターがあなたを助ける?コンビニの地域サービスが拡大中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP