市区町村が定める防犯カメラ設置のガイドラインと市区町村が運営する防犯カメラ

高い効果が期待できる防犯グッズである防犯カメラ。可能であれば一人暮らしの部屋でも設置したいところです。

しかし、防犯カメラの設置にはいろいろと確認しておくべき項目があります。そのひとつが市区町村が指定する防犯カメラ設置のガイドライン。

多くの市区町村ではこうしたガイドラインを策定し、HPなどで公開しています。そんなガイドラインの基本的な考え方を解説していきましょう。同時に市区町村が設置している防犯カメラの利用方法も解説します。

 

ガイドラインは理解する必要があるもの

各市区町村のHPを確認すると、「防犯カメラの設置に関するガイドライン」というものが掲載されています。防犯カメラの設置に関しては、市区町村によっては条例を施行しているところもあり、厳格な基準が設けられています。

このガイドラインですが、個人宅の敷地内に設置する場合は対象外となっていますので、自宅の玄関やベランダに設置する場合はこのガイドラインを必ずしも守る必要はありません。とはいえ、市区町村がわざわざガイドラインを策定しているということは、防犯カメラの設置はそれだけ神経を使うべき行為であるということになります。

ここを知っておくと、実際に防犯カメラを設置する場合も、近隣の住人などにも迷惑をかけることなく設置できますので覚えておきましょう。

市区町村のガイドラインを読むと、「個人のプライバシー保護」が問題になっていることが分かります。

防犯カメラには当然ですが、撮影・録画の機能がついています。そんな防犯カメラが、不特定多数が通る道路を撮影していると、不特定多数の人の動きを監視できるということになってしまいます。

これは利用法次第では多くの人の行動を監視することにも繋がるため、各市区町村はガイドラインを策定し、設置を制限しているわけです。

この考え方を理解していれば、自宅の玄関やベランダなどに防犯カメラを設置する時も、窓や玄関からの人の出入りを監視できるように設置しながらも、周辺の住人が映りこむようなことができるだけ起こらないような角度で設置することが必要であることが分かります。こういったちょっとした心がけが重要になります。

一人暮らしで防犯カメラを設置することを想定すると、多くの場合は集合住宅の共有部分に設置することになるかと思います。

この防犯カメラが、同じ集合住宅に住む他の住人が映りこむような角度で設置されていると、他の住人から苦情が来る可能性が。あまり周辺から苦情が多くなると、大家サイドや管理会社から退去の勧告を受ける可能性があります。

こうしたトラブルを起こさないような角度で設置するのが重要になります。

 

防犯カメラを設置するには?

では、実際に一人暮らしの住宅に防犯カメラを設置することを想定してみましょう。集合住宅の共有部分にカメラを設置する場合、まずはどんなカメラを設置するかを考えます。

一人暮らしの玄関先に設置する防犯カメラのタイプとしては、「両面テープで設置可能」なモデル。賃貸物件や共有部分にねじ穴を開けるのはハードルが高い作業になるので、できれば両面テープで設置できるモデルがいいでしょう。

もうひとつオススメしたいのがドアスコープに取り付けるタイプの防犯カメラです。

ドアスコープに取り付けるカメラは、カメラ部分が室内になるため、他の住人に影響を及ぼさないという利点もあります。

カメラの費用や性能などをチェックし、気に入ったモデルが見つかったら、大家さんか管理会社に設置したい旨の確認をします。ここで設置にOKが出たらカメラを購入しましょう。

カメラを購入し、設置する場合は画角(撮影範囲)に注意。隣人の玄関の出入りが範囲に入るような設置の仕方は避けるようにしましょう。

これはベランダや窓に設置する場合も同様です。隣人や正面の道路を通る通行人が映りこまないような角度を考えて設置してください。

防犯カメラの設置は、自身の安心・安全のためのものですが、だからといって好き勝手に設置していいものではありません。周辺に迷惑をかけないような設置を心がけましょう。

 

市区町村が設置している防犯カメラ

各市区町村では、その自治体が設置している防犯カメラが存在します。

「北九州市が設置している防犯カメラ」

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/16200003.html

これは福岡県北九州市が設置している防犯カメラの設置地図です。このように多くの市区町村が、市内の重要ポイントに防犯カメラを設置しています。このカメラを日常で利用することを頭に入れておきましょう。

市区町村がカメラを設置しているということは、そのカメラがある場所は、市区町村が考える「危険な場所」であるとも考えることができます。つまり防犯カメラが設置されている場所にはあまり近づかない方がいいということになります。

駅から自宅までのルートに市区町村が設置した防犯カメラがないか、確認をしてみましょう。もし防犯カメラがあり、人通りが少ない道があったら、日常生活、特に夜遅くにはその通りを通らないようにするだけで、犯罪被害に遭う確率をさげることができます。

ただしここで注意が必要なのは、防犯カメラを避けるために、より暗い、人通りの少ない道を選んで歩くこと。

ちょっと頭の切れる犯罪者であれば、市内の防犯カメラの位置は把握している可能性があります。そういった用意周到な犯罪者がいた場合、防犯カメラのない暗い通りを通るのはリスクが高すぎます。

考え方としては、防犯カメラのない明るい道を通るか、そんな道がない場合は防犯カメラのある道を通るようにしましょう。万が一そのために少々遠回りになったとしても、身の安全が最優先です。

犯罪から自信を守るのはまず自分の心がけが重要ですので、こうした部分にも気を遣って生活しましょう。

 

Moly編集部

関連記事

  1. 【必読】区役所職員から暑中見舞いスタンプを送られないための自己防衛術とは

  2. ひったくり被害者は女性が圧倒的に多い!その理由は?

  3. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  4. 【徹底検証】leafeeは女性でも簡単に取り入れられるホームセキュリティなのか!?_PR

  5. 【恐怖】飛行機を利用した女性客。ある物をきっかけに従業員のストーカー行為に遭遇する

  6. 盗聴器はFMラジオで見破れる?すぐできる盗聴&のぞき対策はこれだ!

  7. 【鍵を開ける瞬間に注意】子どもに留守を任せるときの鍵の持たせ方とは

  8. 女性の一人暮らしと特定させない防犯対策

  9. 済んでいますか? 家の自転車の【防犯登録】 その意義と効果を再確認!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP