防犯カメラを設置するなら知っておきたいデータ管理の基本

何かと不安な女性の一人暮らし。そんな生活で不安を解消してくれる防犯グッズのひとつが防犯カメラです。

設置してあるだけで侵入犯を遠ざけ、万が一狙われても映像という証拠が残せるアイテムです。

しかし、設置する以上はしっかりと理解しておかなければいけないことも。特に録画保存された映像データはしっかりと管理しましょう。

 

防犯カメラを設置するには?

まずは、防犯カメラを設置する時の行うべき手順を確認しておきましょう。

まずは設置する場所を決めます。窓、ベランダ、玄関など、侵入犯が入ってくる可能性がある場所に設置するのが基本です。

設置する場所が決まったら、続いて設置するカメラを選びます。

自動録画機能がついているのはもちろん、遠隔操作が可能なモデルや、人感センサー搭載で自動発光するモデルや、夜間でも撮影できる赤外線モード搭載モデルや、高解像度のモデルなど、設置個所や使用目的、そして予算に合ったモデルを選びましょう。

一人暮らしの防犯カメラ選びの大きなポイントとして、設置方法も考えなければいけません。

賃貸物件は自分の持ち物ではありません。大家さんや管理会社の持ち物ですから、防犯カメラを設置するからといって、壁や玄関に勝手にネジ穴を開けるなどはNGとなる場合が多いです。

できれば両面テープやマグネットなどで設置できるようなモデルを選ぶといいでしょう。

設置したいモデルが決まったら、大家さんや管理会社に防犯カメラの設置に関して相談をしましょう。防犯カメラは不特定多数の人を撮影するカメラになります。

もちろん防犯対策であることは間違いないですが、同じ集合住宅にすんでいる他の住人にとっては、毎日見張られているような感覚に襲われる可能性があります。

大家さんや管理会社から取り付けについてNGとまではいかないまでも、設置に関してある程度条件を出される可能性はあります。

ただし、大家さんや管理会社に無断で取り付けて後々トラブルになる可能性は高いので、設置するのであれば必ず事前に報告・相談をしておきましょう。

大家さんや管理会社から設置OKの返事を貰ったら、実際に設置となります。

この時注意したいのは、できるだけ自分の部屋への侵入経路を見張るだけの角度で設置することです。

下手に広範囲を撮影できるような角度で設置をすると、隣人の部屋への出入りや、隣人のベランダなどが撮影範囲に入ってしまう可能性があります。こうなると隣人としてもあまり気分は良くないはずで、ちょっとしたトラブルに発展する可能性があります。

防犯カメラに映ったデータ

防犯カメラを自分の意思で設置した場合、その管理はしっかりと自分で行う必要があります。

カメラのメンテナンスや電池の交換などの作業は当然として、定期的にカメラの角度が変わっていないかなどのチェックをしておきましょう。

防犯カメラ自体よりも厳重な管理が必要なのが、撮影された映像データです。

このデータの管理に気を遣わないといけない理由は、2005年に施行された「個人情報保護法」の影響です。

個人情報保護法では、個人を特定できるような情報を漏洩することは違法行為となり、この法令により一部事業者が設置する防犯カメラには条件が付けられています。

もちろんこれは事業者を対象にした条件ですので、個人が設置する防犯カメラには適用されませんのでご安心ください。

いずれにせよ個人情報の漏洩は即問題に繋がります。この点は個人だろうと事業者だろうと同じですので注意が必要です。

借りの話ですが、あなたが設置した防犯カメラに、怪しい不審者が映っていたとします。それを恐怖に感じ、さらにその不審者に怒りを覚えたあたなが、不審者が映っている映像をネット上で公開してしまったとしましょう。

しかし、よく調べてみるとその不審者と思っていた男性は、短案る新聞の勧誘員であり、やましい行動は一切していなかったとしましょう。

そしてあなたが公開した映像の存在を、その勧誘員が知ってしまった場合、プライバシーの侵害などで訴えられる可能性があります。さらに言えば裁判になったとしても、まず勝つことは難しい裁判になります。

どんな事情があろうと、他人の個人情報を漏洩しないようにしましょう。

では録画データはどう管理すればいい?

では録画した映像データをどう管理するのがベストなのでしょう?

個人情報の漏洩を恐れるのであれば、映像データ自体を保存せずに、逐一消去するのがいいかもしれません。

しかし、その映像データの中に、本物の侵入犯が映っている可能性も否定できません。そう考えると消去してしまうのは上策とは言い難いところでしょう。

映像データをお持ちのPCに保存しておく方法もあるかと思います。というよりむしろこれがもっとも多い対処法になるかと思います。

しかし、これも安全とは言い難いでしょう。万が一あなたのPCがウイルスなどに感染し、内部のデータが他者の手に渡ってしまった場合、その後個人情報が流出してしまう可能性があります。

ベストな方法は、外付けのHDDなどにコピーして保管しておく方法です。

もちろんこのHDDは普段はPCとは接続しておかない方がいいでしょう。外付けHDDがない場合は、映像データを保存しておく用のUSBフラッシュメモリを購入して保管しておいてもいいでしょう。

いずれにせよ録画した映像データは、他の誰かの個人情報になります。慎重に管理するように心がけましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 自治会が行う防犯対策の効果は?

  2. 駐車場は犯罪の温床!犯罪の種類やクルマの防犯対策

  3. 【オドロキ事件簿】男が男に痴漢!?「チューブマン」から考える障がい者を装った変質者への対処方法とは?…

  4. グッバイストーカー!教えますストーカー対策

    【要チェック】Good-byeストーカー!教えますストーカー対策

  5. 【疑問】日本はスリを心配しなくていい国なの? それでも考えたいスリの手口と対策

  6. 【オススメ】一人旅でも安心!治安から見る東南アジアのオススメ国と必要な対策とは

  7. 警視庁がホームページで公開している有力な犯罪情報8選

  8. ウラ社会に潜む人間の見分け方は?特殊詐欺の元詐欺師が語るキケンな人物像とは

  9. 【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP